LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

シンガポール航空激安ビジネスクラスその後について。

 

ここでシリーズを

一旦中断。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

冷めないうちに

半月ほど前?の話をぶり返す。

 

f:id:tetsu7906:20180312175832j:image

 

世間を騒がせた

[シンガポール航空就航50周年企画]

 

まさかの

 

関空シンガポールビジネスクラス往復76000円!

(※アプリ購入価格)

 

f:id:tetsu7906:20180312172846j:image

 

今もこうやって表記されている。

世間はなぜ関空だけ激安

話題騒然となった。

 

  

各地で複数のネットの紹介で広まり一気に直接サイトでその価格が消失した。

推定だが確かにあるネットニュースが出る前にはその存在を認めていた。

 

その後、

 

スカイスキャナー

関空シンガポール往復」

ビジネスクラス

「5月GW明け」

検索をかけてみると。

 

f:id:tetsu7906:20180312173739p:image

 

こんな感じの結果が他の日程も含めて5月中いくつも現れる。

 

  

確かに安いが定価はあくまで直接サイトのアプリ価格を意識してしまう。

 

直接サイトからの76000円の消失直後は海外複数の旅行会社も今よりやや低価格の80000円少々で売り出していたが、

いまは見る限りほぼ90000円前後のこの1社。

 

  

きっと50周年を記念して

日本人に向けにご招待価格できっと提供されたのだろうと信じる76000円

 

 

話をもどし

 

検索を進めて行くと。

 

f:id:tetsu7906:20180312174218j:image

 

しっかり。

 

f:id:tetsu7906:20180312174257j:image

 

とある1社につながり

 

f:id:tetsu7906:20180312174402j:image

 

内訳が、表示され

 

f:id:tetsu7906:20180312174442j:image

 

購入情報入力へと移っていく。

  

その後今はなぜか、

スカイスキャナーで表示されないが、

とある1社の旅行会社から

直接検索をかければ、

しっかり各日5席程度残数が確認できる。

3/13  12時現在

 

f:id:tetsu7906:20180313125449j:image

f:id:tetsu7906:20180313125503j:image

f:id:tetsu7906:20180313125519j:image

 

 

しかしほんの少し前は公式価格で

あくまで76000円!

で売られていたことを。

これは紛れも無い事実。

 

忘れてはいけない。

 

 

ここからは想像の世界。

あくまで妄想する。

 

もしかすれば、この航空券はシンガポール航空がまったく別件で、ある旅行会社に、卸している商品なのかもしれない。

 

仮にもしこの価格に満足し購入しても、最初に直接サイトから買った10000円以上安く買えた人があなたの隣に座っているかもしれない。もしかすれば日本発着なのに第三国の乗客であふれているかもしれない。

 

それでもよければ買いであろう。

 

しかしもし!

 

この価格で売れなければきっと隣に座っている人より

さらに安く乗れるチャンスがあるかもしれない。

 

全ては想像であるがそこに現実がある。

  

 

そんな話である。全ては想像の世界。