LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

JAL事情による欠航フライト~そして振替他経路フライトへ!~(マイルの錬金術)※修正有り

 

※※※

ごめんなさい(2021/1/13以前読まれた方)

マイル加算率について修正してます!

 

⬇️再更新追記(2021年2月2日)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

続・アロフト

 

東銀座 to 羽田空港

 

f:id:tetsu7906:20201112082553j:image

 

乗車時間はわずかに

30分という点では空港アクセスにも

抜群のホテルでもあるわけで。


f:id:tetsu7906:20201112082607j:image

 

第2ターミナル

相変わらず見るに耐えない国際線出発ご案内


f:id:tetsu7906:20201112082526j:image

 

地域共通クーポンの消化に努める

空港センターに陣取る

日本人殺しワード

「限定」セレクションコーナーに

飛びつく!


f:id:tetsu7906:20201112082511j:image
f:id:tetsu7906:20201112082459j:image

 

流行りのラウンジカレーとは言わずとも

よりリアルな機内食

プロがつくるカレー」

行ってみる。


f:id:tetsu7906:20201112082626j:image

 

続いてちょっとややこしい(変態)航空券を

 

www.jal.co.jp

 

JGPの家(ファーストクラス

チェックインカウンター)で発券


f:id:tetsu7906:20201112082507j:image

 

千歳発羽田

トランジット伊丹行き

道中でみたあの悪夢よりはかなりの

改善が見られました!

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

しかしどう見ても対岸の

国際線ターミナル(現3タ)

ただの墓場にしか見えない雰囲気


f:id:tetsu7906:20201112082518j:image

 

さぁこの度もご利用は

フラッグシップ機A350again!


f:id:tetsu7906:20201112082522j:image

 

並ぶフラッグ、伸びる主翼は美しく。


f:id:tetsu7906:20201112082543j:image

 

曇り空でも

サングラススタイルは欠かさない

それがAirbus350


f:id:tetsu7906:20201112082533j:image

 

という事で今回のチケットは

こちら↓↓↓


f:id:tetsu7906:20201112082559j:image

 

乗り継ぎ2枚

1行程のフライト。


f:id:tetsu7906:20201112082537j:image

 

原型はこちら↑

なんの変哲もないウルトラ先得

激安片道航空券「羽田→関空行き」

 

www.jal.co.jp

 

これが日本航空側事情】

により欠航!ゆえに※他経路(乗り継ぎ)有り※

の航空券に変更可能との事で

 

沖縄那覇経由に変更!

というお話です。

 

 

もちろん5830円のチケットに

キャンペーン中

eJAL1000ポイント付き


f:id:tetsu7906:20201112082503p:image

 

加えて本質、確信はここ。

その距離は本来フライトの

数倍のマイル数に膨れ上がる事は

言うまでもなく、これまで再三ご紹介の

JGP基本プラス105%加算組

には絶句してしまうような

変態航空券に化けるのである

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

さてその数値は後ほど。

 

少雨の機内カメラスタンバイ良し!


f:id:tetsu7906:20201112082456j:image

 

足回り、バードモード共に良し!


f:id:tetsu7906:20201112082613j:image

 

サヨナラ首都!

力の限り遠回りへ、TAKE OFF!・・・。


f:id:tetsu7906:20201112082616j:image

 

あっと言う間に快晴の、お空に

クラシックwithおいしいコーヒーフライトへ


f:id:tetsu7906:20201112082530j:image

 

機内アナウンスでいうところの

出発地の天候は。

とは言いませんがにわか雨13度


f:id:tetsu7906:20201112082514p:image

 

変わりまして到着地の気温は

晴れ時々曇りダブルスコア越え28度!


f:id:tetsu7906:20201112082540j:image

 

説明不要のサンゴ礁の島々へ


f:id:tetsu7906:20201112082629j:image

 

この南国な日差しを浴びて

絶好調の大きな鳥に乗って降り立つ。


f:id:tetsu7906:20201112082619j:image

 

足回りが本当に美しい。


f:id:tetsu7906:20201112082556j:image

 

華麗なる晴天の島に上陸!


f:id:tetsu7906:20201112082610j:image

 

誇らしげなタキシング


f:id:tetsu7906:20201112082623j:image

 

そして乗り継ぐおよそ4時間

注:決して修行僧ではございません。

 

JGPになるにあたってもこんなスタイルの

フライトを差し込んだ記憶はありません。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

しかし来てしまったからには

時間は有効に使いたいトラベラー。

 

バスの待ち時間

アライバルカードラウンジへGO!


f:id:tetsu7906:20201112082603j:image

 

マンゴージュースを流し込む


f:id:tetsu7906:20201112082546j:image

 

順不同で良し。


f:id:tetsu7906:20201112082550j:image

 

時短のため、続け様同じく

ソーキそばを流し込む!

 

f:id:tetsu7906:20201112082940j:image

 

今回リゾートライナーやら

市内経由普天間方面ではなく。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20201112082932j:image

 

到着1F出てすぐ乗り場4番!


f:id:tetsu7906:20201112082957j:image

 

あしびなー線に乗車!

www.jorudan.co.jp


f:id:tetsu7906:20201112082929j:image

 

半袖全開の地、申し分無しの冷房車内


f:id:tetsu7906:20201112083016p:image

 

アウトレットを経由しまして

終点「イーアス豊崎まで乗車!

 

kariyushi-aquarium.com


 

「DMMかりゆし水族館」

で水槽を眺めている時間は

 

ございません!


f:id:tetsu7906:20201112082950j:image

 

「オリオンECO美らSUNビーチ」到着!


f:id:tetsu7906:20201112083000j:image

 

「日本は広い!」

そう呟いて空気を深く吸い込めば

それで成立する弾丸トリップ

 

非日本的非日常

 
f:id:tetsu7906:20201112083012j:image

 

折り返す。

後は頼まれ物のお土産を買い込み。


f:id:tetsu7906:20201112082923j:image

 

ダイヤモンドプレミアラウンジ梯子。

カレーパン個包装復活祭

を執り行い


f:id:tetsu7906:20201112082953j:image

 

沖縄そばの日」

東京から駆けつけ寄り道参加し


f:id:tetsu7906:20201112083020j:image

 

JTA関空行き最終便定位置に着席


f:id:tetsu7906:20201112082936j:image
f:id:tetsu7906:20201112082943j:image

 

マンゴー✖️そば✖️ビーチ

以上で撤収!


f:id:tetsu7906:20201112083009j:image

 

夜の母港。

堂々すかすかの1タ側へ早着陸!


f:id:tetsu7906:20201112082926j:image

 

未だ開かれぬ


f:id:tetsu7906:20201112082947j:image

 

扉、封印が解かれる

その日の願いを込めて


f:id:tetsu7906:20201112083004j:image

 

終わるその国内トランジットフライトは

驚愕の変更後マイル加算率はまさかの

 

100%✖️ 修正⬇️

正しくは75%

もと予約クラスが正当

 

追記(2021.2.2)

さらに、修正JMBがコールセンター

最初の回答(取り扱い誤りではなく)

担当者の裁量・判断によるが正当と

思われる?(間違いすぎなため?)

 

真相は不明…

 

5000円以下の航空券に

3500✖️ 

3080マイル付与正当!

 

※※※

であったとの事。

チェックイン時に取り扱い誤りがあったという事です。

 

f:id:tetsu7906:20210111050034j:image

 

それがこのマイルの錬金術のお話

 

 

【アロフト東京銀座】噂のSNS映え映えマリオット系ホテル

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

まるで国内とは思えないような

パープルカラーの看板

それがこれ。

 

f:id:tetsu7906:20201111192621j:image

 

「アロフト銀座東京」

お花が飾っておりますのは

出来立てほやほやホテルの証明。

丹波に続いての新装開店ホテル


f:id:tetsu7906:20201111191913j:image

 

宇宙船のようなフロント。


f:id:tetsu7906:20201111192047j:image

 

1階のバー。

どこをどう撮ってみても。


f:id:tetsu7906:20201111192517j:image

 

映える。

※ちなみに夜は絶好調営業中に付き

早朝こっそり撮影。


f:id:tetsu7906:20201111191830j:image

 

こういう非日常空間を求めて

人々は生きているのです。


f:id:tetsu7906:20201111192437j:image

 

何の変哲もないビリヤード台。

センスの問題です。


f:id:tetsu7906:20201111192349j:image

 

角度の問題です。


f:id:tetsu7906:20201111192308j:image

 

朝は朝で有りな空間、そんな価値観。


f:id:tetsu7906:20201111192611j:image

 

ということで時系列が前後しました。

チェックインのウェルカムギフト。

していただけるレベルまで無事昇格しました。

本日がそのご利用2回目。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20201111192148j:image

 

チェックインを済ませて

薄暗いエレベーターで客室へ。

もう完全にモクシー&中部国際

シャラトン系の雰囲気。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20201111192313j:image

 

その扉を開けるとちらり。


f:id:tetsu7906:20201111192339j:image

 

十分な広さのウェットエリア。

これ銀座です。


f:id:tetsu7906:20201111192305j:image

 

最近多い浴槽無しのシャワールームのみ。


f:id:tetsu7906:20201111192408j:image

 

そしてこれサヴィーツインルーム。

大きめの客室。


f:id:tetsu7906:20201111192532j:image

 

小さな窓にかかったテレビ、その奥に・・・。

ハイレベルな夜景。


f:id:tetsu7906:20201111192447j:image

 

紙コップでモバイル用

コーヒーセットがあるセンス。

これは斬新。やはり都市で働く人は

アクティブであることを示している。


f:id:tetsu7906:20201111191856j:image

 

こういうホテルロゴ入りスリッパ。

これ大事なことなんです。

やっぱり系列でも独自性を感じたい

プラチナ2泊目新人会員。


f:id:tetsu7906:20201111191833j:image

 

アメニティは。鏡の横の袋に。


f:id:tetsu7906:20201111192429j:image

 

収まっております。


f:id:tetsu7906:20201111191819j:image

 

そしてそのシティビュー。

東銀座から西側を眺めております。


f:id:tetsu7906:20201111192141j:image

 

若干ビルが重なるも有楽町・丸の内の夜景

プチ摩天楼間を発揮しております。


f:id:tetsu7906:20201111191934j:image

 

室内灯を完全消灯して

街の明かりを楽しみますとこれ。


f:id:tetsu7906:20201111192134j:image

 

テレビの画面に応じて

夜景も変わるそんな素敵なお部屋

なっております。


f:id:tetsu7906:20201111192403j:image

 

これぞマリオット力。

毎度どこに行っても恐れ入ります。


f:id:tetsu7906:20201111191853j:image

 

いわゆるルーフトップバーへと


f:id:tetsu7906:20201111192616j:image

 

足を運んでみる。


f:id:tetsu7906:20201111192418j:image

 

雨天により営業は終了でしたが。


f:id:tetsu7906:20201111192318j:image

 

やはりその解放感尋常じゃなく。


f:id:tetsu7906:20201111192152j:image

 

こちらも申し分のない映え映えスポット。


f:id:tetsu7906:20201111192325j:image

 

翌朝もすっきりとはいかず。

気分が晴れるような

シャーベット画面とのギャップ。


f:id:tetsu7906:20201111192506j:image

 

モーニングティータイムを済ませて。


f:id:tetsu7906:20201111191825j:image

 

おしゃれ壁紙を眺め。


f:id:tetsu7906:20201111192606j:image

 

フィットネスで本日は、朝ラン。


f:id:tetsu7906:20201111191900j:image

 

こちらはお隣オープン前の朝食会場。


f:id:tetsu7906:20201111191849j:image

 

やや狭い感じも否めないものの。


f:id:tetsu7906:20201111191908j:image

 

十分な設備の整ったジムで。


f:id:tetsu7906:20201111192330j:image

 

代謝をあげます

昭和通りビュー。


f:id:tetsu7906:20201111192359j:image

 

さあ胃袋の準備は万端!


f:id:tetsu7906:20201111192129j:image

 

ミニ盆栽をテーブルに置いちゃう余裕。


f:id:tetsu7906:20201111192321j:image

 

採算に見合う十分な朝食を


f:id:tetsu7906:20201111192353j:image
f:id:tetsu7906:20201111192155j:image
f:id:tetsu7906:20201111191814j:image
f:id:tetsu7906:20201111192125j:image

 

 流し込み。撤収!

