LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑪(マレーシア短距離ビジネスクラス編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

ここミャンマーヤンゴンからアメリカ・ニューヨーク へ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

その往路第一歩となる経由地は

 

f:id:tetsu7906:20190515083930j:image

 

マレーシア・クアラルンプールである。MH741便。

 

 

なんとも不思議なEチケットをもった日本人がこの異国でしかもこのマレーシア航空とは関係のない航空会社発券のチケットをもってチェックインするわけである。


f:id:tetsu7906:20190515083856j:image

 

ラウンジの招待券をいただきここスカイラウンジへ。

シンガポールチャンギと同様床はカーペット仕様の本当に新しく綺麗な空港である。

日本をはじめアジア各国の航空会社仕様の看板が並んでいる不思議な入り口。

 

www.prioritypass.com

 

ちなみにこちらのラウンジ、プライオリティパスでも利用可能ラウンジであるが

今回は招待券をしようしビジネスの乗客として利用。


f:id:tetsu7906:20190515083910j:image

 

中はアジアのカードラウンジではなかなか見られない

広々余裕のある空間になっている。


f:id:tetsu7906:20190515083900j:image

 

滑走路側に面したエリアも光がしっかり入り込み明るく開放的な雰囲気がでている。


f:id:tetsu7906:20190515083844j:image

 

700円ドミトリー朝飯抜きをここで補う。再びモヒンガー投入。

機内食を意識した控えめメニューで。


f:id:tetsu7906:20190515083912j:image

 

前日到着のタイ国際航空折り返しバンコクへ向かうA330

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20190515083841j:image

 

まだ時間に余裕があったのでしっかりシャワータイム。

尋常じゃなく広いシャワールームとトイレを貸し切ることになる。


f:id:tetsu7906:20190515083924j:image

 

ちなみにこのラウンジ、近年では珍しい搭乗案内をボードを掲げた女性が頻繁に行っているのが印象的であった。その代わりいちいち問われる面倒さも無きにしも非ず。

 

今回搭乗のB737、優先搭乗なるものも特に気にすることもなくラウンジを去る。


f:id:tetsu7906:20190515083933j:image

 

ん?ジム・トンプソンヤンゴン空港店?

 tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20190515083825j:image

 

案外遠い搭乗口。そしてチェックイン同様ノンストップ搭乗へ。


f:id:tetsu7906:20190515083919j:image

 

ROAD TO NEW YORK !

と言ってみたくなっただけ。


f:id:tetsu7906:20190515083812j:image

 

737最前列信仰右側窓側選択。ウェルカグァヴァドリンクを選択。

超ロング航路、この旅の始まり。


f:id:tetsu7906:20190515083819j:image

 

中型機らしからぬ大型メニュー。鮮やかな表紙が食欲を掻き立てる。


f:id:tetsu7906:20190515083828j:image

 

裏面にドリンクと食事のメニューが1枚にまとまる。

近距離路線にアルコールの提供はない。


f:id:tetsu7906:20190515083921j:image

 

こちらは先日、見事な?胴体着陸をしてくれた噂のミャンマー航空(機材は異なる)

ノーヘル(ヘルメットなし)スタッフがお見送り体制へ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

また後程ヤンゴンへ。


f:id:tetsu7906:20190515083831j:image

 

エコノミーとの比較がないので何とも言えぬも。

十分おいしい。陶器の皿への盛り付けは極めて重要な要素である。


f:id:tetsu7906:20190515083838j:image

 

お茶の種類が豊富でその中に日本の緑茶があったので選択。


f:id:tetsu7906:20190515083850j:image

 

機内エンターテーメントの中に縁のない乃木坂46のJ‐POPがあったので選択。


f:id:tetsu7906:20190515083927j:image

 

そんな具合に優雅な昼便でマレー半島を斜め横断していく。


f:id:tetsu7906:20190515083835j:image

 

ちぎれ雲が続く美しい景色と定番らしきナッツ。


f:id:tetsu7906:20190515083822j:image

 

数年前カタール航空で見て以来、上空で確認出来るメッカ。


f:id:tetsu7906:20190515083903j:image

 

タイとマレーシアの国境付近。色調を含めてこの辺りの海と大地はとても美しく


f:id:tetsu7906:20190515083916j:image

 

この絶景に合わせて食後にいただくコーヒーとホットチョコレート

 

それは短いながらも

 

至福の時である。

 

続く。


ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑩(いざスタート地点へ編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

シュエダゴン・パゴダ

この先ほぼ地球の裏側といっていい場所へ

向かうにあたっての安全祈願をすませ、

ホテルへ帰着。

 

f:id:tetsu7906:20190512180609j:image

 

近くのコンビニで購入、

ミャンマービールプレミアムで晩酌をし

翌日にそなえ早めの就寝。


f:id:tetsu7906:20190512180534j:image

 

一応朝食付きながらその開始時間は実に遅く、

コーヒーを一杯だけいただいて旅立つ。


f:id:tetsu7906:20190512180548j:image

 

ホテルの外で野良犬の見送りサービスが

ついております。


f:id:tetsu7906:20190512180522j:image

 

7時過ぎのインド人街。

気温もとても過ごしやすい早朝のヤンゴン

20度ほど。


f:id:tetsu7906:20190512180531j:image

 

