LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

噂の一悶着(ひともんちゃく)あったANAクラウンホテルプラザ大阪~一流ホテルのおもてなし~

 の混雑チェックイン開始時間。

狙って訪れてみる。

 

f:id:tetsu7906:20201211081056j:image

 

チェックインに関わらずアウト

ともに想定される時間でも

まぁそこまで大きな混雑には遭遇せず。

その分のカウンター対応数も

しっかりしているのが

さすがの一流ホテルの

 

f:id:tetsu7906:20201211081150j:image

 

時と場合によっては

噂通りの大盛況につきまして

「チェックイン時間にお部屋の準備」

間に合わずというケースも・・・。

 

それでもその待ち時間しっかりと

『クラブラウンジのティータイム』

を楽しみながらホテルステイさせてくれる。


f:id:tetsu7906:20201211081053j:image

 

こちらもラウンジ入り口もどうやら

季節に合わせて変化していく模様。


f:id:tetsu7906:20201211080927j:image

 

しっかりきっちりラウンジはコロナ対策、

あま~いスイーツやフルーツ

各種お茶&コーヒーが絶妙に

マッチングする昼下がり。

 

f:id:tetsu7906:20201213175127j:image
f:id:tetsu7906:20201211080931j:image

 

御堂筋を軸にミナミエリアを

まったりめて見下ろすその景色は

この上ない贅沢な時間。


f:id:tetsu7906:20201211080923j:image

 

天下の大阪市役所を上から眺めるなんて

それが「ANAクラウンの特権」


f:id:tetsu7906:20201211080910j:image

 

お部屋の準備が出来ますと

座席まで鍵をお届けしていただけます。

まるでそれは

ファーストクラスチェックインの如く。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

このホテル上層5階部分は

クラブフロアとなっております。

 

f:id:tetsu7906:20201211081437j:image

 

「クラウンクラブ」と名乗るゾーン。

せっかくのお試しプラン、

このタイプの部屋を予約。


f:id:tetsu7906:20201211081428j:image

 

まずの北側の部屋の眺望はこれ。

クラブフロアのモダンタイプの場合は

こちら側でした。

室内仕様は後半記載のプレミアムに

劣るので割愛。

 

眼下に北新地の雑居ビル。

その奥に梅田の高層ビル群。

如何にその直下のエリアが特殊な空気を

醸し出しているかがよくわかる風景。


f:id:tetsu7906:20201211081413j:image

 

丸ビルや大丸を目の前に1枚窓に

足を向けてくつろぐその贅沢な時間。

ぜひともちょっと品がなくとも

やっていただきたい。


f:id:tetsu7906:20201211081423j:image

 

その下界は、こんなネオンで溢れた銀座、

大阪版と言ったら怒られようか

「北新地」


f:id:tetsu7906:20201211081419j:image

 

そこから堂島川のほとり?

そびえるANAクラウン。


f:id:tetsu7906:20201211081403j:image

 

その一枚窓の様相はこのように変化する。


f:id:tetsu7906:20201211081445j:image

 

手前の低層雑居ゾーンの黒が

奥の高層ライトを際立たせる構図。


f:id:tetsu7906:20201211081500j:image

 

そして第2回クラブフロアタイム

「カクテルタイム」


f:id:tetsu7906:20201211081817j:image
f:id:tetsu7906:20201211081448j:image
f:id:tetsu7906:20201211081408j:image

 

フロアはこんな具合に広がっており、

やはりこの手のホテルの

最上階はどこもアダルトな作りと言うか

洗練された空間というか

色調にも落ち着きがある。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

ビールとちょっとした軽食がいただける。


f:id:tetsu7906:20201211081440j:image

 

「空間と時を楽しむ」

という点では十分な内容である。


f:id:tetsu7906:20201211081432j:image

 

夜明け


f:id:tetsu7906:20201211081758j:image
f:id:tetsu7906:20201211081805j:image

 

これがキタエリアの眺望と

クラブラウンジそしてここからが

「プレミアム

スーペリアタイプ」


f:id:tetsu7906:20201211081826j:image
f:id:tetsu7906:20201211081813j:image
f:id:tetsu7906:20201211081808j:image

f:id:tetsu7906:20201211081840j:image
f:id:tetsu7906:20201211081833j:image

f:id:tetsu7906:20201211081836j:image
f:id:tetsu7906:20201211081750j:image
f:id:tetsu7906:20201211081829j:image
f:id:tetsu7906:20201211081754j:image
f:id:tetsu7906:20201211081821j:image

 

f:id:tetsu7906:20201211082753j:image
f:id:tetsu7906:20201211082746j:image
f:id:tetsu7906:20201211082741j:image

 

部屋と装備は写真の通り。

そしてラウンジ同様ミナミエリアを向いた

夜景はこうなる。

 

f:id:tetsu7906:20201211083447j:image
f:id:tetsu7906:20201211083457j:image

 

夜が明けるとまたこうなる。


f:id:tetsu7906:20201211083452j:image
f:id:tetsu7906:20201211083502j:image

 

どちらが好きかというと、

実は北向き化も・・・。

まあそれはお好みによる。


f:id:tetsu7906:20201211083440j:image

 

あとは定番の

プールやフィットネス

f:id:tetsu7906:20201211083046j:image
f:id:tetsu7906:20201211083025j:image
f:id:tetsu7906:20201211083041j:image

 

なんかもフリーで使えるが

営業時間が限られているというのが難点。

 

最後のこれまたクラブフロアの特権

選べる朝食を。

 

f:id:tetsu7906:20201213175050j:image

 

1F「CAFE IN THE PARK」

こちらは共通ビュッフェ形式


f:id:tetsu7906:20201213175054j:image
f:id:tetsu7906:20201213175033j:image
f:id:tetsu7906:20201213175029j:image
f:id:tetsu7906:20201213175040j:image
f:id:tetsu7906:20201213175058j:image

 

ビュッフェ形式最後に

お持ち帰り用をいただけるのが

ちょっとうれしい。

 

もう一択の和食ブラント。

「たん熊」の和朝食。


f:id:tetsu7906:20201213175101j:image
f:id:tetsu7906:20201213175105j:image
f:id:tetsu7906:20201213175045j:image

 

シンプルに「上質な大人の朝食」という並び。

 

これが私が強引にまとめた

「ANAクラウンプラザ大阪」

その使命を果たすべくの

お試しプランのおまとめ。

 

完。