LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【JAL特典航空券】どこかにマイルⅡでどこかへ!②~インフィニティプール×朝ラン(海)~


那覇RUN

 

tetsu7906.hatenablog.com

    

 

アクセスからステイへ。

 

夕方便到着だけに

モノレールで直行

美栄橋駅へ。

 

f:id:tetsu7906:20200714224024j:image

 

駅から海方向に向かって歩く事5分少々

大通り沿いに見えてくる白い建物。

※近くの眺めのいい歩道橋より撮影


f:id:tetsu7906:20200714224224j:image

 

すごくデザイン性の高さを

醸し出しているホテル。


f:id:tetsu7906:20200714224011j:image

 

離島アクセス6000マイルに続き。

今回ホテル代は「Booking.com」

謎の1500円クーポンを発動。

 

f:id:tetsu7906:20200715080451j:image

 

ということでこちらを利用して

概ね5500円発売中

 

「ホテルアクアチッタ

那覇 by WBF

 

f:id:tetsu7906:20200715080511j:image

 

1泊素泊まり

一応のトリプルルームのシングルユース

ぎりぎり4000円切りでお買い上げ。

 

www.hotelwbf.com

 

チェックイン後のエレベーターフロア。

沖縄のリゾートは確実に磨かれている。


f:id:tetsu7906:20200714223955j:image

 

そう感じる内装の数々。


f:id:tetsu7906:20200714224136j:image

 

結構な客室数を誇る10階建て。


f:id:tetsu7906:20200714224140j:image

 

エレベーターフロアはすっきり吹き抜け。


f:id:tetsu7906:20200714223944j:image
f:id:tetsu7906:20200714224154j:image

 

客室へ・・・。

仲良しトリプル仕様。

とってもお隣と密なツインぷらす、

ソファーベッド。と言った感じ。


f:id:tetsu7906:20200714224214j:image

 

その他基本的なものは最低限整っている。


f:id:tetsu7906:20200714224245j:image
f:id:tetsu7906:20200714224031j:image

 

水回りも大きめの浴槽ありと

4000円でのコスパは良好か。


f:id:tetsu7906:20200714224217j:image
f:id:tetsu7906:20200714224302j:image

 

ここのボディタオルはこれまた優秀です。

※結構ボディタオルにうるさい旅人化進行中!


f:id:tetsu7906:20200714224148j:image

 

ホテルのガイドか小冊子になってるあたり。

ホテル意識高い系であることが

おわかりいただけるか。


f:id:tetsu7906:20200714224237j:image

 

ではこのホテル最大の売り

それは最上階にある。


f:id:tetsu7906:20200714223959j:image

 

コンクリ➡水➡空

そしてバー


f:id:tetsu7906:20200714224157j:image

 

コロナ対策実施ホテルです。


f:id:tetsu7906:20200714224015j:image

 

そこにはこんな景色

あるわけであって。

この話はもう少し引っ張ってみる。


f:id:tetsu7906:20200714224210j:image

 

1階にはこんな気の効いた

フリーウォーターサーバー

電子レンジもあるとのことなので。


f:id:tetsu7906:20200714224203j:image

 

行ってみるご当地スーパー

 

union-okinawa.com

 

ユニオン。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

この辺りはシーズンⅠ変化なし。


f:id:tetsu7906:20200714224131j:image

 

特にボリューム比で考えたなら

圧倒的に安いと感じる沖縄フード。


f:id:tetsu7906:20200714224232j:image
f:id:tetsu7906:20200714224145j:image

 

タコライス×ミミガー

等々調達しホテルで食す。

それもまたコロナ対策。

 
f:id:tetsu7906:20200714224229j:image

f:id:tetsu7906:20200715082744j:image

 

屋上でまったり日没を

まちながら飲む一杯は格別で。


f:id:tetsu7906:20200714224221j:image

 

サンセットをおしゃれアルコールとともに

眺めるハイレベルな顧客もおられるようで。

 

f:id:tetsu7906:20200715082714j:image

 

そして日没、こうも化ける。ナイトモード。

 

 

なんだかもう別に

東南アジアとかいかなくてもいいよね。

って思えるレベルのホテルが那覇にはいま、

ゴロゴロあるんだなと。


f:id:tetsu7906:20200714224007j:image

 

このパフォーマンスで

お値段4000円を割るんだったら。

もっと国内に国内の人間が利用するべきだ

と思ってしまうちょっと脱線した内容へ。

 

ただそれぐらい

質の高い物がここ那覇では提供されている。


f:id:tetsu7906:20200714223936j:image

 

バーで飲むだけでも

十分に価値のあるそんな場所。

ほんの半年前まではアジア人に

買い付けられていたこの場所。

 

いま国民に解放されたのである。


f:id:tetsu7906:20200714224308j:image

 

妙な感想をおぼえてつつ。

 

翌朝!

 

毎度のことながら日の出前に起床を

モットーとするその目的は。


f:id:tetsu7906:20200714224313j:image

 

最上階でご来光!

期待したかったが諸事情によりクローズ。

なんかもったいないこのロケーション。


f:id:tetsu7906:20200714224255j:image

 

内側からのぞき込むだけ。


f:id:tetsu7906:20200714223952j:image

 

もちろん早起きの目的は。

「朝ラン!」 in Sea Side !

 

と題しましょうか。

 

f:id:tetsu7906:20200715074447p:image

 

なにしろ

海」と「港」がお近くでして。


f:id:tetsu7906:20200714224305j:image

 

泊港をぐるりと回り込み。

「泊大橋」を駆け上がる

序盤からのハードワーク。


f:id:tetsu7906:20200714224241j:image

 

しかしその先に待っているのは・・・。

この遮るものなきスーパーなご来光で。

 

 

最高の朝が味わえるのである。


f:id:tetsu7906:20200714224332j:image

 

下って下ってもう少しすすむ。


f:id:tetsu7906:20200714223940j:image

 

ビーチを一旦迂回する。


f:id:tetsu7906:20200714224320j:image

 

ついでに参拝までできてしまう。


f:id:tetsu7906:20200714224258j:image

 

疫病鎮静、

そのうえ健康ランもはや敵なしモーニング。


f:id:tetsu7906:20200714224002j:image

 

なんだかパワースポット感半端ない

波上宮


f:id:tetsu7906:20200714224206j:image

 

昭和天皇だってお越しになられようとした。


f:id:tetsu7906:20200714224019j:image

 

神がかった場所。

大げさすぎるのでこのあたりで。。


f:id:tetsu7906:20200714224250j:image

 

一旦熱を冷ましにビーチへ。


f:id:tetsu7906:20200714223947j:image

 

RUN➡参拝➡IN THE SEA

気温が猛烈に上がってくる前。

あまりに気持ち良い天然のクールダウン。


f:id:tetsu7906:20200714224316j:image

 

例えて言うならこんな感じ↓↓↓


f:id:tetsu7906:20200714224027j:image

 

これが

ホカンス+朝RUN

弾丸那覇の過ごし方。

 

続く。