LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

2018旅納め。13000円国際線ファーストクラスの旅ラウンジホッピング~振り返り、そして搭乗へ~

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

空港特有の地形。

Y字の右手から

一旦センターへ。

 

台北行き、その搭乗口はその左手に確定。

  

 

ピア・ファーストラウンジの想像以上の出来の良さにより

時間の都合上ピア・ビジネスラウンジは割愛。

 

www.youtube.com

 

にしてもキャセイの作る動画はどれも素晴らしい。という余談。

 

さて道中にあるもうひとつのラウンジを寄り道

「ザ・ブリッジ」

 

f:id:tetsu7906:20190215174811j:image

 

いつも何気なく通過する気になるラウンジも

ここではもはや時間調整となる。

そんな後味。


f:id:tetsu7906:20190215174815j:image


f:id:tetsu7906:20190215175501j:image

 

やはり混みあってくる時間・立地なのか、そのクラスなのか。

シャワーを浴びて少し酔いを覚ましラウンジホッピング最後の時を

待つ。

 

さてではこの13000円国際線搭乗券で

お楽しみいただけるラウンジホッピングメニューを。

キャセイHPより抜粋して

最後にまとめると以下の内容になる。

 

 


f:id:tetsu7906:20190215175525j:image
f:id:tetsu7906:20190215175537j:image
f:id:tetsu7906:20190215175445j:image
f:id:tetsu7906:20190215175436j:image
f:id:tetsu7906:20190215175533j:image
f:id:tetsu7906:20190215175440j:image

 

一部内容が重複しているものの。

これだけのメニューがここにはある。

もはやただの待合室として使うにはあまりにもったいない。

 

香港のホットスポットと言ってもいい。

 

以上がこの搭乗の前座なのである。

すでに13000円以上の価値を発揮していることは言うまでもない。

 

そしてここブリッジから5分ほど。

 

待ちに待っての搭乗へ。

 

 

CX402便。台北行き。


f:id:tetsu7906:20190215175507j:image
f:id:tetsu7906:20190215175449j:image

 

搭乗は定刻で始まる。

 

キャセイ本気の大型長距離路線機材運用。

777-300ER


f:id:tetsu7906:20190215175511j:image

 

やや残念ながら共用入り口。

入り口では日本人CAの方が「お待ちしておりました。〇〇様。」

で待機されておりました。


f:id:tetsu7906:20190215175516j:image

 

そして着座。

 tetsu7906.hatenablog.com

 

およそ2年ぶりの3枚窓、最前列シート1K。

 

f:id:tetsu7906:20190215175541j:plain

 

JALよりは2席少ない全6隻のファーストクラス。

そしてプライベート感半端ない。


f:id:tetsu7906:20190215175521j:image

 

そこから見える後方のビジネス。

手を抜いているつくりに見えてしまう麻痺した感覚。


f:id:tetsu7906:20190215175529j:image

 

ウェルカムで

シャンパンをすすめられるものの、

ガバナ以来の無難にキャセイディライトで微調整。



f:id:tetsu7906:20190215175456j:image

 

そして飛び立つ。隣国?隣都市?

台北へおよそ90分の極上フライトへ。

 

機内サービス編へ。

 

続く。