LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

JAL&スクートで行くバンコク近郊の小旅行⑧(カンチャナブリーバンコク)

 

エアコンなし。下等線路等級の悪路を東へひた走る。

 

 

窓は全開、扇風機がくるくる。そんな車内。

 

f:id:tetsu7906:20180625102228j:image

 

途中駅で貨物列車の行き違い。

いわゆる人様よりお荷物が優先というダイヤもあったり。

最初から正確さや速さを求めなけば自ずとストレスもたまらない。


f:id:tetsu7906:20180625102145j:image

 

レトロな手信号をだす駅長?らしきひと。

絵になる風景を一枚撮らせていただきました。


f:id:tetsu7906:20180625102133j:image

 

到着もほぼ定刻。素晴らしい出来。トンブリー駅はこんな感じ。


f:id:tetsu7906:20180625102157j:image

 

比較的近代的なつくり。バンコク西のプチターミナル駅といったところか。

 

 

駅前の賑わいをすり抜けさらに東へ歩くこと15分ほど。

病院のような建物の間をぬって進むとチャオプラヤーにぶちあたる。


f:id:tetsu7906:20180625102125j:image

 

「N11トンブリーレールウェイ」乗り場から乗船。

直線で進めば宿まで早いが徒歩時間とややこしい話はさけたいので公共交通で無難にすすむ。南下して「サターンタクシン」BTSに乗り換える。


f:id:tetsu7906:20180625102141j:image

 

南向きならどれに乗っても問題なし。


f:id:tetsu7906:20180625102209j:image

 

上流側から乗った分座れるも。

18時過ぎの帰宅ラッシュ徐々に船内は満員になっていく。


f:id:tetsu7906:20180625102216j:image

 

夕暮れのBTS駅から高速道路を1枚。こちらも夕方の帰宅ラッシュ開始の様相。

BTS車内もラッシュタイム。夕方のさらなる増結増発を求む。


f:id:tetsu7906:20180625102203j:image

 

行きつけ。といって2回目の宿泊「THE POSH パヤタイ」

19時過ぎに到着。

 

 

圧倒的パヤタイ駅からの近さは健在。2000円以下で泊まれる綺麗なドミトリー。

そして朝食がおいしい。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

5分ほど待ってチェックイン。2回目の事を伝えてご案内は省略。


f:id:tetsu7906:20180625102117j:image

 

今回は下段。御覧の用意とっても清潔感のあるシーツ。

 

そして日本を夕方に出発した友人と合流。深は便の疲労の早めの就寝。

 

f:id:tetsu7906:20180625102137j:image

 

7時からの屋上階「デッキ」での朝ごはんをいただく。

バンコク「母ご飯」とでも言おうか

きっちり時間に間に合うように段取りしてくれている。


f:id:tetsu7906:20180625102224j:image

 

アジア系。

ある1国に限定されるかもしれないがその宿泊者数がなんとなく増えた気がする。

そう感じるバンコクの朝。


f:id:tetsu7906:20180625102121j:image

 

一杯目のコーヒーで目を覚ます。


f:id:tetsu7906:20180625102150j:image

 

シンプルで程よい朝ごはん。連泊すれば飽きるが単泊者にはちょうど良い。


f:id:tetsu7906:20180625102154j:image

 

梨の香りのするライチ。個人的感想。

コックのおばちゃんとこれおいしい。言いながらつまんでいく。

 

7時半には宿を出発。

 

宿から概ね3kmほどの距離にあるフワランポーン駅向かう。

 

バンコクのタクシー料金の目安。あくまで目安。

 

f:id:tetsu7906:20180625102242p:plain

 

宿の前にで朝通のタクシーを拾うもどれもこれも300バーツでふっかけてくる。

想定通りの渋滞を理由に。それが定価と言うのならしかたない。

 

日本より高額タクシーには乗らない。

 

BTS&地下鉄で迂回して向かうことを決断。


f:id:tetsu7906:20180625102220j:image

 

かくしてフワランポーン駅に到着。

 

 

続く。