LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

年の瀬の羽田空港、管弦楽団と私。(大晦日・元日休みの弾丸年越し①)

 

人間には

カレンダー通り働く人間そうでない人間

2種類のパターンがある。今回はその

後者の労働者が弾丸で年越しを行った旅行

について書き綴る。

 

非首都圏在住に付き、動き出しはこの箱の中。

日本の大動脈ドル箱路線東海道新幹線

 

f:id:tetsu7906:20200320144412j:image

 

決して安売りされることはない代物

「商制」そうギフトカードの助けを借りて

正確にはふるさと納税全盛にいただいた

皆様の血税によりいただいたもの。

それを交通費の足しにする。


f:id:tetsu7906:20200320144614j:image

 

品川で降りる。みどりの窓口

という表現は平成なのか。

ここらあたりから正月がもうすぐ

そこにいる事を実感する。


f:id:tetsu7906:20200320144556j:image

 

品川駅を大横断して京急線乗り場へ。

時刻はすでに昼過ぎ。

少なくともあと1日半は休暇が残されている。


f:id:tetsu7906:20200320144517j:image

 

めっきり

運賃値下げで1択の京急羽田アクセス。


f:id:tetsu7906:20200320144618j:image

 

赤い電車で港へGO!


f:id:tetsu7906:20200320144432j:image

 

もはやこの看板も過去のもの。

現在の羽田空港第3ターミナル駅


f:id:tetsu7906:20200320144531j:image

 

恒例の羽田には異常にはやく。

まだまだご案内にあらず。


f:id:tetsu7906:20200320144441j:image

 

こんな素敵なイベントを大晦日

やっておられるさすが日本の本当の玄関口。

「太田フィルハーモニー

管弦楽団さんの

生演奏を出国前に聞けるなんて。


f:id:tetsu7906:20200320144608j:image

 

年の瀬の羽田

大方真のセレブはもうこの時期すでに

出国しきっている事だろう。

なのでこの大型連休の中日に隙が生まれる。


f:id:tetsu7906:20200320144438j:image

 

今回はまだまだしっかり余ってます。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

ワンワールド・ブリティッシュ

エアウェイズのアビオス(マイル)

22000マイル+諸税

はたきだしてビジネスクラスの旅。

たまたま空きが出たので頂きました。

この時期だけに出せる価値あるマイル数。


f:id:tetsu7906:20200320144539j:image

 

BA発券をJALに紐づけ。もちろん

ワンワールド・エメラルドとして搭乗。

それはビジネスクラス

チェックインをも凌ぐ破壊力。

 

 

Fチェックインにのみ飾られた門松。


f:id:tetsu7906:20200320144435j:image

 

当然の如く対岸にも同様の処置。


f:id:tetsu7906:20200320144347j:image

 

上がってみてそこには

空港威信をかけてさらにこの処置。


f:id:tetsu7906:20200320144523j:image

 

そしてこちらが

「大晦日のコンサート会場 in HANEDA」


f:id:tetsu7906:20200320144357j:image

 

ラウンジ絶賛改装中代替えラウンジのご案内


f:id:tetsu7906:20200320144352j:image

 

晦日も賑わう展望台。

天候はパーフェクトと言って良し。

2019最終日。


f:id:tetsu7906:20200320144543j:image

 

ギャラの高そうな視界の音頭からはじまる。


f:id:tetsu7906:20200320144546j:image

 

演奏から歌唱まで地元力かつプロフェッショナルな感じを受ける素晴らしいコンサート。


f:id:tetsu7906:20200320144445j:image

 

ラウンジ時間を削って聞き入る

素敵な大晦日をありがとうございます。

さすがです「TOKYO」


f:id:tetsu7906:20200320144604j:image

ということで2019、

残すところ半日を切った日本に別れを告げ

いざ出国、年越し海外への扉、ここに開く。

 

続く。