 

お支払い総額は12100円

GOTO割引4235円

地域共通クーポン2000円で半額以下。

3900ポイント獲得、朝食2名分

 

実質無料のコロナマジック。

 

完結。

 

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

【ホテルサニーバレー(栂池高原)】白馬to栂池梯子宿泊。

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

収穫を終えた田畑に

映える青い空。

 

行きつけホテルチェックアウト後

ぶらり白馬歩き。

 

f:id:tetsu7906:20201105051843j:image

 

スノーピークグランド

ステーション白馬」

 

www.snowpeak.co.jp

 

バス停でバス待ち。

 

ではなく。


f:id:tetsu7906:20201105051648j:image

 

ちょっと寄り道、正確には時間調整。


f:id:tetsu7906:20201105051656j:image

 

圧倒的にコーヒーの旨味が増す

であろうスタバで。


f:id:tetsu7906:20201105051831j:image

 

北アルプスのおいしい空気

シアトル系コーヒー

 

共演です。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20201105051652j:image

 

皆さま若干雲りがちながらも

八方尾根の麓の景色とカフィ

堪能されております。


f:id:tetsu7906:20201105051835j:image

 

こういうところに来ると

「生きていくうえでシンプルな事が

いかに大切であるか」

改めて考えさせられるという余談。


f:id:tetsu7906:20201105051846j:image

 

地域共通クーポン消化のため白馬駅へ。

観光案内所でアルピコ交通バスチケットに

利用出来るかと思ったらこの10月当時は

白馬エリアからの発券では利用出来ず。

 

お知らせ一覧 | 長野のバス・鉄道ならアルピコ交通株式会社

 

お土産を調達して中々読めない

 

栂池(つがいけ)高原へ。

 

www.tsugaike.gr.jp

 

いざ出発!


f:id:tetsu7906:20201105051855j:image
f:id:tetsu7906:20201105051858j:image

 

先程のスノーピーク

八方尾根バスタを通過すると

貸し切り回送状態でバスは進む。

 

早朝通過した松川AGAIN


f:id:tetsu7906:20201105051849j:image

 

岩岳ゴンドラリフト前通過。


f:id:tetsu7906:20201105051852j:image

 

高原というか巨大なスキー場エリアへ。


f:id:tetsu7906:20201105051840j:image

 

アルピコ交通様のおかげで

お車無しの旅人も無事栂池へ。


f:id:tetsu7906:20201105051903j:image

 

渋い渋い貫禄のある

「まちてぇ」と言う名のバス停。


f:id:tetsu7906:20201105052820j:image

 

ここからは事前にお電話で

ホテルの方に送迎をしていただけます。

こちらが本日の北アルプス梯子宿。


f:id:tetsu7906:20201105052809j:image

 

お隣小谷(おたり)村にあたります。

ホテルサニーバレーさん。


f:id:tetsu7906:20201105053222j:image

 

ちなみにお値段は・・・。

このようなご縁がござましたので

GOTO(国)×ふるさと(小谷村)×

じゃらん(国?)クーポン

合わせ技で

 

 

プライスレス2食付きで1泊

利用させていただきました。

 

f:id:tetsu7906:20201105053441j:image

 

フロント前玄関には素敵な画と

そのロゴが歴史を伝えるビッグネームの

旅行会社の看板。


f:id:tetsu7906:20201105052921j:image

 

なんとなく長野というかスキー場に

ありそうな温かみのある雰囲気の

チェックインカウンター。


f:id:tetsu7906:20201105052841j:image

 

北の国からに出てきそうな喫茶。


f:id:tetsu7906:20201105052913j:image

 

そんなロビー。


f:id:tetsu7906:20201105052936j:image

 

白馬マリオットとは全く違う世界観で

旅情を楽しめるわけであって。


f:id:tetsu7906:20201105052924j:image
f:id:tetsu7906:20201105052918j:image

 

その客室は。


f:id:tetsu7906:20201105052933j:image

 

ゲレンデ正面ビュー。


f:id:tetsu7906:20201105052157j:image
f:id:tetsu7906:20201105052142j:image

 

十分な寛ぎのスペースがある。


f:id:tetsu7906:20201105052202j:image

 

大手チェーンに流れがちな昨今のGOTO事情

幅広く選択してみるのもいいかもしれません。


f:id:tetsu7906:20201105052148j:image

 

しかしやはり。なかなか切れない分厚い雲。


f:id:tetsu7906:20201105052154j:image

 

雪はかぶっていないものの。

運がよければ北アルプスの山並みが・・・。


f:id:tetsu7906:20201105052145j:image

 

水回りはとってもきれいに。


f:id:tetsu7906:20201105052151j:image

 

そしてこちらでは

お食事がしっかり2食

ついております。


f:id:tetsu7906:20201105052857j:image

 

地元と味を豊富な種類で

がっつり堪能できます。


f:id:tetsu7906:20201105052837j:image

 

やはり山の幸、そしてお蕎麦

鉄板の組み合わせ。


f:id:tetsu7906:20201105052817j:image

 

やはりこの街と言うかこのエリアは

「NAGANO1998」

というブランドを持つ

誇りのある場所だったのだと

教えてくれる一枚のポスター。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20201105052824j:image

 

もちろん。

本日も温泉付きのお宿。


f:id:tetsu7906:20201105052830j:image

 

ラッキーなことにマリオット同様

貸し切り利用させていただきました。


f:id:tetsu7906:20201105052827j:image

 

朝食は至ってシンプルな家庭的な内容。


f:id:tetsu7906:20201105052854j:image

 

少しこのゲレンデの方を歩いてみる。


f:id:tetsu7906:20201105052927j:image

 

んーーー実に惜しい。

空気が旨いのだが視覚的にもその旨味

取り入れたいところ。


f:id:tetsu7906:20201105052900j:image

 

日本で2番目に長いゴンドラ、

栂池パノラマウェイ

 

www.nsd-hakuba.jp

 

こちらで自然園に行くのがこの季節、

この場所の定番観光に当たるらしい。


f:id:tetsu7906:20201105052845j:image

 

若干悩むもこの視界、

天候ということで断念。


f:id:tetsu7906:20201105052903j:image

 

流れる雲とそこに突っ込んでいく

登山者たちを見送りながら

展望スポットで缶コーヒーでも嗜む栂池休暇。


f:id:tetsu7906:20201105052910j:image

 

おしゃれ足湯あり。


f:id:tetsu7906:20201105052834j:image

 

おいしい料理と温泉、

高原の新鮮な空気を吸い込み

撤収。

 

 

恐ろしきタクシー運賃表をちらり。


f:id:tetsu7906:20201105052814j:image

 

国家からお布施をいただき。


f:id:tetsu7906:20201105052907j:image

 

長野セントラルへむかって。


f:id:tetsu7906:20201105052930j:image
f:id:tetsu7906:20201105052849j:image

 

立ち去る。


f:id:tetsu7906:20201105053217j:image

 

blog.nagano-ken.jp


f:id:tetsu7906:20201105053211j:image

 

りんごを手土産に


f:id:tetsu7906:20201105053214j:image

 

絶品シナノスイート。

 

ありがとう北アルプス・長野休暇。

 

完。

 

 

【コートヤード・バイ・マリオット白馬】もはや別荘行きつけ、三度目の正直プラチナデビューはここから。

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

その昔マリオットに

縁もゆかりもなかったころ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

一休経由ですこぶる安くて快適な環境を

提供してくれていた白馬マリオット。

まさかこんな形で

三度訪れることとなろうとは。

 

f:id:tetsu7906:20201028140512j:image

 

この山並み、地元学生の下校風景

なぜか帰ってき来たかのような錯覚に陥る。

 

www.marriott.co.jp

 

紅葉を迎える秋の北アルプス

みそら野地区にひっそりと佇む

隠れ家的ホテル


f:id:tetsu7906:20201028140505j:image

 

もうこのブログ

お読みいただいてる方には説明不要。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

ということで

若干新人プラチナ会員の洗礼

(ゴールドの予約のまま、平日空き有りながらアップグレード無し等)を浴びながらもウェルカム

されましてチェックイン!


f:id:tetsu7906:20201028140526j:image

 

 ここではやはり絶対条件客室温泉!

