LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【グランドプリンスホテル広島】みたいけん広島最終章~瀬戸内海絶景マリンビュー~

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

三度、広島へ。この旅も

「ミタイケンひろしま

その魅力を感じるホテルステイシリーズ

 

最終章!

そのはじまりは前作、

前々作新幹線口とは反対側

広電広島駅からはじまる。

 

f:id:tetsu7906:20201205092501j:image

 

今回はシティというよりやっと

駅から離れて広島港方面を目指す。

 

超クラシック路面電車、現役ばりばり。


f:id:tetsu7906:20201205092648j:image

 

無料送迎バスもありますが

あえてこの地を踏んで

元宇品口駅降車、

徒歩で瀬戸内海広島港付近へ。


f:id:tetsu7906:20201205092655j:image
f:id:tetsu7906:20201205092632j:image

 

ちょっと特別なエリアという雰囲気を

醸し出す宇品海岸

歩くと20分ちょっと時間を要します。


f:id:tetsu7906:20201205092326j:image

 

そしてその先端に現れる

「ザ・プリンス」の風格。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

GOTO開幕前ぐらいでしょうか

琵琶湖以来の訪問↑↑↑


f:id:tetsu7906:20201205092737j:image

 

フロント1階には

世界遺産宮島とのコラボ。

そうここから船で直結ですという

メッセージが伝わってくる演出


f:id:tetsu7906:20201205092557j:image

 

ちなみに第3弾例のトリプルコンボ

本日のお代は・・・・。

 

2605円

 

今回の決定的違いは、

『秋三昧、広島づくし』と言う名の

夕朝食付きプランであるということ。


f:id:tetsu7906:20201205092424p:image

 

推定食事代だけで余裕で宿代を

飲み込む内容をこの後紹介。

ではそのために抑えたと言っても

過言ではない最低限の客室へ。


f:id:tetsu7906:20201205092439j:image

 

決して広いとは言えないツインルーム。

しかしよくよく見ていくと

ただのツインじゃない。


f:id:tetsu7906:20201205092443j:image

 

狭いながらも僅かな空間を

ソファーとその背面の鏡

そこに写る瀬戸内の景色。

そこにはしっかりとした工夫を感じる造り。


f:id:tetsu7906:20201205092618j:image

 

このホテルの売りは温泉でもあるわけで。


f:id:tetsu7906:20201205092625j:image

 

部屋用のウェットエリアは、

さすがに年代を感じさせるものの。


f:id:tetsu7906:20201205092607j:image

 

それでもプリンスブランド

しっかりと保たれているのであって。


f:id:tetsu7906:20201205092534j:image
f:id:tetsu7906:20201205092742j:image

 

ただ何よりもこのオーシャンビュー

夕暮れに染まるその絶景が

誰の目にも焼き付くそんな部屋でもある事は

確かである。


f:id:tetsu7906:20201205092430j:image
f:id:tetsu7906:20201205092611j:image

 

先だってお伝えしておきますと。

2500円少々のお部屋ですが・・・。

3000円のクーポンを頂戴しております。


f:id:tetsu7906:20201205092548j:image

 

そして食事に困らぬ

2食付きプランその選択肢。


f:id:tetsu7906:20201205092539j:image

 

まずは自慢の3階温泉大浴場へ。


f:id:tetsu7906:20201205092345j:image

 

こちら琵琶湖の半円形タイプとは異なり

正三角形タイプのホテルとなっており。


f:id:tetsu7906:20201205092542j:image

 

その別館にデザイン性を保ちつつ

温泉施設が併設されている


f:id:tetsu7906:20201205092553j:image

 

その名も

「広島温泉瀬戸の湯」

 

SDばっちりの広大な湯上りどころ。


f:id:tetsu7906:20201205092529j:image

 

ついでながら

広大なエレベーター待合スペース。

なんだかプリンスシリーズはバブル

生きてきたという雰囲気がなんとなく

感じるものが多いという印象。


f:id:tetsu7906:20201205092456j:image

 

ではお夕食は、22階にある

「ステーキ&シーフード、

ボストン」

 

www.princehotels.co.jp

 

赤字にゴールドの高級感を感じる表札。


f:id:tetsu7906:20201205092505j:image

 

ワンステップ待ちのスペースはこの夜景。


f:id:tetsu7906:20201205092350j:image

 

