LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

ふるさと応援割、激安ツアーで行く島根③(荘原湯の川温泉編)

 

 

空港を出てJR最寄り駅を目指す。

 

なぜなら出雲市駅に行くならそっちのほうが安いから。

 

f:id:tetsu7906:20180825092332j:image

 

出雲市駅までバスで直行720円。30分。

そこをひねって

バスで1バス停5分。、一応JR最寄りバス停斐川東中入口まで230円
そこから徒歩15分。プライスレス。

山陰線荘原駅から出雲市駅まで10分。240円。

ちょっとお得。


f:id:tetsu7906:20180825092634j:image

 

御覧のようにJRとの無関係さを強調。


f:id:tetsu7906:20180825092535p:image

ちなみに徒歩でいってみようとも検討したが。

なかなかタフな徒歩45分3.6kmに及ぶ。気休めのほぼ平坦路。


f:id:tetsu7906:20180825092629p:image

 

ということで上記のバス&徒歩ルートを選択。


f:id:tetsu7906:20180825092625j:image

 

予定通り駅に到着。もちろんの無人駅。

そして無接続。松江方面であればほどよくあり。

 

時間があまったので・・・。


f:id:tetsu7906:20180825092613p:image

近場に発見。湯の川温泉

 

島根県出雲 日本三美人の湯 湯の川温泉 出雲大社・石見銀山へお立ち寄りの際には湯の川温泉へ

 

それも徒歩、なんと10分1kmにも満たない。

 

行き当たりにしてはなかなかのスポット。


f:id:tetsu7906:20180825092340j:image

 

駅の近くに道の駅まで。その奥を着陸機が轟音をたててやってくる。


f:id:tetsu7906:20180825092621j:image

 

なだらかな坂をのぼっていくと。ちょっと小ぎれいなお宿があらわれる。

 

www.yuyado-souan.jp

 

ちょっと小ぎれい過ぎたてので通過。

  

 

さらに坂をあがっていくこと5分。


f:id:tetsu7906:20180825092551j:image

 

いかにも、な看板を掲げた歴史のありそうなお宿を発見。

 

【公式】湯元 湯の川

  

 

ビッグ3を自慢げに掲げるその看板。


f:id:tetsu7906:20180825092641j:image

 

玄関にはこんな温泉への情熱を感じるものも。


f:id:tetsu7906:20180825092558j:image

 

入浴料は日帰りワンコイン500円!と良心的。

源泉そのままかけ流し。

そのまま」というところがアピール強調ポイントか。


f:id:tetsu7906:20180825092544j:image

 

入浴時には誰もおられなかったので1枚とらせていただく。

無色無臭のシンプル温泉。そのままつき温度もやや低め。


f:id:tetsu7906:20180825092547j:image

 

風呂あがれば連名でこんな称号をえられますのでぜひ一度。

美人の証明をうけたいかたはぜひ一度。

  

 

坂をくだって踏切をこえていくと

 

tokusan-hikawa.com

 

さきほど通過した道の駅「湯の川」にたどり着く。


f:id:tetsu7906:20180825092324j:image

 

ここはフリー足湯がある。

 


f:id:tetsu7906:20180825092328j:image

 

ということは、ここの足湯につかれば美脚の称号を得られるかもしれない。


f:id:tetsu7906:20180825092617j:image

 

どうみても直送。すぐそこの湖からとれたてしじみを販売。

 

電車?汽車の時間もせまってきたので道の駅から荘原駅へ戻る。


f:id:tetsu7906:20180825092313j:image

 

8月の暑さのなか田んぼと湖のうえを吹き抜ける風が

駅舎の中にも入り込み天然の冷房が涼しい。

 

そしてさらに西へ。出雲市駅へと向かう。

 

 

 

続く。

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com