ベッドから温泉まで軽快なコーナーリング

さえできれば10秒以内にに行き来できる

すぐれもの。


f:id:tetsu7906:20201028140519j:image

 

実りの秋を迎えております。

確かに雪の降る前のファーストピーク

だったのかもしれません、

登山と言うより紅葉客がちらほら。


f:id:tetsu7906:20201028140515j:image

 

セルフバーコーナー。

さっそくのプラチナ祝杯をあげる。


f:id:tetsu7906:20201028140509j:image
f:id:tetsu7906:20201028140502j:image

 

適当につまんで。

地元そば焼酎をたしなむ。


f:id:tetsu7906:20201028140522j:image

 

非地元赤ワインを味わい、

これまでとの違った過ごし方を堪能する。


f:id:tetsu7906:20201028140458j:image

 

さてついでというかメインになりつつある

 

朝RUN

夜明けのとともに本日は


f:id:tetsu7906:20201028140454j:image

 

走路を少々変更しまして

お届け↓↓↓

 


白馬RUN2(秋)

 

f:id:tetsu7906:20201028140926p:image

 

では先立ちまして、

いや今更ですが本日のお代。

総額は5446円のお支払い。

 

コロナ先行き不安期に

仕入れた元値も8378円と格安

これが元値でポイント加算が

4000P共通クーポン1000円

つまりは実質ワンコインで朝食まで付

NOWコロナ。


f:id:tetsu7906:20201028140940j:image

 

木漏れ日的

日差しが差し込む客室。


f:id:tetsu7906:20201028140905j:image

 

では圧倒的差は朝食付きそのお力を・・・。

ラヴァロックへ。


f:id:tetsu7906:20201028140859j:image

 

さすがにマリオットそれもリゾート地の貫禄。

映えるドリンクの並びで

お出迎え。


f:id:tetsu7906:20201028140936j:image

 

この背景に

やってくる食事を待つ。


f:id:tetsu7906:20201028140908j:image

 

初めまして

みそらの別荘地モーニング。


f:id:tetsu7906:20201028140922j:image

 

解説は致しません。

景色とルックスが全てを物語る。

続けざまにけんちん蕎麦的なものを一杯。


f:id:tetsu7906:20201028140902j:image

 

フルグラにフルーツとヨーグルト


f:id:tetsu7906:20201028140916j:image

 

もはやそこらのカフェのパフォーマンスを

凌ぐマシーンからのコーヒーを片手に


f:id:tetsu7906:20201028140912j:image

 

この食事の旨味を増す空間を立ち去り。


f:id:tetsu7906:20201028140919j:image

 

「客室温泉、

コーヒーとわたし。」

をしてしまったあなたはもうこの宿から

立ち去ることは

 

出来ない!


f:id:tetsu7906:20201028140930j:image

 

とはいってはいられず・・・。

現在こちらのホテル、コロナの喚起という

理由でチェックアウトはプラチナ16時には

おそらく非対応の13時までということで


f:id:tetsu7906:20201028140933j:image

 

この旅はもう一つこのエリアの宿

梯子してみる

 

続く。

 

Road to マリオットプラチナ!その全記録~驚愕のコスパここに~

2020年8月19日

チャレンジ宣言!

(※8月15日チャレンジ必須の1泊stayは除く)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

【条件】

宿泊リターンに対する考え方

※マリオットポイント1ポイント1円で計上

※現地特典フル活用して得た分も金額計上

 

ではさっそく

ずらりと並べていく。

 

❶琵琶湖マリオットホテル

2714円

10314円ーGoto3609円

ーマリオットポイント3991

f:id:tetsu7906:20200915085330j:image
f:id:tetsu7906:20200915085332j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

❷❸ウェスティンホテル淡路

3862円(2泊)

7600円ーGotoなしーMP3738

(マリオットポイント以下MP)

f:id:tetsu7906:20200915085702j:image

f:id:tetsu7906:20200915090042j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

シェラトン都ホテル大阪

1544円

15100円ーGoto5285円

大阪いらっしゃい2500P

ーカフェ券1300円ーMP4471

 

f:id:tetsu7906:20200915090352j:image

f:id:tetsu7906:20200915090410j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

❺フォーポイントバイ

シェラトン名古屋中部国際空港

3005円

10435円ーGoto3652円ーMP3778

 

f:id:tetsu7906:20200915091255j:image

f:id:tetsu7906:20200915091309j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

シェラトン都ホテル大阪

1030円

14100円ーGoto4900円

大阪いらっしゃい2500P

ーカフェ券1300円ーMP4370

 

f:id:tetsu7906:20200915091812j:image

f:id:tetsu7906:20200915091831j:image

 

❼モクシー大阪新梅田

3015円

10454円ーGoto3658円ーMP3781

f:id:tetsu7906:20200915091943j:image

f:id:tetsu7906:20200915092001j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

南紀白浜マリオット

1779円

8620円ーGoto3017円ーMP3824

f:id:tetsu7906:20200915092314j:image

f:id:tetsu7906:20200915092328j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

シェラトン都ホテル大阪

(9/13❻と重複1030円)

 

ここまでで9泊17979円 

平均1泊2000円

 

ウェスティンホテル淡路

-901円

3800円ーGoto1330円ーMP3371

 f:id:tetsu7906:20201004161817j:image
f:id:tetsu7906:20201004161824j:image

 

⓫フォーポイントバイシェラトン函館

-1760円

5488円ーGoto1920円ーMP3328

-函館グルメクーポン2000円分

 

f:id:tetsu7906:20201004161821j:image

f:id:tetsu7906:20201004161827j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

ウェスティンホテル淡路

(9/249⃣と重複-901円)

 

 ⓭オキナワマリオット

2522円

10000円ーGoto3500円ーMP3978

f:id:tetsu7906:20201004162029j:image
f:id:tetsu7906:20201004162033j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

13泊目16939円、1泊平均1303円

 

 ⓮モクシー大阪新梅田

1025円

10454円ーGoto3658円ーMP3771

そしてここから

10月突入地域共通クーポン-2000

  

f:id:tetsu7906:20201011203436j:image
f:id:tetsu7906:20201011203424j:image

 

⓯神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ

1603円

11956円ーGoto4184円ーMP4169

地域共通クーポン-2000


f:id:tetsu7906:20201011203432j:image

f:id:tetsu7906:20201011203421j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

⓰フェアフィールド・バイ・

マリオット京都京丹波

1265円

10890円ーGoto3811円ーMP3814

地域共通クーポン-2000


f:id:tetsu7906:20201011203439j:image
f:id:tetsu7906:20201011203429j:image

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

 結果・・・。

16泊総額20832円 

1泊平均1302円!

 

なんと2万オーバー!!と言いたいところ

忘れてはいけないここに。

3箇所滞在ボーナス5000MP加算がある。

 

そうつまり

総額は15832円 

そして1泊平均単価は989.5円

まさかのプラチナチャレンジ2万割れ

それどころか1泊平均単価1000円割れ

この修行を終えたことになる。

 

これが私のマリオット

プラチナチャレンジ

全記録である。

 

【フェアフィールド・バイ・マリオット・京都京丹波(修行Ⅺ)】フィナーレ、プラチャレ感動のゴール宿泊

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

駆け込みプラチナチャレンジ

 

8月下旬に始動。

修行に要した期間は結局2ヶ月に満たず。

 

10月の中旬に差し掛かる前に

その目的を果たそうとしている。

 

残念ながら地域共通クーポンという

15%分

取りこぼしたことにはなるがここまで

実質20000円にも満たない額

ゴールテープを切ろうとしているわけである。

 

※詳細は別途投稿。

 

さてその感動のゴール地点向かう。

嵯峨野山陰線園部駅

 

JRバスに揺られて向かうそのホテルは・・・。

 

f:id:tetsu7906:20201028072643j:image
f:id:tetsu7906:20201028072934j:image
f:id:tetsu7906:20201028072948j:image

 

それはそれは京都のイメージとは

少々異なる山奥にある、

そして残念ながら悪天候

 

 

丹波の山の中を最寄りバス停から

ひたすら歩く事20分!


f:id:tetsu7906:20201028072025j:image

 

その一部が見えてくる。


f:id:tetsu7906:20201028072640j:image

 

道の駅に向かうのに

路線バスアクセスそれが

車亡き修行僧の宿命。

 

ajim.info

 


f:id:tetsu7906:20201028072700j:image

 

どうやらこの丹波の野に

古墳があったその場所に。


f:id:tetsu7906:20201028073003j:image

 

本日のお宿

 

www.marriott.co.jp

 

このチャレンジのフィナーレ

待っているようだ。


f:id:tetsu7906:20201028072017j:image

 

悪天候ながら京の山並み、

雲海とは言い難いながらも山々にぶつかる

雲を眺め幻想的な風景を味わい。


f:id:tetsu7906:20201028073420j:image

 

古墳をぶらり。


f:id:tetsu7906:20201028072006j:image
f:id:tetsu7906:20201028073402j:image
f:id:tetsu7906:20201028071949j:image
f:id:tetsu7906:20201028071946j:image

 

そしてここ。

フェアフィールドへ到着!


f:id:tetsu7906:20201028072703j:image

 

フェアフィールドに始まり

フェアフィールドに終わる。

 

それすなわちプラチャレ、と勝手に迷言

 

 

京都・京丹波店。

本日が開業初日ということで

こちらを選択し華々しく

ゴールド会員とのお別れ


f:id:tetsu7906:20201028071952j:image

 

プラチナ昇格

祝いもかねていただきたいところ!


f:id:tetsu7906:20201028072721j:image

 

晴れていなくとも。

ロビーラウンジはこの緑と

木目調のインテリアの

ベストマッチングがお愉しみ頂ける。


f:id:tetsu7906:20201028072931j:image

 

シンプルに良い!という感想。


f:id:tetsu7906:20201028071943j:image

 

絶対においしいコーヒー

飲みたくなる環境とはこのこと。


f:id:tetsu7906:20201028072021j:image

 

超高速で入れてくれるコーヒー片手に


f:id:tetsu7906:20201028072656j:image

 

色々眺めてみる。


f:id:tetsu7906:20201028072924j:image

 

農業。農作との深い関わりのある

土地というのがわかる。


f:id:tetsu7906:20201028071956j:image

 

いやぁ出来れば緑を眺めながら

デッキで寛ぎたかったところそれはまた

別の機会にとっておくということで。


f:id:tetsu7906:20201028072958j:image
f:id:tetsu7906:20201028072707j:image
f:id:tetsu7906:20201028072731j:image
f:id:tetsu7906:20201028073007j:image
f:id:tetsu7906:20201028073409j:image

 

客室へ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

難波と一緒です。

まさに原点回帰といったところ。


f:id:tetsu7906:20201028072728j:image
f:id:tetsu7906:20201028072040j:image
f:id:tetsu7906:20201028072937j:image

 

全く一緒です!

 

ということで開業記念プラン予約で

エコトートバックをいただきました。


f:id:tetsu7906:20201028072940j:image
f:id:tetsu7906:20201028071959j:image
f:id:tetsu7906:20201028072013j:image

 

合わせて1万少々のプラン。

50%のリターンと4000

近いポイントバック

本日も実質1000円程度の宿泊

ということになります。


f:id:tetsu7906:20201028072653j:image

 

ご当地お菓子も合わせていただきました。


f:id:tetsu7906:20201028072921j:image

 

フェアフィールド新生、

日本各地で一斉に開業それが

マリオット戦略の模様。

それも基本道の駅との併設。


f:id:tetsu7906:20201028073010j:image

 

↓↓↓だそうです。


f:id:tetsu7906:20201028072036j:image

 

あえて言うなら。。。

難波との大きな違い。

 

自箇所ロゴ。

これをもっと押してきてほしかった。

せっかくの「京~とか」ブラント

もっているのに。

 

難波のようにその地名を印字するだけでも

だいぶイメージが変わる。

それがこのフェアフィールドに

期待するゴールド会員最後の感想。


f:id:tetsu7906:20201028073412j:image

 

道の駅をちらりとぶらり。


f:id:tetsu7906:20201028072735j:image
f:id:tetsu7906:20201028072717j:image

 

本日いただきましたおみやはこちらで

400円で販売。


f:id:tetsu7906:20201028072647j:image

 

そして日没後のロビーラウンジ。


f:id:tetsu7906:20201028072724j:image
f:id:tetsu7906:20201028073602j:image

 

昼の方がらしさが出るかなといったところ。

そしてテレビをつけてみますと・・・。


f:id:tetsu7906:20201028073555j:image

 

とりあげておられました

そして悪天候はなおも継続中。


f:id:tetsu7906:20201028073416j:image

 

ちなみにホテルと言えど

飲食施設は一切ございませんので

食料の確保は各自ご自由にのスタイルです。


f:id:tetsu7906:20201028072710j:image

 

エレベーターフロア。

非常に癒される、

空気おいしい指数が高そうな場所。

一目でご理解いただけよう。


f:id:tetsu7906:20201028072002j:image

 

製氷機に電子レンジと

持ち込み食料前提で成り立ってます。


f:id:tetsu7906:20201028072028j:image

 

室内外を並べて撮る。

すごくぬくもりのある雰囲気のあるお宿。


f:id:tetsu7906:20201028071940j:image
f:id:tetsu7906:20201028072713j:image

 

構造は至ってシンプル。


f:id:tetsu7906:20201028073405j:image

 

ということで帰りはここ道の駅から

町営バスで。

※一日数えるほどの本数に付きご注意!

