LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

STAY HOME ならぬ STAY HOTEL 推奨(高級シティホテル編)

 

粘り強く

 

続ける

 

ホテルステイ・ネタ。

 

これにて第4シリーズ目か。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ホテルでの休日の過ごし方。


こんな使い方として

最適なのが街のど真ん中にある
「シティホテル」というジャンル。
 

そこは大阪ミナミのど真ん中に

鎮座する4つ星ホテル。

 

f:id:tetsu7906:20200510162029j:image

 

見ての通りの地下鉄なんば駅直結

というより直上にそびえるホテル。

新歌舞伎座の意匠を継承して

建てられたらしい。

 

なんとも大胆なデザインのホテル。


f:id:tetsu7906:20200510161913j:image

 

正面より対面その入口。

 

その名も「ホテルロイヤル

クラシック大阪」と言う名のホテル。

 

hotel-royalclassic.jp


f:id:tetsu7906:20200510161721j:image

 

自動ドアを開けるとそこに受付があり

ホテルのご案内エレベーターへの誘導がある。


f:id:tetsu7906:20200510161807j:image

 

建物の構造はエレベーターボタン参照。

20階建てのフロントはその中間


f:id:tetsu7906:20200510172523j:image

 

難波の街の東側が一望できる

スカイビューのフロントフロア。

扉が開くとそこでさらなる

チェックインのお出迎えがある。


f:id:tetsu7906:20200510161937j:image

 

今回は12階のお部屋にチェックイン。

エレベーターフロア。

ミュージアムホテルという別の顔を

もつだけあってさりげなく現れる

美術品が高級ホテルステイ感を倍増させる


f:id:tetsu7906:20200510161902j:image
f:id:tetsu7906:20200510161732j:image

 

廊下・通路の広さがホテルの

器の大きさを表すという勝手な推測。


f:id:tetsu7906:20200510161958j:image

 

飾らないシンプルすぎる客室の扉は

非常に好印象そして期待値を高める。


f:id:tetsu7906:20200510172556j:image

 

扉を開けるとその景色は大阪ミナミの

西側の街風景を貫いている。


f:id:tetsu7906:20200510161839j:image

 

シティホテルの魅力。

まるでその街のタワーマンション

一夜限りの世帯主になったかのような

錯覚に陥ることができる事。


f:id:tetsu7906:20200510161910j:image

 

ツインベッド手前から外に向かって1枚。


f:id:tetsu7906:20200510162015j:image
f:id:tetsu7906:20200510161944j:image

 

とあるユーチューバー曰く。「良きホテルには

必ずボトルウォーター有り。」

だそうだ。そして意外と良心的価格の

有料備え付けドリンク類。


f:id:tetsu7906:20200510161917j:image

 

加湿機能付空気清浄機、この辺りの装備は

もはや中級ビジネスホテルでさえも

常設になりつつある装備。

特筆すべき点ではない。


f:id:tetsu7906:20200510161712j:image

 

すっきりテーブルのうえには

美術的雑誌等々が並ぶ。

ちょっと異色のカラーを見せるホテル。


f:id:tetsu7906:20200510161836j:image

 

ベッドの奥にもこんなさりげない演出。


f:id:tetsu7906:20200510161907j:image

 

アメニティ群に移る。


f:id:tetsu7906:20200510162008j:image

 

特徴はこの「PANPURI」(パンピューリ)

タイスパを起源とした、

ナチュラルスパブランド。

 

こんなこだわりのアメニティが

しっかり備え付けられている。

 

panpuri-store.com

 

インド・デリーの高級シティホテルが「KAMA」や「TWG」とコラボするように

これが世界標準ということなのか。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200510161801j:image

 

もちろんシャワー・バスルームにも

固定のアメニティもある。


f:id:tetsu7906:20200510162022j:image

 

引き出しをあけていくと。

癖のある、いや酒好きのための

ドリンクとグラスが誘惑をしてくる。


f:id:tetsu7906:20200510162025j:image

 

ワイングラスが収納された引き出しは人生初。


f:id:tetsu7906:20200510161843j:image

 

あとは簡易つまみが備え付け。


f:id:tetsu7906:20200510161751j:image

 

着心地抜群のルームウェア。


f:id:tetsu7906:20200510162019j:image

 

タンス仕様の収納


f:id:tetsu7906:20200510161829j:image

 

こんなミナミの一等地で

風呂から客室を貫いて街並みが見える。

 

そんなシティホテルライフ。

 

この場所に居座らない理由はない。


f:id:tetsu7906:20200510161953j:image

 

ツインベットの奥には

ソファーベッドが窓側に置かれている。

転がって外の景色を眺めながら

夕日を見るも良し。うたた寝するもよし。


f:id:tetsu7906:20200510161747j:image

 

もちろん機能性も抜群なホテルであって

ベッドわきのタッチパネルで

だいたいのコントロールが出来てしまう。


f:id:tetsu7906:20200510172716j:image

 

何インチあるんだいうレベルの大型テレビでは

国外含め日・米・中・韓のテレビが

視聴できる。国際標準。


f:id:tetsu7906:20200510161934j:image

 

こうやってみると我が家ですと。

言いたくなるような。インテリア。


f:id:tetsu7906:20200510161717j:image
f:id:tetsu7906:20200510161754j:image
f:id:tetsu7906:20200510161810j:image

 

大阪ドームと南港、

その奥には六甲の山並み。とても美しい。

贅沢なサンセットの時間。


f:id:tetsu7906:20200510161739j:image

 

夕日の照らされた

その部屋の奥行を強調する。


f:id:tetsu7906:20200510161757j:image

 

そして日没。

息をのむほどの美しい

都市の夜景がそこに映し出される。


f:id:tetsu7906:20200510161726j:image

 

きっとそこには上質な眠り

町のど真ん中であなたを包み込むことだろう。

これが私のすすめるの

シティホテルライフ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com