LCCからレガシーファーストクラスまで✈︎(コスパ最優先の旅ログ)

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

2018旅納め。13000円国際線ファーストクラスの旅ラウンジホッピング(小休止空港内移動編)

 

「ザ・ウイング」

優雅なファーストクラス

ラウンジタイムを終え、

その先にあるビジネスクラス

ラウンジにも立ち寄る。

 

f:id:tetsu7906:20190206182039j:image

 

この壁がその境界である。

一方通行の壁である。

 

 

以下がそのメニューになる。


f:id:tetsu7906:20190206182026j:image
f:id:tetsu7906:20190206182056j:image
f:id:tetsu7906:20190206182035j:image
f:id:tetsu7906:20190206182103j:image

当然のことながら、ここまでの内容と

すべて重複しているので。

説明は割愛。

 

全く素晴らしい内容の

サービスが盛り込まれている。

 

ただ言えることは。

 

人口密度がまるで違う。

 スペースに対するゆとりがまるで違う。

心の余裕が違う。

 

なんとなく人込みに

疲れるラウンジ。

という感想。

 

これは紛れもなく

ビジネスクラスラウンジである。

そんな錯覚に落とし入れるの

ファーストクラスラウンジの力

なのかもしれない。


f:id:tetsu7906:20190206182022j:image

 

左ウイングの一番奥

コーヒーロフトから撮った一枚。

人込みを抜けて見るこの景色にほっとする。

完全にラウンジ麻痺している。


f:id:tetsu7906:20190206182124j:image

 

特に用もなく。帰り際にビジネスサイドから

撮ったファーストの案内板。

逆方向の移動にはしっかり説明がいる。

 

下界へ降りる。


f:id:tetsu7906:20190206182100j:image

 

昨日もお世話になった

プライオティパスユーザー行きつけの

ラウンジ前を通過。

決して悪いラウンジではない。

ただ残念ながら「行列の出来るラウンジ」

が形成されている。

 

www.plazapremiumlounge.com

 

当然ながら今日の

ホッピングメニューにはここは含まれない。

 

そしてこのあたりで

メインターミナルビルを後にする。

 

カロリー消化のためY字の

ターミナルを分岐点に向けて少し歩く。


f:id:tetsu7906:20190206182114j:image

 

世界のハブ。巨大な空港には

巨大な旅客機がやってくる。


f:id:tetsu7906:20190206182110j:image

 

貴重な日本航空の東京羽田便である。

キャセイに太刀打ちできぬ

日本航空には1日2往復が限界か。

ひとまず自社便運航は絶対に

今後もキープしていただきたい。


f:id:tetsu7906:20190206182018j:image

 

Y字のど真ん中。このあたりは

ジャンボラッシュになってくる。


f:id:tetsu7906:20190206182052j:image

 

突き当りにはまたも

キャセイラウンジが現れる。

見た目的には最もイケてるラウンジ

といっていい。ここは一旦通過。


f:id:tetsu7906:20190206182048j:image

 

ジャンボ祭りは続く。

世界最強のA380航空会社。

今後も粘り強く運用を続けていただきたい。

 

 

そしてY字を右手に進むこと5分少々。

 

今度は地下へ誘うエスカレーターが現れる。


f:id:tetsu7906:20190206182031j:image

 

「ザ・ピア」

ファーストクラスラウンジ

の登場である。

 

次回はここを集中的に。世界の

ベストファーストクラスラウンジに選出。

その力を確認する。

 

以下に参考予告動画を添付。

非常に素晴らしい動画。

 

www.youtube.com



続く。