LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

往復航空券総額8120円。香港へ①

 

f:id:tetsu7906:20171121182746j:image

 

出発地広島空港から書き綴る。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

広島17時15分発のHK397便。

 

WEBチェックインは万民共通で

モバイルアプリ等を通して簡単にできる。

 

www.hkexpress.com

 

14時45分、

2時間30分前のチェックイン開始。

14時30分ごろに空港に到着。

 

f:id:tetsu7906:20171121182419j:image

 

空港正面右側にある

国際線チェックインカウンター。

 

地方空港特有の

閑散としたカウンター群。

 

f:id:tetsu7906:20171121182443j:image

 

チェックイン開始時刻と同時に列へ。

 

f:id:tetsu7906:20171121182500j:image

 

航空会社関係なく、といっても他に選択肢も

ないが受託手荷物「無し」と「有り」で

わけられる。

そこに上級・下級会員の垣根はない。

 

「ファン+」という25kg荷物付き

運賃であったが現地でも機動力を意識し

特に預けるものもないため

ストレートで一番乗りでチェックイン。

 

「WEBチェックインはお済ですね。

事前に指定された席で発券します。」以上。

でチェックイン終了。座席も前から2列目

窓側、これも「ファン+」の恩恵。

そしてこれがなぜかの

最低価格運賃と同一運賃

まるでの大手の上級会員向けサービス。

 

www.hkexpress.com

 

チェックイン終了後今度は正面左。

国内線チェックインカウンターを大横断して

「カードラウンジもみじ」へ。

 

f:id:tetsu7906:20171121182527j:imagef:id:tetsu7906:20171121182537j:image

 

ビジネスラウンジ | サービス施設のご案内 | 広島空港

 

小一時間過ごし、またも空港大横断して

国際線保安検査場へ。

 

それなりに行先のある広島空港案内看板。

 

f:id:tetsu7906:20171121182601j:image

 

繰り返すが運賃1380円

(予約管理料680円)のみの純粋の負担で

出国出来るのは、国際線地方空港特有の

特典であると考えていい。

 

香港エクスプレスの機材はピーチと同じ

A320(わずかにA321有り)。

 

広島空港の着発は時刻通り。

乗客はいつものことながらほぼ現地人。

 

搭乗率は日曜の夕方便にして

6~7割程度に見える。

 

アップフロントシートは欧米系の老夫婦と

家族ずれが程よく分散され、今回指定した

前から2列目の窓側。横2席は空席であった。

 

f:id:tetsu7906:20171121182633j:image

 

こうなるとLCCはすべてに共通で座席に関しては前後にややせまくとも横一線使える点ではレガシーエコノミー以上、プレミアムエコノミー以下の快適性を得られる。

 

下手な大手で窮屈な思いをするより

はるかにお得度が高い。

 

f:id:tetsu7906:20171121182657j:image

 

西日に向かって進む。なかなか落ちぬ

夕日を眺めながら。4時間少々。

 

進行右側に九龍半島から香港島にかけての

街の明かりが見えてくる。

 

f:id:tetsu7906:20171121182821j:imagef:id:tetsu7906:20171121182829j:image

 

秋から冬にかけては香港は夜景が綺麗に

見える。夏場の靄っと感がない。

 

香港島を南から回り込む着陸ルート。

 

つまり激混みトラムで登る

ビクトリアピークのさらに

上空を、その背後から

ビクトリアハーバーにかけて

遮るものなく夜景を

堪能できる。

 

残念ながら現地時刻の20時前の南旋回で

あったため夜のショー

「シンフォニーオブライツ」を眺める

というわけにはいかず。

 

www.hongkongnavi.com

 

この景色だけでも

2000円の価値は十分にある。

 

f:id:tetsu7906:20171121182907j:image

 

と思いながら20時過ぎアジアのハブ、

世界のハブ空港へ着陸する。

 

 

続く。