LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

東洋のパリ⑤。旧市街徘徊前編

 

 tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

日が暮れる前に近所、旧市街の散策へ。

 

このいかにも怪しげなトンネルを抜けると、そこは。


f:id:tetsu7906:20181124093712j:image

 

やっぱりトラフィックジャングルだった。


f:id:tetsu7906:20181124093652j:image

 

路地という路地が御覧のあり様。


f:id:tetsu7906:20181124093742j:image

 

前述した西洋風の建物とアジアのカオスが混在する旧市街。

  

 

なんとも不思議な街である。


f:id:tetsu7906:20181124093715j:image

 

ハノイの中心部、ハノイの109とでも言おうか。

何しろ信号が無い。歩道もない。

ないこともないが歩くスペースもバイクで埋め尽くされている。

 

徒歩よりもバイクが多いのである。

  

 

台北もなかなか迫力と感じたがそこにはまだ秩序があった。

 

ここのドライバーは感と経験だけで運転している。


f:id:tetsu7906:20181124093759j:image

 

ふらふら歩いていると。

 

噂の「フランスパン売りの老女」

 

不思議すぎるこの街。

 

 

 

この日の気温は20度前後も湿度もまずまず。

過ごしやすい東南アジアは初めてかもしれない。

四季のある街。ならではなのか。

 

しかし外気よりも排気が気になるそんな街中。


f:id:tetsu7906:20181124093737j:image

 

旧市街のやや西より人形劇場付近北にある「CAU GO通り」沿いにあるフォーのお店。

よさげに見えたのでふらっと立ち寄る。

  

 

フォー自体も良好。具だくさんのフィッシュボール的なものが入って150円。


f:id:tetsu7906:20181124093705j:image

 

店内から外を見渡すとそこにはフォーの山とその他食材が山積みに。

ファーストフォーとしては満足の値段と内容。


f:id:tetsu7906:20181124093617j:image

 

じわじわと夕暮れがせまってくるホアンキエン湖のほとり。

 

 

ちょっと疲れてホテルへ戻る道中。

 

食後のスイーツ的なものを探す。


f:id:tetsu7906:20181124093610j:image

 

「King Roti」というハノイ風メロンパン屋さんに遭遇する。

 

kingroti.com

 

店内からいい匂いを発していて客が絶えず繁盛している感じ。

 

 

f:id:tetsu7906:20181124100713j:plain

 

場所は↑↑↑先ほどのハノイの109のすぐそこ。H

「HALLEY HOSTEL」との中間あたりにある。

 

f:id:tetsu7906:20181124093629j:image

 

1個75円。焼きたてのクッキー生地に近いかりかり表面。

その下のふわふわパンとチョコレートソース。

最高にうまい。背景の御覧のようなバイカー達が気にならないくらいうまい。

 

 

続いて食後のコーヒーを。

 

ホテルの前の通りを挟んで目の前にカフェがある。

ショートヘアーカフェだったような。

確かに文字通りのベトナム人夫婦?が

切り盛りしているそんなに繁盛してなさそうなカフェ。


f:id:tetsu7906:20181124093553j:image

 

外観はとても清潔でおしゃれな感じ。

いかにも狙い撃ち感のある「Egg Coffee」の看板に誘われ名物を行ってみる。

 

エッグ・コーヒー - Wikipedia


f:id:tetsu7906:20181124093621j:image

 

日本円にして200円以下。コーヒーミルクの代わりが練乳と卵といったもの。


f:id:tetsu7906:20181124093614j:image

 

5分ちょっと作成に時間がかかる。それがこれ。

底は普通のコーヒー。表面はこんな具合にふわっとしている。

 

まぁ素材的にそんな感じのコーヒーである。

 

 

後編に

 

続く。