パーフェクト接客、そしてアダルト空間

とはこのこと

 

着席。


f:id:tetsu7906:20201205092337j:image

 

本日のメニューを頂戴します。

これがそのプラン名にもある

「広島づくし」の証明。


f:id:tetsu7906:20201205092709j:image
f:id:tetsu7906:20201205092712j:image
f:id:tetsu7906:20201205092830j:image
f:id:tetsu7906:20201205092728j:image
f:id:tetsu7906:20201205092420j:image

 

プレートで結構シンプル

と言えばシンプルだが。

前回のグランヴィアモーニング絶賛

同様個人的には旅人にとっては。

そこでどこの何を食べているか

それが重要なことであって、

それが食の満足度を上げていると

言うのが本質であろうと思う。


f:id:tetsu7906:20201205092434j:image

 

方角的には街(広島駅)の方向を眺めながら

海と山の幸を優雅に頂くことが出来る

そんな場所。

 

「ボストン」


f:id:tetsu7906:20201205092658j:image

 

少し海風にあたり。

自慢の世界遺産リレーの乗り場と満月を眺め。


f:id:tetsu7906:20201205092705j:image

 

風呂上り用のご当地コーラ

1本買い付け眠りにつく。


f:id:tetsu7906:20201205092725j:image

 

夜明け、そして大統領選。


f:id:tetsu7906:20201205092628j:image

 

森と海が逆転するミラービュー

とでも題しましょうか。


f:id:tetsu7906:20201205092511j:image

 

何気ないこの

この部屋のエッセンスとなっているのは

 

間違いない。


f:id:tetsu7906:20201205092615j:image

 

夜が明けても本当に

心落ち着く瀬戸内マリンビュー


f:id:tetsu7906:20201205092427j:image

 

このソファーは

このように使うためにある!

という絶対的な正解。


f:id:tetsu7906:20201205092601j:image

 

島々をフェリーや漁船が行きかう穏やかな海。


f:id:tetsu7906:20201205092340j:image

 

モニターの中では激しい接戦!


f:id:tetsu7906:20201205092621j:image

 

残すところはこちらモーニング。


f:id:tetsu7906:20201205092641j:image

 

昨晩のディナーボストン1階上。

 

www.princehotels.co.jp

 

文字通りホテル最上階に構えるその名も

「Top of HIROSHIMA」

 

f:id:tetsu7906:20201205125512j:image

 

上はバーとして営業していた模様。


f:id:tetsu7906:20201205092645j:image

 

正三角形ホテル

3面ビューというべきか。


f:id:tetsu7906:20201205092652j:image

 

さすがに自室の低中層階とはわけが違う。


f:id:tetsu7906:20201205092702j:image

 

角度深さ、奥行きがまるでちがう

「トップ・オブ・ヒロシマ


f:id:tetsu7906:20201205092525j:image

 

食事はまぁこのシリーズ初の

完全ビュッフェ形式。

まあそれなりにおいしいという印象、

ただそれ以上に


f:id:tetsu7906:20201205092449j:image

 

やはりこの景色があまりに美しい。


f:id:tetsu7906:20201205092520j:image

 

瀬戸内みかんチチヤスヨーグルトと


f:id:tetsu7906:20201205092721j:image

 

コーヒーを嗜みながら


f:id:tetsu7906:20201205092515j:image

 

見渡す全面大ガラス越しの

瀬戸内マリンビュー


f:id:tetsu7906:20201205092637j:image

 

息をのむ絶景

といっていいだろう。


f:id:tetsu7906:20201205092834j:image

 

ミタイケンひろしま


f:id:tetsu7906:20201205092417j:image
f:id:tetsu7906:20201205092734j:image

 

この3部シリーズ広島ホテルライフ

最終章で。


f:id:tetsu7906:20201205092718j:image

 

忘れがたい景色

に出会えたような気がする。


f:id:tetsu7906:20201205092333j:image

 

少々長くなりましたが


f:id:tetsu7906:20201205092731j:image

 

これが私の


f:id:tetsu7906:20201205092545j:image


f:id:tetsu7906:20201205092715j:image

 

広島DC

(ディスティネーションキャンペーン)

グランヴィア×シェラトン×プリンスリレー


f:id:tetsu7906:20201205092446j:image

 

そのホテル滞在記

 

完。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com