LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

ホテル感覚でステイホーム、石川・山代温泉旅館「葉渡莉&瑠璃光」に巣ごもりテレワーク。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

ホテル・旅館生活自粛記

という名が適切か。

 

第2段。

 

緊急事態宣言が出てもホテルや旅館は

休業・休止の対象にはならない

その業界は放っておけばただ体力が

底を尽きるのをまつだけの状態。

 

そんな国家にっぽん。

 

こんな情勢だから結局強制的に

3密にあてはまらない快適なステイ

を楽しめるいま。

もちろんそのお値段も外国人特需で

押し上げられたいた時にくらべれば

お求めやすい価格になっているわけで。

 

 

今回はともに「一休.com」経由

定番の72時間限定クーポンを利用。

(※お風呂体験をメインとしているので

食事に関する内容は無し)

 

f:id:tetsu7906:20200408081914j:image
f:id:tetsu7906:20200408081919j:image

 

そこで今回お世話になるのが

石川県・山代温泉よろずや観光さんが

運営する2つの旅館。

進化する日本の宿をテーマに

「葉渡莉」「瑠璃光」

ともにお安いお値段で

体験させていただいたので

自分なりにまとめてみる。

 

hatori.jp

rurikoh.jp

 

てはまず先に「葉渡莉」から。

 

アクセス

いずれも共通ながら事前予約無くとも最寄り

北陸線加賀温泉駅から1時間おきに無料の

送迎バスが2館共通して運行されている。

これにあわなければ間30分挟んでの

送迎も可、その場合は事前予約必須。

駅から15分少々、遠くに見える雪山を

眺めながら夕暮れの田んぼ道をすすむ。

 

f:id:tetsu7906:20200408050458j:image

 

外観はこれ。

だれがどうみても雰囲気がある。

これぞ「旅館」というにふさわしい

ぼんやりとしたぬくもりある照明。


f:id:tetsu7906:20200408050411j:image

 

何ら加工した写真ではないのだが

なんとも美しい。


f:id:tetsu7906:20200408050508j:image

 

フロント前。


f:id:tetsu7906:20200408050606j:image
f:id:tetsu7906:20200408050505j:image

 

お泊りは最安値と思われる

「シングル和洋室」コンセプトは

ホテル感覚で泊まれる温泉旅館。


f:id:tetsu7906:20200408050513j:image
f:id:tetsu7906:20200408050534j:image

 

ちょっとしたテーブルもあるので昨今

推し続けている、巣ごもりテレワークにも

向いている。疲労がたまればすぐそこ・・・。そうここはホテルではない。


f:id:tetsu7906:20200408050430j:image
f:id:tetsu7906:20200408050556j:image

 

館内案内図。

ちょっと歪なつくりをしているのが特徴か。

大浴場は2か所設けられている。


f:id:tetsu7906:20200408050537j:image

 

お湯の歴史その成分等はこちら。

 

f:id:tetsu7906:20200408050631j:image

 

2Fにあるこちらのお風呂は。

シンプルな内湯、

さほど特徴はないが綺麗に整えられている印象

(※毎度すみません誰もいない事をしっかり

確認したうえで撮らせていただきました。)


f:id:tetsu7906:20200408050628j:image
f:id:tetsu7906:20200408050434j:image

 

続いて1Fフロント付近にある

「九萬坊の湯」


f:id:tetsu7906:20200408050523j:image

 

この眺望それは脱衣所から。

テンションのあがる風景ではないだろか。

すごくこの辺りの見せ方が

上手なよろずや観光さん

バスタオルはお風呂で

お好きなようにのスタイル。


f:id:tetsu7906:20200408050640j:image

 

風情ある大きな

桶型の露天風呂。

これが日差しと植物、木造の屋根と

マッチして目にも体にも癒しの効果がある。


f:id:tetsu7906:20200408050603j:image

 

広く、美しく、大きな浴槽

否定的な言葉は見当たらない。


f:id:tetsu7906:20200408050611j:image
f:id:tetsu7906:20200408050516j:image

 

湯上りにはフリーのジェラートサービス。

こういうちょっとしたお心配りは

じわりと効いてくる。


f:id:tetsu7906:20200408050452j:image

 

夜は一向一揆のパフォーマンスを

お楽しみいただけます。2館共通。


f:id:tetsu7906:20200408050418j:image
f:id:tetsu7906:20200408050448j:image

 

続きまして「瑠璃光」へ。

  

同じく送迎バスにて。

f:id:tetsu7906:20200408050441j:image

 

こちらは何しろ広いそんな印象

古さが少し葉渡莉よりあるかな

と言った感じに見える。

ただ旅館らしいお出迎えやご案内が

しっかり丁寧な言葉を添えられていて

日本人が日本の宿に来たことを

改めて感じられる。


f:id:tetsu7906:20200408050520j:image

 

部屋はAタイプ。一般的なツインルーム。

ビジネスホテルとそれは変わらない。


f:id:tetsu7906:20200408050615j:image
f:id:tetsu7906:20200408050625j:image
f:id:tetsu7906:20200408050415j:image

 

特段特筆すべきこともないが

眺望的に駅前の例の観音様

横目でちらりとこちらをうかがっている。

 


f:id:tetsu7906:20200408050529j:image

f:id:tetsu7906:20200408050526j:image

 

こちらの方が大型の各種エンターテメントが

整ったホテル宴会向けなのだろうか。

と言った内容のフロア案内。


f:id:tetsu7906:20200408050437j:image
f:id:tetsu7906:20200408050540j:image

 

お風呂へ。

葉渡莉に引けを取らないというより。

タイプは変わらず

脱衣所に入った瞬間心躍るタイプのつくり。

するどい演出の旅館です。


f:id:tetsu7906:20200408050455j:image

 

それと何よりやはり

照明の演出が上手です。


f:id:tetsu7906:20200408050600j:image

 

夜はお風呂・温泉であることを

忘れてしまうぐらい

おしゃれ空間に変わる。


f:id:tetsu7906:20200408050553j:image

 

露天風呂で繋がる回廊。たまたまこちらも

他のお客がおられなかったので

殿様気分を味合わせていただきました。


f:id:tetsu7906:20200408050636j:image
f:id:tetsu7906:20200408050444j:image
f:id:tetsu7906:20200408050425j:image
f:id:tetsu7906:20200408050545j:image

 

アルカリ性単純温泉


f:id:tetsu7906:20200408050645j:image

 

こちら同じくあります湯上りサービス。


f:id:tetsu7906:20200408050422j:image

 

違いは大浴場が1つであること、

しかしこちらはそれを補う

足湯庭園があり。


f:id:tetsu7906:20200408050549j:image

 

ちなみに姉妹館だけあって

相互にお風呂は徒歩5分少々で行き来して

利用が可能となっている。

 

チェックインは15時から、

アウトはややゆとりの11時まで。

 

今こそこんな時だからこそいつも以上に

ゆったり過ごせるニッポンの本来の姿を

現した旅館。3密を意識しておだやかな

巣ごもりをしてみてはいかがだろうか。

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com