LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

JAL短距離ビジネスクラス・スカイスイートⅢで行く台北フライト(大晦日・元日休みの弾丸年越し③)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

2019年

昨年の成果と言っていい

ヤンゴン発券に始まった

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

いわゆるJAL修行

おかげさまでグループ1でボーディング。

 

f:id:tetsu7906:20200322023443j:image

 

賛否両論別れるシート。

 

JAL SKY SUITE Ⅲ(シート) - JAL国際線

 

機材は777-200


f:id:tetsu7906:20200322023424j:image

 

ビジネスクラスデビューしたのが

このヘリンボーンタイプ

キャセイパシフィック航空

ニューヨーク便でした。

 

www.cathaypacific.com

 

ただまぁ昨今のファースクラス無し、

豪華ビジネスクラス志向の事を考えると

迫力にかけるシートであることは

言うまでもない。

 


f:id:tetsu7906:20200322023446j:image

 

救いのクッションはエアウィーヴ


f:id:tetsu7906:20200322023440j:image

 

東京まで引っ張ったにしても

大変短いフライト。

それでも全席通路アクセス、

フルフラットビジネスの存在が

ありがたいことに変わりはない。


f:id:tetsu7906:20200322023431j:image

 

「1K」777の最前列シート

もちろん前方に乗客はいない。


f:id:tetsu7906:20200322023345j:image

 

窓が遠くなってしまうのも少し残念な点

個人用身だしなみ御鏡有り。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

他のスカイスイートとの大きな違い。


f:id:tetsu7906:20200322023401j:image
f:id:tetsu7906:20200322023336j:image

 

お食事メニュー

入国カードをいただいて。


f:id:tetsu7906:20200322023358j:image

 

2020年に向けて

マイセレクションを設定。


f:id:tetsu7906:20200322023434j:image
f:id:tetsu7906:20200322023437j:image

 

「NIPPON」を飛び立つ。


f:id:tetsu7906:20200322023354j:image
f:id:tetsu7906:20200322023501j:image

 

本当に助かるJGP

無敵の国際線でも機内フリーWi-Fi特典。

 

JAL国際線Wi-Fiキャンペーン - JALマイレージバンク

 

プライスレスで接続。


f:id:tetsu7906:20200322023414p:image

 

年の瀬の関東近辺上空、

無数のフライトがあるそのことに感謝して

その行先JL99便「台北・松山」

3時間少々のビジネスクラスの旅。

  

f:id:tetsu7906:20200322023341p:image

 

始まる。


f:id:tetsu7906:20200322023410j:image

 

2クラスにしてビジネスの席数が

あるためか結構忙しそうなCA

お食事は1発で収めてきます。

時間的にも確かに沖縄+αといった飛行時間

そうなるのも必然か。


f:id:tetsu7906:20200322023420j:image

 

国内線ファースクラス

というものに搭乗したことはないが

 

お食事(ファーストクラス) - JAL国内線

 

ボリュームも質も申し分ない洋食メニュー。

味は確かなものです。


f:id:tetsu7906:20200322023417j:image

 

食後のハーゲンはどうだろ

エコと同じなんじゃないか説。

違いはグラスに入った飲み物と

おしぼりだったりしての推測。


f:id:tetsu7906:20200322023428j:image

 

全体のプライバシー感は間違いないのだが

噂に聞く詰込み棺桶タイプ

いわれてしまえば否定は出来ない。


f:id:tetsu7906:20200322023333j:image

 

やはり東京までターンしたとしても近い台湾。

ほっとコーヒーをたしなみ、


f:id:tetsu7906:20200322023452j:image

 

2019年

素敵な思い出を頂いた日本航空様に

「ありがとう」の気持ちを込めて


f:id:tetsu7906:20200322023457j:image

 

時差はたったの1時間

台北のど真ん中、隣国の年の瀬へ小移動。


f:id:tetsu7906:20200322023351j:image

 

たまたまそこに海があるだけで

陸路であったなら与那国から見える国。


f:id:tetsu7906:20200322023348j:image

 

そこでは

日本では見られない年越しがあるわけで。


f:id:tetsu7906:20200322023405j:image

 

そのためにだけに、アビオス22000マイル

仕入れ値およそ25000円少々)+諸税5000円ほどお支払い。

 

そして開かれる

異国の扉を最前列で待ち受ける。


f:id:tetsu7906:20200322023449j:image

 

さぁ行こう!1時間延長した大晦日

 

台北のど真ん中へ。

 

続く。