LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【ウェスティンホテル淡路】プラチナ修行第3箇所目~極上のリゾート~(朝ラン×ぶらり編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

毎度のことながらワークマンランスタイル

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

準備万端の早朝起床!

 

f:id:tetsu7906:20200913214158j:image

 

こちらのホテル

2002日韓W杯

イングランド代表が合宿拠点にしたホテル

 

ということで実は1階のエスカレーター裏に

こんな素敵なものが展示されている。


f:id:tetsu7906:20200913214305j:image

 

ベッカムのサインだけ

特別にテプラシールで強調。


f:id:tetsu7906:20200913214223j:image

 

ややスタート出遅れ海岸沿い北上していく。


f:id:tetsu7906:20200913214146j:image

 

日の出飛行機雲のコラボ。


f:id:tetsu7906:20200913214206j:image

 

瀬戸大橋手前では

すでに日はのぼりきっており。


f:id:tetsu7906:20200913214151j:image

 

往復5kmオーバー。

相変わらず鋭いボディのホテルへ

 
f:id:tetsu7906:20200913214219j:image

 

それではダイジェストムービーを↓↓↓

 


淡路島RUN(海)

 

バルコニーがあれば生活できます。

海岸ランを終えて軽く洗濯。

 

f:id:tetsu7906:20200913215847j:image

 

窓ガラスにホテル名は

そのブランド力の強調証明。


f:id:tetsu7906:20200913215854j:image

 

もはや気分的には

淡路島もホノルルも変わらない。


f:id:tetsu7906:20200913215819j:image

 

日中少しおでかけ連泊です。


f:id:tetsu7906:20200913215905j:image

 

気合と根性、真夏の淡路。

南へ歩いてみる。


f:id:tetsu7906:20200913215827j:image

 

少しガスっていて残念ながら

対岸の関空は拝めない。


f:id:tetsu7906:20200913215919j:image

 

帽子があれば海風を感じながら

汗ばみながらも歩けぬことのない気候。


f:id:tetsu7906:20200913215858j:image

 

浦県民サンビーチ。

 

www.awajishima-kanko.jp


f:id:tetsu7906:20200913215813j:image

 

数人の人々が海風に当たっておられます程度。こんな欧米風な建物もあるにはあります。


f:id:tetsu7906:20200913215909j:image

 

南国オーラMAXなのです。


f:id:tetsu7906:20200913215843j:image

 

この島にはどうやらバスの他に

UBERという選択肢があるようで。

 

tetsu7906.hatenablog.com


f:id:tetsu7906:20200913215913j:image

 

そう淡路島のと言えばこちらたまねぎ。「道の駅東浦」

 

www.awajishima-kanko.jp


f:id:tetsu7906:20200913215916j:image

 

こういうの惹かれてしまうたちでして。


f:id:tetsu7906:20200913215832j:image

 

タコとタマネギの島

といっても過言ではない。


f:id:tetsu7906:20200913215822j:image

 

お近くに回転ずしがありましたので。


f:id:tetsu7906:20200913215807j:image

 

ランチがてら立ち寄ってみる。


f:id:tetsu7906:20200913215924j:image

 

「金太郎」

と言う名のチェーン店らしい。

 

r.gnavi.co.jp


f:id:tetsu7906:20200913215851j:image

 

ぐるなび赤だし無料をつけて700円少々


f:id:tetsu7906:20200913215839j:image

 

特に当たり障りのないおいしいお寿司でした。という感想。

ということで今宵も

海から山にかけて月が沈むそのさまをみて

 

就寝。


f:id:tetsu7906:20200913215836j:image

 

ほんとうに上質な時間であることはもちろん

上質な場所といってもいいでしょう。


f:id:tetsu7906:20200913215901j:image

 

3日目再び、朝ランタイム。

 

f:id:tetsu7906:20200913223902j:image

 

本日は海ランから

山ランへ切り替えていく。


f:id:tetsu7906:20200913223609j:image

 

この島の北部全体像が見渡せるその場所それが


f:id:tetsu7906:20200913223914j:image

 

その名の通り淡路島公園内にある

展望広場。

 

記載の通りイノシシのファミリーと

すれ違いました。


f:id:tetsu7906:20200913223839j:image

 

本日のご来光遅れてなんとか

山頂に到達。


f:id:tetsu7906:20200913223630j:image

 

太陽が大きく感じる。


f:id:tetsu7906:20200913223851j:image

 

島が小さいのか?橋が大きいのか?

瀬戸大橋を独占眺望。


f:id:tetsu7906:20200913223829j:image

 

こっちの島から見るとなんとなく

優越感があるのは気のせいだろうか。


f:id:tetsu7906:20200913223612j:image

 

干しタマネギがぶら下がる

家屋をみながら帰り道。


f:id:tetsu7906:20200913223928j:image

 

そして

本日はこちら極上リゾートとの

お別れの日。


f:id:tetsu7906:20200913223836j:image

 

レートチェックアウト14時

そのお別れの時まで

異国のマラソンランナーの走り、

人生に共感しながら残りの時を楽しむ。


f:id:tetsu7906:20200913223910j:image
f:id:tetsu7906:20200913223622j:image

 

本当にリラックスできる、

そしてアクセス抜群の

素晴らしいリゾートホテルだということが

わかりました。


f:id:tetsu7906:20200913223944j:image

 

感謝の意を示して


f:id:tetsu7906:20200913223633j:image

 

立ち退く


f:id:tetsu7906:20200913223906j:image

 

チェックアウト。


f:id:tetsu7906:20200913223923j:image

 

ちなみに参考ながら


f:id:tetsu7906:20200913223847j:image

 

こちらスパアメニティ商品売店ににて


f:id:tetsu7906:20200913223615j:image

 

絶賛発売中。そのお値段は

お値段であると申し上げまして


f:id:tetsu7906:20200913224021j:image

 

お世話になりました。

少しだけイングランド代表気分になれました。


f:id:tetsu7906:20200913224028j:image

 

撤退路もちょっとついでに

それは地元の足、路線島内バス、

なんと1乗車500円。1日券1000円

北の港、岩屋へ。


f:id:tetsu7906:20200913223619j:image

 

高速船で13分。

ここから対岸明石までの船代530円。


f:id:tetsu7906:20200913223843j:image
f:id:tetsu7906:20200913223931j:image


f:id:tetsu7906:20200913223826j:image

 

高速船


f:id:tetsu7906:20200913223626j:image

 

オープン席の2階はどうやら貸し切り。


f:id:tetsu7906:20200913223940j:image

 

スーパーコロナ対策船。


f:id:tetsu7906:20200913223919j:image

 

橋見下ろし、橋をくぐる。

そして立ち去る淡路。


f:id:tetsu7906:20200913223832j:image

 

そんな

価値あるプラチナ修行のお話。

 

終わり。