LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【映画レビュー・語学学習】毎日巣ごもり生活、気分転換に旅人がすすめる映画~ABOUT TIME~(後編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

メアリーレイチェル・マクアダムス

推しトークは前編で切り上げて

この映画の内容を踏み込む。

 

こんなご時世だからこそ

「アバウト・タイム」(時間とは)

について真面目に考えてみる。

 

 

この映画の最大の売りは

「TIME IN TRAVEL」いわゆる

タイムトラベルで過去に戻る事が出来る点。

 

f:id:tetsu7906:20200501194636j:image

 

そこから何を学ぶかという話である。

 

前半はティム(ドーナル・グリーソン)が

人生を歩んでいく上で数々の失敗に出会って

その人生をやり直しより良い人生に

修正していくという話である。

 

要は

過程を変更させ別の結末を生み出していく。

誰もが望む理想の人生の歩み方かもしれない。

 

始めのうちは自分自身の都合の良いように

タイムトラベルを使うのだが

ティムの人柄、友人や家族のために

タイムトラベルをしティム自身が

損をするという事もしばしば起きる。

 

f:id:tetsu7906:20200501194721j:image

 

善意の行動が時に仇になってしまう

そんな切ない場面も多々ある。

その点でメアリーとの出会いも

序盤少々ぐずつく。

 

そんな映画の大きな転換点となるのが

二人の結婚と出産その後の生活

からであろうか。

 

f:id:tetsu7906:20200501194745j:image
f:id:tetsu7906:20200501194749j:image

 

この時からタイムトラベルをする

必要がなくなる。

充実した人生、毎日が幸せであれば

あと戻りしやり直す必要なんて

ないのかもしれない。

 

f:id:tetsu7906:20200501194843j:image

 

次の大きな転換点は、

父のガンの発覚そして死である。

 

f:id:tetsu7906:20200501194903j:image

 

そこでティムは父から

最後の秘密を教えられるそれが

 

「幸せになる秘訣」

 

f:id:tetsu7906:20200501194924j:image

 

これは2つのパートで構成。

 

パート1それは。

「普通に生活する事、

人と同じように1日ずつ」

何の面白みのない内容にも思えるが・・・。

 

f:id:tetsu7906:20200501195024j:imagef:id:tetsu7906:20200501195155j:image

 

しかしそれが2つ目を活かすうえで

大切な事なのであるそれは。

「毎日を同じように、もう一回繰り返す事。」

 

f:id:tetsu7906:20200501195232j:image
f:id:tetsu7906:20200501195227j:image

 

これのどこが幸せになる秘訣なのか?

と一見おもってしまうのだが

父、いやリチャード・カーティスの思い

くみ取ろうとするのであれば

 

結果としてそこから何が生まれるかそれは。

 

「緊張や不安で気づかなかった人生のすばらしさに、2回目は気づく」

 

というのである。

 

f:id:tetsu7906:20200501195315j:image
f:id:tetsu7906:20200501195312j:image

 

「毎日が同じような人生。毎日が巣ごもり生活を繰り返して、みな今生きているのかもしれない。けれど・・・。実は本当はそこに人生のすばらしさに気づくチャンスは埋もれてはいないだろうか?緊張と不安で隠されていた人生のすばらしさ、意外とそこにあったりしないだろうか?」

 

それを今一度見つめなおし気づく事が

出来るはずであると二人?は言っている。

 

その例をティムは終盤タイムトラベルを

通じて実践演じているでのぜひ参考に。

 

そして最後

父とのタイムトラベル無しの本気のお別れ。

 

コーンウォールというイギリスの

田舎町の美しい海岸をバックに

映しだされる親子愛

 

f:id:tetsu7906:20200501195345j:image

 

それがあまりに美しい。

 

そしてティムは父を超えるのである。

タイムトラベルを使わない人生において

 

f:id:tetsu7906:20200501195448j:image
f:id:tetsu7906:20200501195440j:image
f:id:tetsu7906:20200501195437j:image
f:id:tetsu7906:20200501195432j:image
f:id:tetsu7906:20200501195443j:image

 

これが私が学んだ

「アバウト・タイム」である

 

終わり。

 

ぜひ一度ご視聴を!

そして知りたいあなたの感想を!