LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

タイトルなき悲しい旅の記録⑪

 

これはタイトルなき

悲しい旅の記録である。

 

ただその記録は残念ながら

途中で途絶えた。

  

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

バンコクに無泊のはずが

結果2泊3日の滞在となる。

 

f:id:tetsu7906:20181006192845j:image

 

お世話になってますこの

ドミトリーベッドに別れをつげ。


f:id:tetsu7906:20181006192835j:image

 

出国カード回収されたままでいたにも関わらず

事情を理解して泊めてくれたフロントに

礼をし旅立つ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

というより帰国路につく。

 

いつも格安でありがとう。


f:id:tetsu7906:20181006192839j:image

 

2日前に降り立ち同日に打ち返された

スワンナに3度訪港。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

問題はない。

何も悪いことはしていない。

ただ疑われただけ。

  

 

それでも気になるチェックイン。

ちょっトラウマ。


f:id:tetsu7906:20181006192950j:image

 

例のごとくチェックインの混雑はない。

前日片道購入のフルキャリアで12000円

飛ばせてくれる

良心的航空会社エアマカオ

関空マカオ便以来のまさかの再会。

 

聞かれたのはマカオから先の足。

香港からのジェットスターの乗り継ぎの

予約画面をスマホ画面で見せる。

同日かといったところにちょっと驚くも

問題なくチケット発券。

 

まず第一関門クリア。

  

 

続いて出国審査。

 

タイの入国で渡される出入国カード。

出国カードは本来はキープして出国時に

パスポートと一緒に提出する。

これがルール。

 

しかし1回目の出国(普通の人は2回もしない)で回収されたまま、取り消しにあったため

そのまま出国カードなしのまま

ほったらかしという具合なのである。

 

それこそここが本来の経由地のチリで

あったなら大変な話であるが、ここアジア・

タイ王国では普通に亡くしたと言えば

用紙を出国前イミグレでもらえる。

 

なぜ出国を2日前に取り消されたか

をとがめられることなく

 

無事第二関門クリア。


f:id:tetsu7906:20181006192933j:image

 

思ったよりスムーズにことは進み、

行きつけになりつつあるオマーンラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20181006192822j:image

 

昼前のこの時間。利用客はほぼいない。


f:id:tetsu7906:20181006192830j:image

 

バンコクにいることを

感じさせない食べ物と内装。

経由地に中東は含まれていなかったものの

ちょっとした旅の続きの妄想が出来る

悲しい現実。


f:id:tetsu7906:20181006192825j:image

 

デーツにアラビックコーヒー。

ドバイで頂いて以来だろうか。


f:id:tetsu7906:20181006192947j:image

 

こんなしゃれたフルーツの盛り方は

セレブ仕様。


f:id:tetsu7906:20181006193006j:image

 

ということでこちらはハラル限定。

テルモーニングと機内ランチの合間の

食事を済ませる。


f:id:tetsu7906:20181006192944j:image

 

ラベルの一番下の国名に

異常な腹立たしさを覚える。


f:id:tetsu7906:20181006192940j:image

 

それらしいお客さんも珍しくおられた。


f:id:tetsu7906:20181006192937j:image

 

御覧のように一通りそろった設備。

そしてやや他のラウンジからすれば

小さめだが混雑はない分ゆったり過ごせる。


f:id:tetsu7906:20181006192959j:image

 

ついでのその近所、搭乗口的にも最後の

経由地こちらも行きつけのラウンジ。


f:id:tetsu7906:20181006193003j:image

 

ここの良さは、窓があってゲートも

誘導路も見られるところかもしれない。

しかし欧米的オーラ満載さは否めない。


f:id:tetsu7906:20181006193024j:image

 

そして向かう。

搭乗口。

  

 

果たして

 

続く。