LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

そうだ。(スクートで)ホノルル行こう。④

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

いつのものイノウエ空港果てのターミナルから歩いて歩いてイミグレへ。

 

入国はスムーズ30分程度。

 

今回は1泊3日。いつものより長めの入国質問タイムだった気がする。

日本とホノルルが往復20000円でお釣りが来る時代。

違和感はなかろう。

 

 

迷うことなく「The Bus」市バス乗り場へ。

 

f:id:tetsu7906:20180506091740j:image

 

7時間少々機内をともにしたスクートの乗務員は効率よく先に空港を去っていく。

2.5セント値上げ1回乗車2.75ドルで市内へ行けるアクセス良好環境。

 

http://www.thebus.org/default.asp?f=y&m=main

 

文句を言わず感謝しつつ大人しく15分ほど待つ。

 

f:id:tetsu7906:20180506091755j:plain

 

19・20番バスと行先の確認をして、しっかり荷物制限ルールを守って乗車。

あくまでこれは市民の足。マナーをしっかり守りたい。

 

http://www.thebus.org/howtoride/BaggageRules.pdf

 

f:id:tetsu7906:20180506091834j:image

 

9時前後のややラッシュタイム。以前のエアアジアの休日の昼間に比べて混雑。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20180506091849j:image

 

「Tギャラリア」付近のバス停で降車。50分ほどの乗車だっただろうか。

パンダが目印9時半より営業中。

このたびも楽天ラウンジ」へ。

 

f:id:tetsu7906:20180506091908j:image

 

会員種別に関わらず利用できるラウンジ。綺麗でそして広い。

少なくともJCBよりは。

 

www.rakuten-card.co.jp

 

基本的なサービスは整っている。今回の主な目的は、着替えとその後の荷物預け。

 

f:id:tetsu7906:20180506091932j:image

 

ラウンジ内にさらに怪しく、そして神々しい巨大パンダがお出迎え。

10時前後利用客は数人程度。

 

 

f:id:tetsu7906:20180506092001j:image

 

ラウンジ内はこんな雰囲気4分の1程度のスペースを1枚。

小一時間に満たない程度時間調整をして街中ぶらりへ。

 

f:id:tetsu7906:20180506092029j:image

 

朝ごはんらしいものを食べずして早めの昼ごはん。

前回は回避した本場・元祖という美化した言い方のマクドナルドで軽食。

  

 

1ドルチーズバーガーと1ドル巨大ドリンクにポテトを加えて5ドル以下で済ませる。

これがあの有名なワイキキのビーチの前のランチである。

 

f:id:tetsu7906:20180506092103j:image

 

ややすっきりしにくい雲混じりの天候。

美しい海を眺めながらだらだらと本を読んだりごろごろ寝転がり時を過ごす。

何もしない贅沢。往復18000円で行ける離島離島休暇。

 

f:id:tetsu7906:20180506092155j:image

 

砂浜の熱とダイレクトの潮風を回避したければこんな木陰と芝の上で過ごすもよし。 

 

f:id:tetsu7906:20180506092220j:image

 

ホノルル内完結の移動は前回同様「ピンクトロリー」で概ね解決する。

 

ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料!

 

これもまたフリー。一応JCBブランドのカードなくとも2ドルで乗可能。

 

f:id:tetsu7906:20180506092241j:image

 

夕暮れ前のコーヒータイムにビーチ前の「ABCストア」で99セントコーヒーを購入。

これが実は結構すき。今回はバニラマカデミアを選択。怪しい風味豊か。

 

www.abcstores.com

 

f:id:tetsu7906:20180506092258j:image

 

今回はサンセットは拝めず。静かに夕暮れを迎える。

 

f:id:tetsu7906:20180506092334j:image

 

20時まで営業楽天ラウンジに荷物を受け取りに。

 

再びあの本日のお宿へ。

 

続く。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村