LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

宮古島脱出計画、JAL特典航空券を使ったちょっとした裏技。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

宮古島脱出計画。

と題するのは

この島からLCC以外で脱出するには

それなりにコストがかかる。

本州直行レガシーはもとより那覇

経由してLCCでもそれなりに。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

マイル利用特典航空券で考えてみる

↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200118161643j:image

 

直接本州に出ようものなら問答無用

A<B<Cの最大区間「C」

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

それはつまり


f:id:tetsu7906:20200118161639j:image

 

 

国内線最強クラス

「10000マイル」必要とする。

どうもしっくりこない。

(ちなみに同マイル数で香港まで行ける)

 

 

視点を変えて国際線

考えてみる。

最隣国、韓国便。最小利用マイル数は

「7500マイル」である。

これつまり国内の最長距離クラスより

国際の最短距離クラスの方が必要マイル数が

少なく済むという話である。

 

これを利用する↓↓↓


f:id:tetsu7906:20200118161647j:image

 

特典航空券の素晴らしい制度はこれ↑↑↑

国際線区間発地までの国内線区間発地

すべて共通で扱われるところである。

東京から乗ろうが、札幌から乗ろうが

沖縄から乗ろうがそして宮古島から

乗ろうが必要マイル数は変わらない。

※ただしその他諸税等別途発生する。

 

つまり

宮古島から東京に向かう人がいるのであれば

2つの選択肢が有るともいえる。

①1万マイルを純粋に使う。

②差額2500マイル死守4910円支出容認

 

これが選択できる状態ともいえる

(②についての国際線放棄可能かは未知)

 

これは海外航空会社の特典航空券で見られる

マイル消費数を現金で補う形の利用に近い。

 

ということで今回はこの②を選択し、

なおかつ国際線区間にも搭乗する。

当たり前の使い方で宮古島から東京経由して

釜山に向かう乗客を選択。

 

1日2便最終の東京羽田行き

日本トランスオーシャン航空へ。

 

f:id:tetsu7906:20200118162330j:image

 

宮古島2日目の夕焼けは

下地から宮古空港


f:id:tetsu7906:20200118162415j:image

 

日本の翼で日本の中心へ。


f:id:tetsu7906:20200118162439j:image

 

みんな平等ラウンジなき待合室。

ポッカさんぴん茶ともおわかれ。


f:id:tetsu7906:20200118162425j:image

 

リゾート路線平日午後の

優先搭乗客は少なく。


f:id:tetsu7906:20200118162357j:image
f:id:tetsu7906:20200118162345j:image

 

エコノミー最前列

足元ゆったりシートで。


f:id:tetsu7906:20200118162407j:image

 

とっても綺麗な内装のNUの機材


f:id:tetsu7906:20200118162348j:image

 

東南アジアからの大行列軍団

に交じって北東の都を目指す機内Wi-Fi ON


f:id:tetsu7906:20200118162442p:image

 

「ちんすこう×スカイタイム

味わいながら2時間少々。


f:id:tetsu7906:20200118162445j:image

 

真夜中の羽田に定時着陸。


f:id:tetsu7906:20200118162351j:image

 

京急に乗り換え猛ダッシュ

一目散に蒲田で降り。


f:id:tetsu7906:20200118162405j:image

 

JR改札を通過。


f:id:tetsu7906:20200118162448j:image

 

A3=エーゲ航空

かと真っ先に連想してしまうのは結構病気で。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200118162327j:image

 

まぎれもなくここは

ANAの最新ビジネスクラス

「THE  ROOM」ではなく

 

www.ana.co.jp

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

6時間1000円少々フラットになれる空間


f:id:tetsu7906:20200118162353j:image

 

ソフトドリンクとクリームは食べ放題の

ネットカフェというやつである。

これを手作りトランジットホテルとして

明日を迎える。

続く。