LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

太平洋を越えよう!(前編)

 

スクートエアアジアが太平洋に風穴を開けてくれておかげで時代は変わった。

 

スカイスキャナーを使って調査していく。

 

  

まずは最安値

 

関西からホノルルまでLCCで10000円。

 

f:id:tetsu7906:20180708182353j:image

 

これはもはや標準的というか西海岸に出来た風穴。

 

見慣れてきている風景・価格帯。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

この先もう一つ東へ。

 

  

ホノルルからアメリカ本土西海岸までフルキャリアで20000円。

 

f:id:tetsu7906:20180708182603j:image

 

これはちょっと高いがフルキャリア・ユナイテッド。

 

そして国内ロサンゼルス乗り継ぎあり。

 

着地はアメリカ西海岸北部シアトル。

 

現代ではこの価格が限界。

 

この辺りの路線。

LCCの参入もはじまっているので価格競争で値下がる可能性はまだ秘めている。

  

結果往路は。

組み合わせ次第で結果30000円程度で太平洋を横断できる。

 

 

では、復路折り返しはどうする。

 

行ったきりというわけにはいかない。

  

 

そこで見つけた海外発券片道航空券の奇跡。

 

その地が

 

バンクーバー発券。

 

日本からもツアーを含め比較的安い航空券が出回りやすいバンクーバー

 

他の西海岸の都市からも十分安いがここではバンクーバーを紹介。

 

(今回参考のシアトルーバンクーバー間の移動はバスや鉄道で5000円以下)

 

 

では。

スカイスキャナー

検索国/地域を「アメリカ」バンクーバー発」「すべての場所」「片道」で検索。

 

f:id:tetsu7906:20180708183535j:image

 

自国を含めた近隣2カ国が当然低価格順に表示。

 

f:id:tetsu7906:20180708183725j:image

 

さらにその下に進むと中南米の国々を過ぎたあたりで

香港、台湾、続いて日本が表示されてくる。

 

その価格はおよそ30000円。

 

その都市は以下。

 

f:id:tetsu7906:20180708184533j:image

 

東京。大阪あたりが安値候補地。

 

最安値東京で検索を続ける。

 

f:id:tetsu7906:20180708184740j:image

 

困った時はみんなお馴染み。

中国系エアライン。スカイチーム中国東方航空が出てくる。

 

この辺りは想定内。

日本発の往復でもこの2倍60000円も払えば検索されてきそうなもの。

 

ちなみに取扱い旅行会社は「Gotogate」

こちらは以前、関空バンコク往復タイ国際爆安価格をたたき出した

スウェーデンの旅行会社。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

せっかくなので、ついでにその詳細を。

 

f:id:tetsu7906:20180708185154j:image

 

バンクーバーを、深夜に出発。上海浦東3時間トランジット。

 

成田に翌日12時過ぎに到着。

 

 といった具合。

 

ホノルルとアメリカ西海岸の都市を訪れて60000円少々でめぐれる航空券。

 

実に魅力的。

 

後半はこれにさらに変化を加えてご紹介。

 

さらに旨味を加える。

 

 

続く。