グーグル検索にはしっかり対応。


f:id:tetsu7906:20201028073559j:image

 

京都市街から

離れているようで離れていない

そんな場所。


f:id:tetsu7906:20201028072952j:image

 

バス待ちの道の駅。


f:id:tetsu7906:20201028072927j:image

 

さよならありがとう、

丹波


f:id:tetsu7906:20201028072918j:image

 

バスは貸し切り。


f:id:tetsu7906:20201028072955j:image
f:id:tetsu7906:20201028072009j:image

 

最寄り再び山陰線胡麻駅へ。


f:id:tetsu7906:20201028073013j:image
f:id:tetsu7906:20201028072032j:image

 

コミュニティセンター兼用、

ローカル線にありがちな味のある駅。


f:id:tetsu7906:20201028072944j:image

 

ということで無事これを持ちまして

翌日高速プラチナ反映!!

 

「完」

 

 

※次回その内訳を公開。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

【神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ】プラチナ修行Ⅹ終盤・六甲アイランド温泉ステイ

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

タイトル通りポートライナーにて

六甲アイランドに上陸!

 

f:id:tetsu7906:20201020101243j:image

 

このアイランドのど真ん中に陣取る駅。


f:id:tetsu7906:20201020101740j:image

 

島自体が小さな

コミュニティを持った街。


f:id:tetsu7906:20201020100949j:image

 

その象徴のような形でそびえる


f:id:tetsu7906:20201020101050j:image

 

シェラトン、広場」

と名乗るほどの特別な存在。


f:id:tetsu7906:20201020100953j:image

 

大阪上本町を彷彿とさせるタイプの

古風なシェラトン仕様。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

本日の修行の地↓↓↓


f:id:tetsu7906:20201020100859j:image

 

だいたいこの手のシリーズに

入っている専用ショップ。


f:id:tetsu7906:20201020101010j:image

 

なんとまぁこんなものまで売られている


f:id:tetsu7906:20201020101502j:image

 

当ブログに再三登場の

シンガポールの高級紅茶「TWG」

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

とうわけでチェックイン!


f:id:tetsu7906:20201020101000j:image

 

説明不要ホテルの歴史をもっとも

わかりやすく伝えるエレベーター度。


f:id:tetsu7906:20201020101006j:image

 

そのフロアは品格がただよい。


f:id:tetsu7906:20201020100930j:image
f:id:tetsu7906:20201020101733j:image

 

客室もクラシックな高級感で溢れる。


f:id:tetsu7906:20201020100843j:image

 

大阪上本町とほぼ同等なお部屋


f:id:tetsu7906:20201020101512j:image

 

ウェットエリアと言っていいでしょう。


f:id:tetsu7906:20201020100817j:image

 

浴槽とシャワーが別になっているという点で

ややこちらにぶんばいが


f:id:tetsu7906:20201020101119j:image

 

シャワー側


f:id:tetsu7906:20201020101003j:image

 

アメニティ群


f:id:tetsu7906:20201020101458j:image

 

アイランドから六甲山

北側山並みが一望できるビュー。


f:id:tetsu7906:20201020101210j:image

 

やや高さ不足ながら

ゆったり寛げるツインソファー有り。


f:id:tetsu7906:20201020101102j:image
f:id:tetsu7906:20201020101721j:image

 

一応

温泉付きリゾート仕様の

シェラトンですという説明書。


f:id:tetsu7906:20201020101021j:image

 

コーヒーはUCC

グラスは結構なこだわり。


f:id:tetsu7906:20201020101605j:image

 

ルームウェアは至って平凡

レイトチェックアウト14時までオッケーの

ゴールドレベル会員も

温泉利用は翌朝火曜日は定期点検で使用不可。


f:id:tetsu7906:20201020100854j:image

 

※温泉ファンの皆様

火曜アウトの方はご注意ください。


f:id:tetsu7906:20201020101725j:image

 

すごくいい感じの

色調のお部屋となっております。


f:id:tetsu7906:20201020101214j:image

 

大きな窓から


f:id:tetsu7906:20201020101539j:image

 

六甲の山並みをゆったりと眺め。


f:id:tetsu7906:20201020101217j:image

 

人工島のリゾートライフを感じる。


f:id:tetsu7906:20201020100956j:image

 

神戸六甲温泉WITH地域共通クーポン!

 

 

本日のお代は

総額11956円対して

-GOT4184円-マリオットポイント4169

地域共通クーポン-2000

=1603円 というお話。


f:id:tetsu7906:20201020101046j:image

 

それなりのお値段。温泉のレベルは


f:id:tetsu7906:20201020101709j:image

 

すこぶる高く、高級感あるラウンジが


f:id:tetsu7906:20201020101252j:image

 

お風呂の手前に十分なスペースで

用意されており


f:id:tetsu7906:20201020101111j:image

 

美術品的なものまで並ぶその余裕。


f:id:tetsu7906:20201020101507j:image

 

湯上り茶と外気に触れられるオープンチェア


f:id:tetsu7906:20201020100824j:image

 

そこで風に当たりながらお茶を嗜むもよし。


f:id:tetsu7906:20201020101608j:image

 

夕日のお時間。最上階から南東を眺む


f:id:tetsu7906:20201020101058j:image

 

もちろんそこは神戸牛を味わえる敷居の高い

レストランがあるわけで。


f:id:tetsu7906:20201020101247j:image

 

我、修行僧は黙って中層階の客室で変わりゆく


f:id:tetsu7906:20201020101055j:image

 

六甲の夜景を


f:id:tetsu7906:20201020101159j:image

 

じわりじわりと楽しむ。


f:id:tetsu7906:20201020101531j:image

 

ちなみにホテル正面スクエアの

ナイトバージョン挟んでみる。


f:id:tetsu7906:20201020101232j:image

 

部屋の明かりを消して

外の景色をメインするとこうなる。


f:id:tetsu7906:20201020101116j:image

 

ということで外部との連絡を

遮断したこの特別な島で

夜明けを迎えたのならあとはいつも通り


f:id:tetsu7906:20201020101202j:image

 

走り出す!

 

youtu.be


f:id:tetsu7906:20201020100848p:image

 

ちょっと長めのRUN

その後はしっかりと身を清めて疲労を軽減させ


f:id:tetsu7906:20201020100834j:image

 

クーポンモーニングを投入し


f:id:tetsu7906:20201020100943j:image

 

本日の天候をBBCチェックして


f:id:tetsu7906:20201020100946j:image

 

本州へ舞い戻る


f:id:tetsu7906:20201020101017j:image

 

終わり

 

 

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

【オキナワ(沖縄)マリオットリゾート&スパ】実質2500円離島リゾート修行Ⅷ

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

離島への修行という事で・・・。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

JGPを最大限に発揮。

ほぼマイレージ加算150%に達する

国内激安移動はJALパック一択ということで

今回の旅立ち昨今使用頻度激減の関西空港より

 

f:id:tetsu7906:20201014143645j:image

 

TAKE OFF!


f:id:tetsu7906:20201014143737j:image

 

いつ見ても美しい左旋回の母港KIX


f:id:tetsu7906:20201014143815j:image
f:id:tetsu7906:20201014143759j:image

 

JTAさん!

ドリンクになんと

ペーパーストローをお付けするサービス


f:id:tetsu7906:20201014143712j:image

 

これ大変でしょうけど結構好きです。

なんとなく味わいの違うアップルジュース


f:id:tetsu7906:20201014143754j:image

 

JALパック部分ついては今回は省略。

マリオット修行について切り替える。

 

 

ということでこちらは

那覇市街ど真ん中、

県庁前バス乗り場。


f:id:tetsu7906:20201014143818j:image

 

正確には県庁北口と申します。


f:id:tetsu7906:20201014143648j:image

 

今回の修行場、

 

www.okinawa-shuttle.co.jp

 

その地はこのエアポートシャトル

で向かう。


f:id:tetsu7906:20201014143642j:image

 

別名リゾートライナーとも申します。

以前より紹介沖縄の公共交通は

コロナ対策徹底してます

 

f:id:tetsu7906:20201014143715j:image

 

こちらの乗車回数券方式で購入されると

通常購入より若干お得全国のファミマ等で

事前購入可能大変便利。

 

www.okinawa-shuttle.co.jp


f:id:tetsu7906:20201014143750j:image

 

乗車、繁忙期末期

とでもいいましょうか9月末のリゾート路線

タクシーと紙一重の感覚で

ご利用いただけました。

 

f:id:tetsu7906:20201014143704j:image

 

高速を走って一気に

本島北部リゾートを目指す。


f:id:tetsu7906:20201014143747j:image

 

途中トイレ休憩を挟みます。


f:id:tetsu7906:20201014143802j:image

 

10月の空。本州では見られない夏空は健在。


f:id:tetsu7906:20201014143727j:image

 

諸島レベルとは言えぬまでも

エメラルド感の増す海色

 

tetsu7906.hatenablog.com


f:id:tetsu7906:20201014143806j:image

 

およそ2時間、

「かりゆしビーチ」にて下車。


f:id:tetsu7906:20201014143635j:image

 

事前に連絡を入れておけば

バス停よりドアtoドア送迎していただます。


f:id:tetsu7906:20201014143732j:image

 

一応ビーチとホテルは

上り坂約10分ほどでアクセス可

ホテルバスも30分おきに運行中。


f:id:tetsu7906:20201014143809j:image

 

思い出されるあのホテル。

まさのそのフォルム。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20201014143631j:image

 

5分もせずに

小高い丘に佇むホテルに到着それが

『沖縄マリオット

リゾート&スパ』


f:id:tetsu7906:20201014143625j:image

 

V字の真ん中2階にフロントメインロビー、

そして沖縄らしい水槽。


f:id:tetsu7906:20201014143718j:image

 

