LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

首里城からDPラウンジへ、そして本州への道。マイル利用最適なJAL利用方法(使い分け)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

ちょっと遅めの沖縄・那覇の朝。

前半のお話は軽く済ませて

本題は後半で。

 

f:id:tetsu7906:20200208170744j:image

 

ダイビングシーサーのお見送りで

強硬観光。


f:id:tetsu7906:20200208170429j:image

 

なんだか全国いや世界中で見かける

マリオカート的軍団。

もはやそれほど珍しい画ではない。


f:id:tetsu7906:20200208170442j:image

 

再び1日券効果継続中。

一応、ゆいレールホームへ。


f:id:tetsu7906:20200208170536j:image

 

もうすぐ12月それでも

このありがたい亜熱帯気候。


f:id:tetsu7906:20200208170531p:image

 

遠く海を眺め少々小高い丘の上まで

上がってきているのだろうか20分弱乗車。


f:id:tetsu7906:20200208170432j:image

 

首里城のいま。こんなタイミングに

出くわす事もないので訪れてみる。


f:id:tetsu7906:20200208170454j:image

 

やはり色々まだまだ調整中の現場。

(2019年11月中旬現在)


f:id:tetsu7906:20200208170643j:image

 

それでも気候と外観には

世界遺産首里城」らしい雰囲気は健在で。


f:id:tetsu7906:20200208170438j:image

 

そこには全国共通、日本人観光客は。

ほぼ、いない。

 

oki-park.jp

 

例のウイルスが猛威を振るうその前は

まだまだこんな大陸のオーラが

ここにも当然あったわけで。


f:id:tetsu7906:20200208170402j:image
f:id:tetsu7906:20200208170759j:image
f:id:tetsu7906:20200208170344j:image

 

残念ながら中には入れず外周を歩いて終了。

 

玉陵|那覇市公式ホームページ

 

ガイドさんがおすすめするこちらを見学して。


f:id:tetsu7906:20200208170358j:image
f:id:tetsu7906:20200208170803j:image

 

暖かみのある

沖縄の風と緑を感じて折り返す。


f:id:tetsu7906:20200208170409j:image

 

これぞモノレールの魅力

というにふさわしい風景。


f:id:tetsu7906:20200208170519j:image

 

「ReTIME」へ荷物を受け取りに。


f:id:tetsu7906:20200208170528j:image

 

そしてこの旅3度目那覇空港へ。


f:id:tetsu7906:20200208170508j:image

 

最短の動線に従ってすすむとそこには。


f:id:tetsu7906:20200208170426j:image

 

誰も列をなしてない

チェックインカウンターがあり。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200208170347j:image

 

モノレールを降りて一度も足を止めることなく


f:id:tetsu7906:20200208170512j:image

 

専用検査場、そして見送りさえも

封じる看板にブロックされた空間。


f:id:tetsu7906:20200208170630j:image
f:id:tetsu7906:20200208170445j:image

 

それが隠れ家的小部屋

 

www.jal.co.jp

 

ダイヤモンド・プレミア

ラウンジなのである。


f:id:tetsu7906:20200208170741j:image

 

サクララウンジを当然のごとく

上回るビールラインナップ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200208170619j:image

 

そして小腹を満たす炭水化物軍団。


f:id:tetsu7906:20200208170405j:image
f:id:tetsu7906:20200208170435j:image

 

ど真ん中に鎮座するローカルアルコール「AWAMORI」


f:id:tetsu7906:20200208170637j:image

 

言葉はチープながら、

東横インのモーニングをよりよくした感じ

の映りに見えてもしまうが

そのお味は間違いない。


f:id:tetsu7906:20200208170634j:image

 

内装は。ん?伊丹のサクラにちかい?

改めて見ると、気のせいか。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200208170448j:image

 

グアバ+ミルク

で搭乗待ち本日はこちらJTA

日本トランスオーシャン航空への搭乗


f:id:tetsu7906:20200208170515j:image

 

その行先はこちら「福岡」


f:id:tetsu7906:20200208170622j:image

  

さてここで

マイル利用最適なJAL利用方法の本題へ。

 

 

今回は那覇から福岡

向かうケースでのお話。

 

まず基本通り、

JALのマイルを使って利用する場合・・・

 

通常この区間は下から2番目のランク

「B区間に位置付け」その必要マイルは

7500マイルに及ぶ。どうだろうJALマイルの

一般的価値を仮に1マイル2円としても15000円

ほど。有償でもいいのではないかと

言いたくなるような数字。

 

次にもう一方、

BAマイルを利用する場合・・・

飛行距離650マイル以下の区間に相当。

その必要マイル数は6000マイルである。

こちらのマイルは様々な手段での購入が可能、

タイミング次第では1マイル1.2円程度で購入

できる(直近購入単価)つまり7200円ほど。

ほぼ半値で利用できると言っていい。

 

そのうえさらに決定的なBAの優位性は。

それはキャンセル変更への柔軟性である。

 

 

JALの場合・・・

 以下問答無用の手数料3100円没収である。

 

www.jal.co.jp

 

一方BAの場合・・・

以下必要マイル数とは別に支払ったその他の

空港使用料及び税金(国際線で発生) 

それが実質の手数料であるがためここでは

「120円」が払い戻し手数料となる。

 

f:id:tetsu7906:20200208174059j:image

 

つまり那覇のように空港使用料が安ければ

安いほどその手数料は手軽になるリスクが

低い予約が出来るのである。

 


f:id:tetsu7906:20200208174056j:image

 

最小マイル数「6000マイル」利用で済む

という事に加えてキャンセル手数料の激安さ。

もちろん利用にあたってJALだろうがBA

だろうがどちらのマイルを利用しようが

優位なワンワールドステータスを自身で選択

して搭乗できるのでその点は支障しない。

であればJAL高額マイル(運賃)と高いキャンセル料を支払うリスクを含めればBAの予約

のほうが賢明であると判断できる。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

これが

ワンワールドマイレージ

の使い分け。

 

という話である。

 

 

あとは黙ってそのフライトへ。


f:id:tetsu7906:20200208170616j:image

 

にっぽんの空の国防

を感じ取りながら


f:id:tetsu7906:20200208170522j:image
f:id:tetsu7906:20200208170525j:image

 

南の島をテイクオフ。


f:id:tetsu7906:20200208170451j:image

 

鉄板の機上コーヒーを嗜みながら


f:id:tetsu7906:20200208170354j:image
f:id:tetsu7906:20200208170640j:image

 

福岡へ降り立つ。


f:id:tetsu7906:20200208170625j:image

 

そんなちょっとした

旅の小技のご紹介

 

このを閉じる。


f:id:tetsu7906:20200208170351j:image

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com