LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

関空ーバンコク往復レガシー14000円。④(近所ぶらりジムトンプソン編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ドミトリーにしては客層の

良いとても静かな環境。

 

 

ぐっすり眠って7時前に起床。

参考までにシャワーはこんな感じ。

とても清潔感もあり全く問題なし。

スペースもしっかりありドミトリー系に

有りがちな窮屈さはない。

 

f:id:tetsu7906:20180329160505j:image

 

南国の朝。やや涼しい、

昨夜のオープンデッキの朝は

こんな感じになる。

正面に見えるのがジャグジー

ここも大変手入れが行き届いていて

気持ちよく利用出来る空間。

 

f:id:tetsu7906:20180329160605j:image

 

こんな具合に

洋風なようで仏教国

らしい部分も一部垣間見れる。

 

f:id:tetsu7906:20180329160641j:image

 

注目の1泊税込み2000円

以下のお宿についてくる朝食。

ブッフェ形式セルフサービス。

主なものを集めて撮ってみる。

素晴らしいパフォーマンス。

目玉焼きはおばちゃんが朝からたくさん

焼き上げている出来立てをいただける。

へたすれば、これだけで朝食代として

2000円徴収する国もある。

大満足のバンコクモーニング。

 

f:id:tetsu7906:20180329160719j:image

 

日の出のバンコク

ホテル自体の正面は西側を向いているので

裏手側からじわりと昇る太陽。

 

バイヨーク スカイ ホテル | バンコクナビ

 

ここから気温は急上昇。

 

f:id:tetsu7906:20180329160823j:image

 

食後のコーヒーもセルフサービス。

3ヶ国表記。

こんな感じにファミレスのドリンクバークラス

の飲み物が常時自由に利用できる。

 

f:id:tetsu7906:20180329161001j:image

 

ゆったりとした朝を迎えて午前9時前。

猛暑が襲ってくる前に近所をぶらり。

ホテルの玄関の扉を開けると

フルーツのカット売りのおばさん。

準備中の前を通過。

 

f:id:tetsu7906:20180329161027j:image

 

道路を挟んで向かいに地元の子供が

モーニングしているちょっとした屋台がある。

 

f:id:tetsu7906:20180329161124j:image

 

BTSの高架下に沿って南下していく。

基本セブンイレブン前では移動式屋台が

便乗して出店しているスタイル。

 

f:id:tetsu7906:20180329161226j:image

 

トゥクトゥクの路駐。

いい感じに年期が入っている。

 

f:id:tetsu7906:20180329161230j:image

 

汗だくで歩くこと徒歩20分。

BTS駅数にして3駅。

一応お初のタイのシルク王

「ジムトンプソンの家」に到着。

 

www.bangkoknavi.com

 

f:id:tetsu7906:20180329161259j:image

 

入り口受付で150B支払い、

こんなレシート兼入場券兼ガイドを渡され

奥のほうへ案内される。ということで9時半の

日本語の回になった模様。

 

f:id:tetsu7906:20180329161340j:image

 

家の前で待つこと10分ほど。

日本人5人程が固まり日本語堪能な

ガイドさんのもと30分少々の

ミニツアーをしてもらう。

  

 

友人一押しということだったが確かに

下手な寺院にお金をだすより価値ある

観光地に感じた。何よりも一つ一つ意味が

わかるのがありがたい。

 

f:id:tetsu7906:20180329161409j:image

 

写真は基本NGなので

とにかく行ってみるしかない。

中国や欧州から渡ってきたもの代物や、

その融合されたもの。

それらをうまく組み合わせたインテリア

だったりがうまく家の中で調和されている。

 

結構当たりな観光地であった。

  

 

続く。