太陽の恵み、日差しを

フルに取り入れたフロア。


f:id:tetsu7906:20201014143823j:image
f:id:tetsu7906:20201014143638j:image

 

お食事・ショップともに充実したホテル。


f:id:tetsu7906:20201014143652j:image

 

余談、この手のものが移動の覇権を握る

時代がやってくる日は近いのでしょうか。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

応援してます。


f:id:tetsu7906:20201014143656j:image
f:id:tetsu7906:20201014143722j:image

 

お部屋が空いていたとのことで

軽度のアップグレード

10階のお部屋にチェックイン、

翌日早朝アウトだけに非常にありがたいお話。


f:id:tetsu7906:20201014143812j:image

 

山側が通路になっている構造。


f:id:tetsu7906:20201014143742j:image

 

通路、山並みに紛れて左にちらりと見える

あの赤茶色の建物。

それはさておき。


f:id:tetsu7906:20201014143700j:image

 

客室へ。


f:id:tetsu7906:20201014143708j:image

 

ウェスティンと全然やりあえる

一目でわかる沖縄力。

 

f:id:tetsu7906:20201014144834j:image

 

細々と見ていくとまずはルームウェア


f:id:tetsu7906:20201014144452j:image

 

加えてバスローブのダブル室内着体制。


f:id:tetsu7906:20201014144830j:image

 

こちらは並々の装備。


f:id:tetsu7906:20201014145014j:image

 

ベッドは少し色合い疲れているように見えるも

それがもはや味を出しているようにしか

感じない。


f:id:tetsu7906:20201014144859j:image

 

ベッド奥からバルコニー。


f:id:tetsu7906:20201014144409j:image

 

ワーケーション的

仕事がはかどりやすそうなチェア&テーブル


f:id:tetsu7906:20201014144438j:image

 

バルコニーに近づく。


f:id:tetsu7906:20201014144756j:image

 

ちらつきだす青い空そして海。


f:id:tetsu7906:20201014144441j:image

 

そうですこちらのホテルも。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

全室バルコニータイプ

でございます。


f:id:tetsu7906:20201014144445j:image

 

プールがあって

珊瑚があって海があって空がある。

そして今、そこにあなたはいる。

f:id:tetsu7906:20201014144856j:image

 

もう少し内装を。


f:id:tetsu7906:20201014144912j:image

 

とってもお広いバスルーム


f:id:tetsu7906:20201014144406j:image

 

アメニティはこれまた並。


f:id:tetsu7906:20201014144853j:image

 

ただしシャンプー類は一流。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20201014144419j:image

 

それぞれが1室にまとまっているものの

とにかく広いそのゾーンは

その一括感を感じさせない。


f:id:tetsu7906:20201014144459j:image

 

忘れていました今回のこちらの

お部屋そのお代は・・・。

 

急遽現れた割引コード使用

10000円ぽっきり。

 

からGOTO3500円引き。

マリオットポイント4000P

つまり実質は2500円

という驚愕のコスパ

 

というわけである。


f:id:tetsu7906:20201014144503j:image

 

ちなみに通路側から

V字の内側を見下ろすとこれ。

安藤忠雄と真っ向勝負建築。


f:id:tetsu7906:20201014145011j:image

 

そして先ほども触れたあれ。

あれが聖域マリオット系列最高峰レベル

 

 

ザ・リッツ・カールトン

沖縄」様でございます。

今後ご縁がありましたら。


f:id:tetsu7906:20201014144506j:image

 

気を取り直してわが身を振り返る。


f:id:tetsu7906:20201014144449j:image

 

やはりどこもかしこも

V字の先端にはVIPな香りが漂う。


f:id:tetsu7906:20201014144915j:image

 

淡路とは異なるどっちが先に考えたか

知らない微妙に違うつくり。


f:id:tetsu7906:20201014144425j:image

 

マリオットバーガーこちらもまた

いつの日か・・・。


f:id:tetsu7906:20201014144824j:image

 

ちょっとホテル内ぶらり。


f:id:tetsu7906:20201014144807j:image

 

赤文字に「M」


f:id:tetsu7906:20201014144429j:image

 

いやあオーラ出てます色んな意味で。


f:id:tetsu7906:20201014144810j:image

 

14・15Fまでたどり着けば

エグゼクティブ!


f:id:tetsu7906:20201014144416j:image

 

1階はまあ

盛りだくさんな施設満載。


f:id:tetsu7906:20201014144848j:image

 

結構手ごろなお値段のスパがあり。


f:id:tetsu7906:20201014144953j:image

 

ジムもあり。


f:id:tetsu7906:20201014144800j:image

 

一年中対応の室内プールもある。


f:id:tetsu7906:20201014144844j:image

 

そしてこちら那覇ヒルトンなんか比じゃない

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

広大な屋外プール

が海の手前に広がっている。

(※全部写りきっておりません)


f:id:tetsu7906:20201014144909j:image

 

こちらベストビュースポットは有料設定。


f:id:tetsu7906:20201014144817j:image

 

スーパーバルコニーシービューホテルと命名


f:id:tetsu7906:20201014144950j:image

 

ゴールド会員レベルには

聖域ビュッフェ&グリル。


f:id:tetsu7906:20201014144412j:image

 

玄関の守り神。


f:id:tetsu7906:20201014144841j:image

 

ビーチまでのシャトルカー


f:id:tetsu7906:20201014144422j:image

 

有料電動自転車


f:id:tetsu7906:20201014144821j:image

 

プール側が西向きつまりサンセットサイド。


f:id:tetsu7906:20201014144456j:image

 

室内&外両面で楽しめる完全シービュー。


f:id:tetsu7906:20201014144513j:image

 

これまた別に

ホノルルとかじゃなくていいじゃん。

ってなりそうな景色。


f:id:tetsu7906:20201014144402j:image

 

ざっくり日本の最後の夕日を。


f:id:tetsu7906:20201014144752j:image

 

照明とおそらくこのテカテカの木彫フロアが

いい雰囲気だしていると思われ。


f:id:tetsu7906:20201014144902j:image
f:id:tetsu7906:20201014144946j:image

 

そして日没。


f:id:tetsu7906:20201014144838j:image

 

どこをどう見ていても美しい。


f:id:tetsu7906:20201014144804j:image

 

それがリゾートと名乗るホテルの魅力。

 

f:id:tetsu7906:20201014144509j:image

 

こちら水槽もナイトモード。

深夜まで熱帯魚さんお疲れ様です。


f:id:tetsu7906:20201014144814j:image

 

ということでこちら

夜明けを迎える体制万全で。


f:id:tetsu7906:20201014144433j:image

 

沖縄リゾートRUN

 

走り出す!

 

youtu.be

 

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

【リーガロイヤル大阪】急に飛んできた直前割リラックス×auスマートパスプレミアムコラボクーポン

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

タイトル通り。

9月の後半、いきなり投げ売りいや

投げクーポンの如く

金額・人数制限なしの福沢諭吉クーポン

auスマートパスプレミアム会員」向けに

リラックス経由で投下!

一部ファンを騒がせた。

 

www.au.com

 

 

その時のお泊りの様子。

 

明細は以下↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20201009084016j:image
f:id:tetsu7906:20201009083924j:image
f:id:tetsu7906:20201009083934j:image

 

なかなかひどい内容。

14700円のお部屋。しかも久々の

コロナ禍での世間浮かれる4連休の中日

朝食付きそのホテルがGOTOで

およそ5000円

 

これに神クーポン

10000円引き正確にはその力を

フルに行使できず

 

 

結果

プライスレス。

そしてなぜかこれに

レイトチェックアウトまでついている。


f:id:tetsu7906:20201009083917j:image

 

リーガの朝食全くもって

期待できるプライスレス。

 

ということで行ってみる。

 

道中、北から進入。堂島エリアより平然と

街中にその店舗がある「551」

買わずに素通りするわけにはいかない。


f:id:tetsu7906:20201009084019j:image

 

続いてホテル修行の最強のパートナー、

スーパーこちらは「ライフ」

ある程度の食糧を確保。


f:id:tetsu7906:20201009084010j:image

 

南下して堂島大橋

その左手に見えてくるのが本日のお宿。

 

www.rihga.co.jp


f:id:tetsu7906:20201009084033j:image

 

厳密にいえば、プライスレスには

右手ハイタワーのその手前の疲れた建物に

ご案内となる・・・。


f:id:tetsu7906:20201009083943j:image

 

「京阪×リーガ」

専用出入口ですと言っちゃうレベル。


f:id:tetsu7906:20201009083950j:image

 

時代を感じるフロント、

方向性はシェラトン都大阪的な・・・。

 

 


f:id:tetsu7906:20201009083940j:image

 

さすがに天下の4連休、

チェックインはSD行列。


f:id:tetsu7906:20201009083920j:image

 

こんなご時世でも

ハロウィンはハロウィンらしい。

 

f:id:tetsu7906:20201009084241j:image

 

高級ホテル、

関西の迎賓館と名乗るだけあって。

まあ様々なテナントが入り込みまくっている

典型定期古風なシティー型ホテル。


f:id:tetsu7906:20201009084230j:image

 

真のセレブ右のタワー

とりあえず迎賓館体験

左のウェストへ。


f:id:tetsu7906:20201009084227j:image

 

なかなかお目にかかれない

プッシュ飛び出し型

「開閉」ボタンのエレベーター


f:id:tetsu7906:20201009084234j:image

 

客室のEV前。決して業務用ではない。


f:id:tetsu7906:20201009084223j:image

 

コメントしにくい通路。


f:id:tetsu7906:20201009084238j:image

 

そして客室へ・・・。

14700円払っていたら暴れているが

無銭宿泊にはその権利はない。

というのが素直な感想。


f:id:tetsu7906:20201009083936j:image

 

4連休だからという事で心を落ち着けるが。

逆エラー金額設定のビジネスホテルに

迷い込んだ錯覚。


f:id:tetsu7906:20201009083931j:image

 

チェアーはなんだか上位職仕様。


f:id:tetsu7906:20201009083928j:image

 

その他。


f:id:tetsu7906:20201009084005j:image
f:id:tetsu7906:20201009084026j:image

 

離島にいる感ゼロ

従業員宿舎とかでもありません。


f:id:tetsu7906:20201009083958j:image

 

へたすりゃそこらの

チェーンの方が・・・。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

いや、仕方ない連休繁忙価格です。


f:id:tetsu7906:20201009084013j:image
f:id:tetsu7906:20201009084023j:image
f:id:tetsu7906:20201009083946j:image

 

一応、ネット上のモデルはこんな写真。


f:id:tetsu7906:20201009084029p:image

 

夜景というか駐車場。


f:id:tetsu7906:20201009084001j:image

 

それ以外にこれと言った感想もなく朝を迎える


f:id:tetsu7906:20201009083954j:image

 

そして気分を改め、走る。

  

youtu.be

 

 

 

 

【弾丸函館】ANA(ユナイテッド)&JAL(ブリティッシュ)マイレージフライト~プラチナ修行(Ⅶ)の聖地編~

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

19時の函館。

お時間的にもお早めにお宿に向かいたい

そんな気持ちをぐっとおさせて

ローコストアクセス重視。

 

airport.ne.jp

 

