LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

エアアジアに続くスクートで行くホノルル計画。とうとうコミコミ2万円以下。

 f:id:tetsu7906:20171212205216j:image

 

LCCホノルルシリーズ激化している。

 

 

以前のエアアジア往復22000円がもはや並みの数字に見える。

以下参考。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

では本題へ。

 

今月の12月の2日3日と大阪梅田でスクート

関空ーハワイ線シンガポール線」就航に向けたイベントを開催。

 

www.traicy.com

 

皆様のお目当ては、輪投げに挑戦でで「ホノルル、シンガポール、高雄。それぞれ往復航空券」、または「5000円割引バウチャー」×最大3枚。

 

11時にイベントを開催してVRでの機内体験や写真撮影をした後、メールアドレス等を登録して輪投げに挑戦。

 

説明では目玉のホノルル往復をプッシュしてくるが、ここは選択肢の広がる1枚5000円バウチャー狙い。

 

3回投げられる輪投げバウチャー狙いでで2回成功。

 

5000円×2の10000円バウチャーを入手。

 

ちなみにホノルル。前回のエアアジアの航空券代の内訳を表記

 

f:id:tetsu7906:20171212204809j:image

 

総額22000円支払って航空券価格は10160円。

その他諸税と手数料。これが大きい。現代社会の航空券。

 

恐らくは仮に「ホノルル往復航空券」を入手しても・・・ということが想定された。確かに最安値は、狙えるが。今回は、バウチャー重視。

 

いま、なぜかあまり国内向けに告知されていないスクート、関空ホノルル片道11000円諸税含むセール。

 

f:id:tetsu7906:20171212200215p:plain

f:id:tetsu7906:20171212200227p:plain

 

この沢山選択肢がある航空券から往復選べば22000円

これに手数料800円×2で1600円。

 

総計23600円に。

 

これに先ほどの5000円バウチャーを使うと。

 

ホノルル往復総額18600円の航空券が出来上がる。

 

※バウチャー無しの就航記念セールでは予約手数料ありで20000円オーバー。

 

www.lccstyle.com

 

このバウチャーを使えば、もはや関西ーホノルル往復には20000円かからないのである。

 

スクートの往路

 

関空発時間は18:50と深夜発のエアアジアに、比べればやや劣るも現地には朝7時には到着。初日はフルに活用出来る。

 

スクートの復路

ホノルルを9:35に出発、ややもったいない気もするが、その分関空には翌日14時に到着。

 

西わまりの時差ボケ修正の時間としてはしっかりとれる。

 

 

前向きに考えて決して悪くない時間。

 

メリット、デメリットはスケジュール的にはそれぞれある。

 

 

最大のポイント

A330の横9列仕様か。B787の横9列仕様か違いに尽きる。

この点をスクート・ホノルル便は激しくアピールし続けているのは言うまでもない。