LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

④日本最○シリーズ第3弾!〜プロペラ機で越える絶景、日高山脈から十勝平野へ〜世界三大夕日を求めて!

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

バリ島のスープカレーから

食後のデザートがこれ!⬇️

 

f:id:tetsu7906:20210428092015j:image

 

美し過ぎる777-300ER

政府専用機 | 首相官邸ホームページ

 

f:id:tetsu7906:20210428092035j:image

 

日の丸🇯🇵

が青空に映えます。


f:id:tetsu7906:20210428091947j:image

 

何かの訓練?スカスカの千歳便の合間、

離着陸を繰り返しておられました。


f:id:tetsu7906:20210428091938j:image

 

まだ若干残雪残る新千歳、

地上カフェラテを飲みながら

3/3便目の搭乗を待つ。


f:id:tetsu7906:20210428092002j:image

 

すみません、なんのお見送りか

一切分かりませんでしたが寒空の中。

がんばって手を振っておられました。


f:id:tetsu7906:20210428092051j:image

 

ということで変態発券

今回は比較的正常な迂回しながらも

純方向、伊丹✈︎羽田✈︎千歳✈︎釧路

ということでございました。


f:id:tetsu7906:20210428092024j:image

 

日本最西端からのお戻りで

ご利用して以来でしょうか?

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

※結構最近です。


f:id:tetsu7906:20210428092044j:image

 

ボンバルディア・プロペラ機への入場です!


f:id:tetsu7906:20210428091922j:image

 

お隣0番搭乗口、確かあれ、

日本最北端のお帰りの時に

新規就航日本最長路線でご利用に

なったそれもおよそ半年にも

満たない過去のお話。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ディスカバージャパン。

やっぱり狭い。と言わざるを得ない。


f:id:tetsu7906:20210428091914j:image

 

こちら結構な搭乗率。前回離島路線と同じ。

この広大な大地を誇る北海道だからこそ

大切な地域の足なんだと実感する

目的地までの最終フライト。


f:id:tetsu7906:20210428092054j:image
f:id:tetsu7906:20210428091935j:image
f:id:tetsu7906:20210428091955j:image
f:id:tetsu7906:20210428092031j:image

 

凍結した河川、

徐々に深まってくる山々


f:id:tetsu7906:20210428091931j:image

 

あっという間に北海道の背骨

 

日高山脈


f:id:tetsu7906:20210428091925j:image

 

再び味わうホットコーヒー。

大地の上空をひとっ飛びで越えていく快適性。


f:id:tetsu7906:20210428091959j:image

 

もはや国際線の見栄えを

こちら北の大地でも実感できる

そんな日本の国土の味わい深さ。


f:id:tetsu7906:20210428091928j:image

 

険しくそして美しく

真っ白に染まった山脈を抜けると

今度は冬季版のパッチワーク?


f:id:tetsu7906:20210428092041j:image

 

十勝平野が一気に広がる。

たった30分のほどのフライト。

 

前回の石垣✈︎与那国同様ショートレンジ航路

短ければ短いほど見応えがある。

なんかそんな感じ。


f:id:tetsu7906:20210428092048j:image
f:id:tetsu7906:20210428092019j:image

 

着陸に際して再び少々

北太平洋へ上空へ張り出してから


f:id:tetsu7906:20210428091950j:image

 

飛び込む意外と

雪少なめ道東の地へ。


f:id:tetsu7906:20210428091942j:image

 

降り立つ!


f:id:tetsu7906:20210428092012j:image

 

推定10年ぶり

たんちょう釧路空港


f:id:tetsu7906:20210428092027j:image
f:id:tetsu7906:20210428091918j:image

 

一人旅には一択です。

まっすぐ伸びる出口を進み。


f:id:tetsu7906:20210428092005j:image
f:id:tetsu7906:20210428092009j:image

 

市内行きシャトルバスへ。


f:id:tetsu7906:20210428092038j:image

 

お値段は絶賛独占価格950円。

まあそれなりに距離もあるので

というところでしょうか?

 

f:id:tetsu7906:20210428092348j:image

 

日没迫る釧路、

たんちょう枕カバーシートで出発!


f:id:tetsu7906:20210428092401j:image

 

東京タワーと重ねて迎えた朝から、

ここ日本の東の町、釧路で今、

日没を迎えようとしている。


f:id:tetsu7906:20210428092353j:image

 

ほんの1か月前に見た

日本最西端の夕日。


f:id:tetsu7906:20210428092357j:image

 

今年はこの小さな国といえど東西南北

広がる国土の大きさをこの太陽と地球の

関係から実感しているところ、

こちら日没まで残すところ4分。


f:id:tetsu7906:20210428092409p:image

 

ちなみにここ釧路。


f:id:tetsu7906:20210428092413j:image

 

どうだろちょっと夕日の出来が

違いはしないだろうか?

こちらは勝手に先入観を押し込んで

やって来たのでそうなのだが

 

実は釧路のサンセットは・・・


f:id:tetsu7906:20210428092405j:image

 

「世界三大夕日」

 

hokkaido-labo.com


f:id:tetsu7906:20210428092416j:image

 

ちなみに参考までの残り二つは

インドネシアのバリ島

・フィリピンのマニラ湾

アジア独占となっております・・・。


f:id:tetsu7906:20210428092419j:image

 

赤文字看板釧路駅を越えて


f:id:tetsu7906:20210428092422j:image

 

本当はここから。「幣舞橋」

から眺めたかったところ

その運はどうやら最西端の地

使い果たしてしまったのでしょう。


f:id:tetsu7906:20210428092426j:image

 

そして終点。市役所前で降車、後は陸路

最終目的地前の宿へ

 

入る。続く。