前方は路線バス、後方はリムジンバス

お値段は後方およそ前方の1.5倍。

 

f:id:tetsu7906:20201005090101j:image

 

同時刻発車所要時間は13分ほど多め。

それでも地元の足という雰囲気であったりと

それはそれで楽しめたりするのが旅の醍醐味。


f:id:tetsu7906:20201005090032j:image

 

20時前の函館駅前そのすぐそばに。

 

この修行の聖地がある。


f:id:tetsu7906:20201005090051j:image

 

その名も

このマリオット界隈では知る人ぞ知る

「フォーポインントバイシェラトン函館」

 

f:id:tetsu7906:20201005091059j:image

 

結論から言うと

3328P獲得

 

f:id:tetsu7906:20201005091102j:image

 

お支払いはGOTO割引後3568円


f:id:tetsu7906:20201005090039j:image

 

そこに函館グルメクーポン2000円分。


f:id:tetsu7906:20201005090058j:image

 

お支払額を遥かに上回る

リターンがあるホテル。

もはや1泊単価にしては

黒字になるケース。

交通費は度外視して一度訪れてみたくなる。


f:id:tetsu7906:20201005090106j:image

 

マリオット系列らいしい

丁寧なチェックインを終え

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

そして全てを語るエレベーター

そのレトロさ、いやクラシック。


f:id:tetsu7906:20201005090047j:image

 

70%オフが定価に見える錯覚それが

ハッピアワーマジック。


f:id:tetsu7906:20201005090036j:image

 

一応シングルからダブルにアップグレード?

アパホテルと互角の様相、

だれもが認める典型的ビジネスホテル。


f:id:tetsu7906:20201005090054j:image

 

シェラトンブランドの

アメニティ


f:id:tetsu7906:20201005090043j:image

f:id:tetsu7906:20201005090259j:image

 

もちろんボトルウォーターも。


f:id:tetsu7906:20201005090302j:image

 

その他は何の変哲もないビジネスホテル。

3000円台シェラトン

それ以上に物申すつもりはございません。


f:id:tetsu7906:20201005090253j:image

 

少々悪天候ながら窓外には

圧倒的存在感の東横インの奥に

函館山展望台の明かりは微かに


f:id:tetsu7906:20201005090256j:image

 

ではグルメを求めて真夜中の市内へ。

 

www.hakobura.jp

 

f:id:tetsu7906:20201005090959j:image

 

といいつつ大定番の

ラッキーピエロ

に行ってしまう一人旅の性。

 

luckypierrot.jp

 

20時過ぎのピエロに群がるグルメ達・・・。

 

 

撤退。


f:id:tetsu7906:20201005091003j:image

 

時間も時間だけにシンプルに

塩ラーメン

求めて駅前をぶらり。


f:id:tetsu7906:20201005091019j:image

 

函館麺屋「ゆうみん」

 

tabelog.com

 

そこまで言うなら


f:id:tetsu7906:20201005091029j:image

 

真面目塩ラーメン

向か合うそれが礼儀というもので。


f:id:tetsu7906:20201005090952j:image

 

黙って食して山を見ながら眠り着く修行僧。


f:id:tetsu7906:20201005091023j:image

 

相変わらずさえないお天気でも

そこには確かなお山の存在が。


f:id:tetsu7906:20201005090948j:image

 

文句なしのクーポン効果で賑わう市場。


f:id:tetsu7906:20201005090945j:image

 

そこにあえて見向きもせず

リベンジ朝8時から営業中

朝マックならぬ「朝ピエロ」


f:id:tetsu7906:20201005091011j:image

 

金運アップのレッドシートの真横で

おこぼれだけを頂戴したいそんな旅人。


f:id:tetsu7906:20201005090941j:image

 

正直に言います。

朝9時前に頂くメニューではございません。

 

 

それでもとってもおいしい。とだけは言わせていただきます。


f:id:tetsu7906:20201005091026j:image

 

そしてここピエロの最大の強み

飲食だけでなくピエロ土産も

クーポンで合わせて使えるところ。

 

超コロナ逆行型、密着ラブシート。

これが本当のコロナ禍を生き残る

飲食店の生き様。


f:id:tetsu7906:20201005091007j:image

 

シェラトンのビルと同居する

ハセガワストアさん。

 

www.hasesuto.co.jp

 

今回は胃袋のキャパの関係で割愛。


f:id:tetsu7906:20201005090955j:image

f:id:tetsu7906:20201005091014j:image

 

雨も上がってきたので前日仕込みの

函館牛乳を投入して

「旅ラン&ちょっと遅めの朝ラン」

 

youtu.be

  

弾丸だけにすこぶる忙しい。

復路は時間僅少、1.5倍リムジンバス利用。

なんとこちらは現金のみ。こういうところが日本の空港ビジネスの

良くないところ、これは完全に小言。

 

f:id:tetsu7906:20201009082936j:image

 

結局ピエロで2000円お土産込みで使い切り。


f:id:tetsu7906:20201009082958j:image

 

およそ30時間ぶり。空港へ。

その選択肢はタイトル通り。

 

f:id:tetsu7906:20201009100305j:image

 

JAL(ブリティッシュ

AIOSを使ったなんとか

6000マイルぎりぎりフライト。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

このフライト詳細は以前紹介の内容にて↑↑↑

 

f:id:tetsu7906:20201009100246j:image

 

そしてこちらはエアラインラインジなんて

ものはございません。

 

airport.ne.jp

 

有料で誰もが使えるカードラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20201009083003j:image

 

何の変哲もない。コロナ対策万全のラウンジ。


f:id:tetsu7906:20201009082922j:image
f:id:tetsu7906:20201009082955j:image

 

あとはエメラルド専用。


f:id:tetsu7906:20201009082943j:image

 

いつものゆったり

エコノミー最前列


f:id:tetsu7906:20201009082925j:image

 

立ち去る函館J-AIR運航

お隣羽田からお越しの767.


f:id:tetsu7906:20201009082930j:image

 

なんだかJALに回帰したら無性に

食べたくなったもの。


f:id:tetsu7906:20201009082952j:image

 

それがここ伊丹でも違った味わいで

いただけける代物


f:id:tetsu7906:20201009082946j:image

 

空に関わる人々の

食のオアシス。


f:id:tetsu7906:20201009082949j:image

 

半従業員いやほぼ従業員食堂。


f:id:tetsu7906:20201009082933j:image

 

ここでワンコインカレー

いただけば。P:白米、玄米指定可!


f:id:tetsu7906:20201009083006j:image

 

満足国内線

アライバルカレーの完成!

 

終わる。

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

【弾丸函館】JAL(ブリティッシュ)&ANA(ユナイテッド)マイレージフライト~往路編~

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

今回は

マリオットプラチナチャレンジ修行のため

関西から函館往復のアクセスフライトの

往路のお話。

 

www.flytap.com

 

いきなり登場謎のマイレージカード。

「AIRPORUTUGAL」

何とも怪しげなスタアラゴールドの紋章。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

この件については先日のお話参照↑↑↑

 

f:id:tetsu7906:20201004201817j:image

 

というわけでこちらのカードの力に

あやかりAWAY、南ターミナルへ。

 

f:id:tetsu7906:20201004202445j:image

 

プレミアムチェックイン


f:id:tetsu7906:20201004202458j:image

 

「ステータスマッチ上級会員」がご利用。


f:id:tetsu7906:20201004202450j:image

 

そして目指すは・・・。


f:id:tetsu7906:20201004202501j:image

 

ANA LOUNGE

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20201004202435j:image

 

ご自慢のラッピングのモデル機がお出迎え。


f:id:tetsu7906:20201004202454j:image

 

さすがです!

こちらのラウンジは氷が復帰しております。

ほんとにこれぐらいコロナとか関係なく

やってほしい。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

北の赤い鶴の方。


f:id:tetsu7906:20201004202504j:image

 

ハイボール黒霧島

本当にどっちが最上級ラウンジがと

言いたくなるANAのレベルの高さ。


f:id:tetsu7906:20201004202442j:image
f:id:tetsu7906:20201004202439j:image

 

本日のユナイテッド特典航空券発券

ステータスはポルトガル

ご搭乗はANAのコラボでいざ東京へ!


f:id:tetsu7906:20201004202431j:image

 

スタアラ塗装767機材。

見渡す限りにずらりと並ぶ除菌コーナー。


f:id:tetsu7906:20201004202420j:image
f:id:tetsu7906:20201004202427j:image

 

チェックイン時にエコノミー窓側最前列、

このわけのわからない3社掛け持ち会員

ご指定いただけました。


f:id:tetsu7906:20201004202424j:image
f:id:tetsu7906:20201004202416j:image

 

新大阪の駅の圧倒的存在感で

大阪いらっしゃいで大変お世話になりましたWBFがはっきりとご覧いただけます。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

続いて伊丹に着陸する

ANA機も淀川上空ではっきりと

 

f:id:tetsu7906:20201004202918j:image

 

クラシックフライト、ウォーターORティー

悲しい2択に合わせて楽しむ。


f:id:tetsu7906:20201004202900j:image

 

房総半島から西に向かって進入。


f:id:tetsu7906:20201004202927j:image

 

並行して同時進入のANA機!


f:id:tetsu7906:20201004202951j:image

 

どうやら彼は札幌からお越しの模様。

なぜクロスしてこの関係はかは不明。


f:id:tetsu7906:20201004202957p:image

 

そしてこんなことになる・・・。


f:id:tetsu7906:20201004202942p:image

 

着陸復行いわゆるゴーアラウンド

それがこの進路。

 

まさかの台場の上空を抜け。


f:id:tetsu7906:20201004202938j:image

 

軽度の逆Gを感じながら

地上から逃げるように

高度を再びあげていく。


f:id:tetsu7906:20201004202854j:image

 

あっと言う間に埼玉の雲の上へ。


f:id:tetsu7906:20201004203003p:image

 

華麗な春日部、野田ターンをして


f:id:tetsu7906:20201004202908p:image

 

今流行りの新生ルートに再び着陸体勢へ。


f:id:tetsu7906:20201004202845p:image

 

ビッグエッグ


f:id:tetsu7906:20201004202904j:image

 

皇居。


f:id:tetsu7906:20201004202931j:image

 

六本木ヒルズ


f:id:tetsu7906:20201004202914j:image

 

新旧前後関係のタワーズ


f:id:tetsu7906:20201004202954j:image

 

東京港を眼下になんだか得するゴーアラウンド

※ちなみに原因は先行到着滑走路での

出発機バードストライク


f:id:tetsu7906:20201004202857j:image

 

安心感のあるアナウンスとフライト

少々の遅延で無事首都東京に着陸。


f:id:tetsu7906:20201004202934j:image

 

2時間ほど時間があるので東京へ入国。

ちらっとAWAYターミナルを見学。


f:id:tetsu7906:20201004202849j:image
f:id:tetsu7906:20201004202922j:image

 

