LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

シンガポールF1グランプリ2019(後編)~1年に1度の究極の夜景~

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

一寝入りして起床、夕刻。

 

f:id:tetsu7906:20191227134423j:image

 

再びマリーナベイサンズへ。


f:id:tetsu7906:20191227134438j:image

 

何やら記念写真で人が集まる。


f:id:tetsu7906:20191227133419j:image

 

見るからに、

速そうというより高級そうな車がずらり。

映画の世界で見る奴である。


f:id:tetsu7906:20191227134518j:image
f:id:tetsu7906:20191227134543j:image

 

さて目的地はここ。

サンズスカイパーク。

サンズのプールに入れない人=

非宿泊者向けの展望台と言った感じの場所。


f:id:tetsu7906:20191227133459j:image

 

F1に合わせてこちらでの観戦はいかが?

という看板をきっちり出している商売上手。

25SGドルは

およそ2000円・・・。

 

 

そこで効力を発揮するのが先ほどのサンズの

会員カード無料アップグレードクラス。


f:id:tetsu7906:20191227133432j:image

 

これを見せるだけで

プライスレスで上がれます。

日本人に生まれてよかった瞬間。

トップ100ぐらいに入るだろうか。


f:id:tetsu7906:20191227134500j:image

 

船につからにゃ意味が無いと

避けていたスポット、無料とあらばと

ここぞというタイミングで。


f:id:tetsu7906:20191227134528j:image

 

ザ・シンガポールという風景に出会える。

そこに水槽がないだけの。


f:id:tetsu7906:20191227133422j:image

 

日が暮れる前から結構前の方で

陣取っているのか

単に涼んでいるのか人がいる。


f:id:tetsu7906:20191227134556j:image
f:id:tetsu7906:20191227134508j:image

 

サーキットの観戦席が見える。

あのコーナーを曲がり切れなければドボン!

 

f:id:tetsu7906:20191227133435j:plain

 

名物海峡を通過する大量のタンカー等々

with ガーデンベイなんちゃら。


f:id:tetsu7906:20191227134416j:image


f:id:tetsu7906:20191227134409j:image

 

2012年に宿泊というか

初めてやってきたこのエリア

サンズとビル群の間のあの空白は

まだ埋まらないのか。


f:id:tetsu7906:20191227133456j:image

 

陽が傾いてくる。


f:id:tetsu7906:20191227134546j:image

 

ナイトシティレース

の名にふさわしい

レースコースを浮かびあげる猛烈な照明。


f:id:tetsu7906:20191227133450j:image

 

フラートン前のヘアピンが

燃え上がる。


f:id:tetsu7906:20191227133439j:image

 

早朝ぶらり歩きしたコースが大都会の

ど真ん中に待ってました!と言わんばかりの

主張をしはじめる。


f:id:tetsu7906:20191227133446j:image

 

漆黒の人工湾とコースの境がくっきり。

ちょっと遠いがSQ協賛の文字が見える。


f:id:tetsu7906:20191227134525j:image

 

今日に限らず終日ですがこちらも

本当に美しい夜景。


f:id:tetsu7906:20191227134553j:image

 

後ろのおしゃれバー&レストランから

漏れてくる無料BGM

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

さらにテンションを盛り上げる。

前回のMDPの夜景の見方とは

また違った雰囲気がある。


f:id:tetsu7906:20191227133509j:image

 

カメラマックスで寄ってみる。

マーライオンは残念ながら観戦出来ない設定。

音声はお伝え出来ないが街中から

エンジン音があがってくる感じが好きな人には

たまらない場所でもある。


f:id:tetsu7906:20191227134453j:image

 

ということでこれが

1年に1度きりの

シンガポール究極の夜景観戦

である。

 

f:id:tetsu7906:20191227170346j:image

 

大満足して

降りる。

 

f:id:tetsu7906:20191227134448j:plain

 

道中ふとコンビニに立ち寄る。

見ての通りセブンイレブン

見ての通りの日本でもお馴染みの

プライベートブランドのお茶。


f:id:tetsu7906:20191227133413j:image

 

ん?

「2.3SG$」=160円越え。

このお茶は税込み100円で買える

日本の庶民の味方。だったはずだが。

国外ではもはや信頼のブランドらしい。

セブンイレブンのしたたかさに完敗。


f:id:tetsu7906:20191227134539j:image
f:id:tetsu7906:20191227134427j:image

 

というより物価がお高いだけの模様。

なんというかLCCの機内販売を

見ているかのような価格設定。

カップヌードルに250円

出せません。

 

 

ついでなので

ブギスジャンクション

ぶらりしてみる。

こんな感じに日本のQBを圧倒する

ワンコインヘアカット屋さんがあったり。


f:id:tetsu7906:20191227134413j:image

 

もはやブームも発症も何もいったい誰が

何を・・・。わけのわかない方向性。

斬新すぎる食べ物があったり。


f:id:tetsu7906:20191227134504j:image

 

にっぽんの心というか関西の定番。

大阪王将が出店してたり。


f:id:tetsu7906:20191227134430j:image

 

なんかちょっと看板が違う

シンガポールQBもあったりする。


f:id:tetsu7906:20191227133429j:image

 

日式カレー唐揚げ入りは700円オーバー。

松屋のカレ牛辺りの素晴らし伝えてあげたい。


f:id:tetsu7906:20191227133453j:image

 

あらゆる日本食に出会えそうな

ブギスジャンクションの地下フードコートは

見ているだけでも飽きない。


こんな感じでホテルに一旦引き上げ。

 

そして始まる。

 

新しい旅路。

 

続く。