トランジット

と行きたいところ・・・。

 

f:id:tetsu7906:20201004211322j:image

 

厳しいところそこで。

北向きに進路をとる伊丹発東京経由函館行き。

なけなしのユナイテッド6000マイルを献上

 

 

f:id:tetsu7906:20201004211718j:image

 

その前に非東京名物讃岐うどん

小腹を埋める。


f:id:tetsu7906:20201004211429j:image

 

こっち側にはこんなものがあるんですね。


f:id:tetsu7906:20201004211311j:image

 

JGPと勘違いしてと言う言い訳は通用しない


f:id:tetsu7906:20201004211435j:image

 

JGCレベルの入口へ。


f:id:tetsu7906:20201004211319j:image

 

サテライト

という存在が必要なのほどの空港

だったらしい・・・。


f:id:tetsu7906:20201004211417j:image

 

こちらの敏腕伊丹ANA・GSさんの

お気遣いで最前列窓側を。


f:id:tetsu7906:20201004211307j:image

 

日没間近の東京を立ち去る。


f:id:tetsu7906:20201004211432j:image

 

関東平野をぶったぎり。


f:id:tetsu7906:20201004211557p:image

 

今度はやっぱり悲しいボトルウォーター。

まあある意味深夜便国際線同等のサービス。


f:id:tetsu7906:20201004211412j:image

 

ハバロフスク手前の函館に向けて


f:id:tetsu7906:20201004211439j:image

 

あっという間に津軽海峡

そしてその注目の進入ルート、

お座席は進行右側。


f:id:tetsu7906:20201004211302p:image

 

進路は西からの進入へ。

この時を待っていました。


f:id:tetsu7906:20201004211314p:image
f:id:tetsu7906:20201004211425p:image

 

さあちょっとスマホ📷のレベルでこの精度

肉眼では函館山からの夜景が綺麗に

一望できておりました。


f:id:tetsu7906:20201004211407j:image

 

定刻計画通り


f:id:tetsu7906:20201004211258j:image

 

 関西からの午後函館アクセス無し、

これを解消する

迂回アクセス

 

いざ宿泊実績修行の聖地へ!

 

続く

 

 

【南紀白浜マリオットホテル】白良浜にある絶景と広大な温泉を備えたホテル

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

それは、白良浜

小高い丘を登った場所にある。

 

f:id:tetsu7906:20200920165046j:image

 

典型的マリオット型外観。

 

f:id:tetsu7906:20200920165212j:image

 

その玄関の扉は木製高級感満載。


f:id:tetsu7906:20200920165004j:image

 

正面真っ先に視界に飛び込んでくる

重連パンダ。


f:id:tetsu7906:20200920164925j:image

 

広々としたフロア。


f:id:tetsu7906:20200920164949j:image

 

まさにリゾート系マリオット。


f:id:tetsu7906:20200920165026j:image

 

一目でわかるエレベーター

そのホテルの歴史。

なかなか年期の入った11階建て。


f:id:tetsu7906:20200920165013j:image

 

10階にチェックイン客室へ。


f:id:tetsu7906:20200920164945j:image

 

最近シェラトン中部国際モクシー

なんかに泊まっていると

非常に落ち着いた造り

に見えるがこれが普通。


f:id:tetsu7906:20200920165041j:image

 

客室にしきりのある


f:id:tetsu7906:20200920164928j:image

 

ほぼ琵琶湖と同タイプの

ワンランクアップ広大な部屋。


f:id:tetsu7906:20200920165000j:image

 

ほぼ装備も琵琶湖マリオット同等。


f:id:tetsu7906:20200920165034j:image

 

TWGなんかまでお揃いで

姉妹ホテルかと言いたくるほど。


f:id:tetsu7906:20200920164956j:image

 

巨大すぎる、もはや押し入れかと

言わんばかりの収納あり。


f:id:tetsu7906:20200920164936j:image

 

海とは反対側、ガーデンビュー

部屋が大きすぎてさく見える錯覚。


f:id:tetsu7906:20200920164952j:image

 

かに見える海の一部。


f:id:tetsu7906:20200920164941j:image

 

この辺りのカタログ装備もほぼほぼ

似ているさすがリゾート路線。


f:id:tetsu7906:20200920165023j:image

 

多分温泉付きのご縁ということで

浴衣もまったく同じものと思われる。


f:id:tetsu7906:20200920165008j:image

 

水回りの雰囲気も実によく似ている。

琵琶湖との違いは何かという

調査にかわってきている。


f:id:tetsu7906:20200920165038j:image
f:id:tetsu7906:20200920164931j:image
f:id:tetsu7906:20200920165050j:image

 

1つ上の最上階お風呂と展望ロビー

湯上りどころ的要素のある場所。


f:id:tetsu7906:20200920164921j:image

 

ここからならガーデン側のお客もゆったりと

白良浜を眺めることが出来る。


f:id:tetsu7906:20200920165029j:image

 

温泉は少し後にして

せっかくなのでの方へ。

この看板のように坂を下るだけ。

 

f:id:tetsu7906:20200920165434j:image

 

なんとかお天気良好。

日の入りを拝ませていただきました。


f:id:tetsu7906:20200920165501j:image
f:id:tetsu7906:20200920165427j:image
f:id:tetsu7906:20200920165424j:image

 

ホテルから10分ほど。白良浜の入り口に

あたるエリアにスーパーがある。

イオン系グルメシティ

ここで飲食料を調達して引き上げ


f:id:tetsu7906:20200920165450j:image

 

雰囲気の出ているリゾートホテルの明かり。


f:id:tetsu7906:20200920165407j:image

 

その温泉。幸いにもどなたも

おりませんでしたので


f:id:tetsu7906:20200920165442j:image

 

はっきりいって

ストレートな感想はこれぞ

 

「大浴場」

 

というスケール。


f:id:tetsu7906:20200920165437j:image

 

それもそのはず

最上階の4分の1近いスペースを

両端2か所にどかんと設けてある感じ。

 

景色もゆとりも本当に素晴らしい

これは琵琶湖の窓無し温泉をはるかに

上回るこのホテルの武器であり特徴

いっていいだろう。左右2か所のの異なる

景色を時間制で切り替わる楽しみもある。


f:id:tetsu7906:20200920165457j:image
f:id:tetsu7906:20200920165412j:image

 

ということ万全に体も心もリラックスさせて


f:id:tetsu7906:20200920165453j:image

 

夜明けとともに


f:id:tetsu7906:20200920165445j:image

 

展望ストレッチをし


f:id:tetsu7906:20200920165430j:image

 

はじまる


f:id:tetsu7906:20200920165420j:image

 

残念悪天候ぎりぎり


f:id:tetsu7906:20200920165416j:image

 

旅ラン!

  


白浜RUN

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

【モクシー大阪新梅田(修行)Ⅵ】斬新過ぎる新鋭マリオット系ホテル(後編with朝ラン)

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

おいしいおいしいお夜食

頂いた後は・・・。

しっかり消化するそれが

価値あるホカンス&ワーケーションの基本。

 

ということでこの夜景モード

と化したこの場所↓

 

f:id:tetsu7906:20200920165939j:image

 

度肝を抜くデザインのジム。


f:id:tetsu7906:20200920165901j:image

 

24時間利用可能。

ボトルウォーターが必要とあれば

フロントにご用命。


f:id:tetsu7906:20200920165932j:image

 

シンプルでコンパクトな作り。


f:id:tetsu7906:20200920170222j:image

 

そんな小部屋にこんなアート。


f:id:tetsu7906:20200920165910j:image

 

そしてランニングマシーンに居座る

先客、番犬


f:id:tetsu7906:20200920165913j:image

 

シャラトン都大阪同様のマシンが設置。

ちょっと真夜中のローマの街をひとっ走り。


f:id:tetsu7906:20200920165935j:image

 

こちらはがちがちの管理で無く

自主性をしっかりと重んじたマナーを

守って使ってください。

新時代にある意味しっかり対応した

ジムになっている。


f:id:tetsu7906:20200920170226j:image

 

2階のカフェ&バーの上にある

ポジショニング。


f:id:tetsu7906:20200920170234j:image

 

そんな違和感がなんとも面白い。


f:id:tetsu7906:20200920165918j:image

 

をかいて清掃をして

キラキラエレベーターで客室へ戻る。


f:id:tetsu7906:20200920165921j:image

 

キラキラなお部屋で汗を流して

その後は・・・。


f:id:tetsu7906:20200920165855j:image

 

1階に降りてすべきことは1つ。


f:id:tetsu7906:20200920165858j:image

 

新世界の常識に従って


f:id:tetsu7906:20200920165928j:image

 

チェックイン時に頂いた

ウェルカムドリンクをここで

晩酌投入すれば

モクシーヘルシーナイト完成する。


f:id:tetsu7906:20200920170255j:image

 

後は翌朝。もはや本能に従って

夜明けとともに目覚めてしまえば


f:id:tetsu7906:20200920165925j:image

 

すべきことはたった1つ。


f:id:tetsu7906:20200920165905j:image

 

朝ラン!!

  


大阪(淀川)RUN

 

f:id:tetsu7906:20200920170714j:image

 

という「キタのラン」

とでも言おうか。

例の如くその後は体を休めて

カフェで朝通勤でも眺めながら

ほっこりする異空間

 

f:id:tetsu7906:20200920170839j:image

 

そして荷物をまとめて


f:id:tetsu7906:20200920170843j:image

 

次のホテルへ向かう

それがプラチャレ

修行僧の生き様!

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

【モクシー大阪新梅田】修行Ⅵ、斬新過ぎる新鋭マリオット系ホテル(前編)

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

マリオット修行は続く・・・。

一部重複利用は割愛。

 

とにかく連泊を避け、最安日を狙い

地域クーポン等を併用するそれが

定石の現代ホテル修行。

 

そして今宵お世話になるのが

お初となりますモクシーシリーズ。

 

www.marriott.co.jp

 

マリオット系でも

異色のカラーを放つこのホテル。

1階外観をみてこの異端児。

 

f:id:tetsu7906:20200918164500j:image

 

近づいてみればそもそもホテル?

ホテルだけどホテル業に

ばりばり重心を置いている感じではない。


f:id:tetsu7906:20200918164525j:image

 

それは一歩足を踏み入れればすぐにわかる。

イケイケの音楽が玄関であなたを迎え入れる。

そしてそこには昼はカフェ。夜はバー

に化けそこにホテルがある。


f:id:tetsu7906:20200918164559j:image

 

そうつまりチェックインですと、

明確に言わないと何の客かわからない。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

この手のタイプは確かに

弾丸アメリカ・ニューヨーク

経験したスタイル。

ミラーボールの回るエレベーター。


f:id:tetsu7906:20200918164518j:image

 

ゴールドレベルながら

最上階ご用意していただけました。


f:id:tetsu7906:20200918164618j:image
f:id:tetsu7906:20200918164602j:image

 

なんとも異国感のある部屋の扉。


f:id:tetsu7906:20200918164635j:image

 

扉を開けるとさらなるオーラ。

おもしろい。ユニークというのが

適切であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164507j:image

 

水回りは浴槽無しのシンプル構造。

  

tetsu7906.hatenablog.com

  

難波のマリオット

このあたりは同種のライバルか。


f:id:tetsu7906:20200918164607j:image

 

マリオットでありながら

ホステル的要素があって

「必要なものはフロントに

あるのでご用命を。」と言うスタイル。

新マリオットスタイルと言っていいか。


f:id:tetsu7906:20200918164615j:image

 

モクシーブランド。


f:id:tetsu7906:20200918164503j:image

 

客室もやや狭いというのが本音。

通路が何しろせまい。

ただこのホテルの特徴は1階にある。

おそらくホステル的ステイの要素

入っているのであればここで過ごす時間は

極めて短い。したがってそれほど

問題になる要素ではない。


f:id:tetsu7906:20200918164528j:image
f:id:tetsu7906:20200918164552j:image
f:id:tetsu7906:20200918164657j:image

 

窓の外を眺めれば

梅田らしい景色が一望できる。

交差点にたっている最大の特権であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164439j:image

 

そして出来立てほやほやホテル、

テレビがすこぶる巨大。

大して左下の黒い英文字の箱。

これ冷蔵庫。


f:id:tetsu7906:20200918164429j:image

 

おそらく旅慣れた人、そしてホテル全体で

過ごすことに目的とした人には

しっくりハマるスタイルである

とわかってくる。


f:id:tetsu7906:20200918164510j:image

 

狭い分、窓が近い。その迫力。

ホテル設備の案内もA4の一枚用紙にパウチ。


f:id:tetsu7906:20200918164432j:image

 

客室の椅子はこんな感じ。

一応言っておくとシンプルにこのホテルは

1室1泊1万円。

(感覚的には使いこなせないと高い。)


f:id:tetsu7906:20200918164425j:image

 

そしてちょっと変わっているのが

テレビの選曲。

ブルームバーグCNA

(チャンネルニュースアジア)


f:id:tetsu7906:20200918164623j:image

 

ではこの奇抜なルームキーをもって


f:id:tetsu7906:20200918164638j:image
f:id:tetsu7906:20200918164701j:image

 

お出かけ。


f:id:tetsu7906:20200918164632j:image

 

このホテルの売り、それは繰り返す

1階共有(フリー)スペースにある。

フロント兼バー&カフェ。


f:id:tetsu7906:20200918164521j:image

 

こちらは宿泊者専用のコーヒーメーカー。

これがある分、客室には

何も設置されていない。


f:id:tetsu7906:20200918164436j:image

 

広々快適なカフェが滞在中自由に使える、

そこにこのホテルの真価がある。


f:id:tetsu7906:20200918164629j:image

 

1階まるまる使っていて

ところどころ雰囲気が異なるのも

利用者を飽きさせない。


f:id:tetsu7906:20200918164555j:image

 

白馬でみたようなダミーの暖炉があったり

ロングソファーもあれば

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

個人用のハイチェアー等々。


f:id:tetsu7906:20200918164548j:image
f:id:tetsu7906:20200918164544j:image

 

照明やインテリア、見ているだけでも

好きな人には楽しい空間であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164610j:image
f:id:tetsu7906:20200918164514j:image

 

そんなこんな思い思いの時を過ごしている間にじわじわと日が暮れてくる

 

f:id:tetsu7906:20200918165005j:image

 

またその味わいも変わってくる。


f:id:tetsu7906:20200918165018j:image
f:id:tetsu7906:20200918165037j:image

 

客室の窓から見る景色も徐々に

都会の夜景へと。


f:id:tetsu7906:20200918165001j:image

 

とこうなるわけで、すごく小技演出

効いた素敵なホテル

ここにはありました。


f:id:tetsu7906:20200918165033j:image
f:id:tetsu7906:20200918165021j:image

 

ピンクのネオンを看板に出すなんて。


f:id:tetsu7906:20200918165029j:image

 

話少しそれまして晩飯の調達。

 

www.hotelwbf.com

 

それがこちら。

WBF仕入れた

クーポン消化していきたい。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ということでこちら梅田・福島エリア

居酒屋さんのお弁当に注目するそれも夜弁!

 

www.hotelwbf.com

 

新福島駅の南側にある

ちょっと入り組んだ路地のなかにひっそりと

佇む文字通り晩酌食堂。


f:id:tetsu7906:20200918165009j:image

 

ディナーを調達して我が家へ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

「なんだこれはマカオのカジノか!?」

的なオーラに変わっている。


f:id:tetsu7906:20200918165014j:image

 

その居酒屋さんの夜弁!


f:id:tetsu7906:20200918165025j:image

 

お値段ぴったりぽっきり1000円

「本日の焼き魚弁当。」

 

f:id:tetsu7906:20200918165124j:image

 

おいしく無いわけがありません。

先日紹介のこのクーポンもちろん

1000円以下のコストで仕入いるので

これよりお安くいただいてるのです。

 

ちなみにTAKE OUTでしたが店内の店員さん

雰囲気すごく良かったです。

それがこのお弁当のお味に間違いなく

反映されているわけである。


ちょっと長々となって参りましたので

一端こちらで絞めて

 

続・後編と~~~

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

【フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港】マリオットプラチナ修行Ⅴ(後)~ボーイング×朝ラン~

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

もうだいたい見慣れてきた

この手の国際線出発案内。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20200918053623j:image

 

ちょっと空港の様子を伺いにいってみる。

なんとなく駅から1タ。

その道のりなんとなく似てる?

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

そろそろ世界レベルの鎖国

はじまって半年オーバー禁断症状か。

 

f:id:tetsu7906:20200918053711j:image

 

左半身は完全にマヒしてます。

別にここに限った話ではないがそれでいて

2タを使う意味ってなんなんだろ

空港運営会社。


f:id:tetsu7906:20200918053635j:image

 

扉は、かたくかたく閉ざされておりました。


f:id:tetsu7906:20200918053631j:image

 

街のじゃなくて空港の本屋さん

こんなコーナーが出来上がっていました。


f:id:tetsu7906:20200918053626j:image

 

デッキに足を運ぶとさ先程降臨してきた

がなんと2機仲睦まじく並んでいる。


f:id:tetsu7906:20200918053616j:image

 

ご自宅のシアトルでお目にかかったときも

並んでおられたのがつい先日のことのように

思う今日この頃。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

やっぱり製造業の街という証明。


f:id:tetsu7906:20200918053613j:image

 

対岸には結構な観光地がずらり並び。


f:id:tetsu7906:20200918053620j:image

 

この海に向かって張り出した部分。

日本で一番、飛行機好きに優しい

ビュースポットを提供している空港

なのではないでしょうか。


f:id:tetsu7906:20200918053610j:image

 

さてもうは過ぎたか。

セントレアと言えばのあれ。

 

f:id:tetsu7906:20200918054352j:image

 

それは2タに向かう道中にある。


f:id:tetsu7906:20200918054434j:image

 

飛行機のテーマパーク

「FLIGHT OF DREAMS」

 

flightofdreams.jp

 

ちなみに本場シアトル

Future of Flight

 

www.boeingfutureofflight.com


f:id:tetsu7906:20200918054535j:image

 

わざわざ遠くしてエスカレーターつける

コスト意識がどっちに向いてるのか

もはや誰にもわからない


f:id:tetsu7906:20200918054526j:image

 

到着。

1タから10分ではたどり着けません。


f:id:tetsu7906:20200918054441j:image

 

なんとなくシアトルオーラ

でているような気がする。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200918054423j:image

 

試作機が眠っております。

インド帰りANAに見せつけられた

RRエンジン。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200918054603j:image

 

美しき主翼のカーボンのしなり。

 

f:id:tetsu7906:20200918054639j:image
f:id:tetsu7906:20200918054634j:image

 

最近なんか問題あった?水平の方の尾翼。

いつきても夜景モードの映え映えスポット

として君臨しております。

撮影は万民にプライスレス!

f:id:tetsu7906:20200918054457j:image

 

一応沖止めなので

地上からも見上げられます。


f:id:tetsu7906:20200918054445j:image

 

ストアもあるが・・・。

本家のあの安売りっぷりを見るとどうも

買う気になれないこれは仕方ない・・・。


f:id:tetsu7906:20200918054454j:image

 

一応さらに奥5分ほど。やっと現れる2タ。

これは完全に関空・成田よりタチが悪い。

といっていいターミナル認定です!


f:id:tetsu7906:20200918054606j:image

 

そしてどうやらさらに

奥のダンジョンが残されている模様。

正直極力避けたいセントレアの2タと

言わざるを得ない。


f:id:tetsu7906:20200918054529j:image

 

黒の案内板上にちらりと

見えているのがお宿シェラトン


f:id:tetsu7906:20200918054431j:image

 

15分ほどかかるか・・・。

圧倒的に窓数で非、密です。


f:id:tetsu7906:20200918054417j:image

 

目の前には海上保安庁巡視船?


f:id:tetsu7906:20200918054437j:image

 

ナイトモード

言わずもがな雰囲気よし。


f:id:tetsu7906:20200918054420j:image

 

「DEL」インド・デリー

本当に行っておいてよかった

と言える時代になってきた。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

行先表示のお品書き


f:id:tetsu7906:20200918054402j:image

 

バー営業おこなっておりました。


f:id:tetsu7906:20200918054406j:image

 

ハッピーアワー半額に乗じて


f:id:tetsu7906:20200918054358j:image

 

お部屋でいただく。


f:id:tetsu7906:20200918054521j:image

 

良き眠りに就き

 

特茶を流し込み脂肪燃焼モードそれを

 

朝ランという。


f:id:tetsu7906:20200918054532j:image

 

半島に上るを確認して


f:id:tetsu7906:20200918054451j:image

 

いざ人工島ランのはじまり!


f:id:tetsu7906:20200918054548j:image
f:id:tetsu7906:20200918054554j:image

 

www.youtube.com

  

概ね走行可能ルート一周して

6km それがこの島で解放されたエリア


f:id:tetsu7906:20200918054545p:image

 

あとはいつものことながら


f:id:tetsu7906:20200918054706j:image

 

じっくりアフター。


f:id:tetsu7906:20200918054428j:image

 

今回は2F階「evolution」にて

モーニング付きケア&イート


f:id:tetsu7906:20200918054355j:image
f:id:tetsu7906:20200918054551j:image
f:id:tetsu7906:20200918054413j:image

 

広い、綺麗、おいしい。

お替りはお好きなだけ。

それ以上に説明は不要です。

 

完璧です!!


f:id:tetsu7906:20200918054410j:image
f:id:tetsu7906:20200918054558j:image

 

これがホテルステイ朝ラン

コラボさせる最大の理由


f:id:tetsu7906:20200918054541j:image

 

プラチナ修行

 

NEXT!!

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com