こっやってみると結構他民族の融合した

立派な都市にも思えるが

おそらくニュース等見る限りそのほんの一部を見ているにすぎないのかもしれない。


f:id:tetsu7906:20190512180539j:image

 

歩く事5分少々。空港行きバス乗り場。

昨日も何度か通過したスーレ前乗り場。

この画を見れば場所も自ずとどの辺りか

おわかりいただける。

 

 

お値段は500チャット、以前紹介の35円ほど。

一本バスを見送って待つこと30分だろうか。

看板にある本数に疑惑を感じながらも値段相応とありがたく乗車。


f:id:tetsu7906:20190512180542j:image

 

御覧のような最後部席からの車内の様子。

大変綺麗で新しいバス、冷房も寒いぐらい効いている。


f:id:tetsu7906:20190512180559j:image

 

さすがに朝通勤ラッシュ、空港郊外方面に向かうバスと言えどほぼ満員御礼になる。

ただし空港に着くころは空席が目立つほどにもどる。


f:id:tetsu7906:20190512180551j:image

 

外観はこんなバスでした。空港アクセスへのやる気を感じるヤンゴン事情である。


f:id:tetsu7906:20190512180526j:image

 

前日到着とほぼ同時刻に到着。おそらく同じ出発案内を見ていると思われる。


f:id:tetsu7906:20190512180556j:image

 

こちらがそのチェックインカウンター。

NOストレスチェックイン。

 

 

ということでここからすべてが始まる

 

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道」

 

そのEチケットがこれである。

 

f:id:tetsu7906:20190512181206j:image

 

日本航空

バンコク支店ヤンゴン発券

完全ビジネスクラス

ニューヨーク行きである。

 

その経由地は

クアラルンプール、東京、シアトルになる。

 

このルートについては

1話にて紹介済みであるので説明は割愛。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

この行程を三つに分断して消化する。

察しの通りまず第一部して

最弱ビジネス予約クラスでクアラルンプールを経由して東京へ向かうのである。

 

この行程をすべて消化して

晴れてJGCとなる。

 

マレーシア航空(日本航空共同運航便)日本航空アメリカン航空

ワンワールドコラボの

ヤンゴン発ニューヨークへの旅。

 

ここにはじまる。

 

続く。

 

 

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑨(光輝く黄金の仏塔編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

小休止を終えダウンタウンへ繰り出す。

ちょっと小腹というか

この国について何もまだ食べていない。

 

 

という事で近場で無難な選択肢を。

スーレを挟んでちょうど反対側。

 

f:id:tetsu7906:20190509223324j:image

 

それがこちら。

「ラグーンティーハウス」

 

www.tripadvisor.jp

 

まったくローカル感のない名前の

おしゃれカフェである。

お値段も客層もまったくもって

ヤンゴンではない。

ただ、いろんな意味で安全で無難な

ヤンゴンを味わっている。

もちろん味は申し分ない(外国人)仕様に

なっているわけである。


f:id:tetsu7906:20190509223351j:image

 

ニンニクチップを放り込み

それでも小ぎれいモヒンガーは保たれる。

癖は無くこれを食べられない

日本人はいない米麺。

魚からつくったスープは

特濃だが癖もなく味わい深い。


f:id:tetsu7906:20190509223436j:image

 

そして時価相場とはかけ離れたミルクティーNO プラスチック, IN MY LIFE!

それなりにあまい

あるある東南アジアミルクティーだろうか。


f:id:tetsu7906:20190509223441j:image

 

食後はスーレパゴダに向かって戻る。

気温は絶好調ながらすこしずつで日が傾く。


f:id:tetsu7906:20190509223401j:image

 

やはりスーレパゴダ前、かなりの人だかり。

この後なにか車が急発進して前の車に追突する。

というパフォーマンスが行われていたがその真意がなんであったのか未だわからず。

 

 

 

空港バスの通り沿いにスーレとは

比較にならない巨大なパゴダがあるので

バスでいってみたいところ

結局よくわからず歩いてしまう。

 

スーレから北東へ結局45分近く

歩いただろうか。


f:id:tetsu7906:20190509223455j:image

 

いきついた先で出会ったものがこれである。

「シュエダゴン・パゴダ」

 

www.tripadvisor.jp

 

ヤンゴンと言えば文句なし。

この写真がでてくる。

いわゆる仏教の聖地にあたる。

ちょっと補強改装中の模様。


f:id:tetsu7906:20190509223451j:image

 

ちなみにこの寺院。バンコクなどでも建物内に入る時は土足厳禁となるが

こちらは一つの山自体が寺院となっている模様で複数ある麓の入り口からすでに土禁となる。床はすべて石造り。ヒヤッとしたらいアツっとなったりするわけである。

ちなみに箒で頻繁に掃除をしているところを目撃している。


f:id:tetsu7906:20190509223341j:image

 

なんとなく夕刻は観光客が目立っていたものの時間と共に地元または公式の仏教徒の方々が集まって涼みながら食事をしていたりしていたと思われる。

薄暗いくなってくるとじわじわとその存在感がましてくる不思議な黄金の仏塔。

 

 

その変化を時間を気にすることなく味わう。

まぎれもなく

ヤンゴン時間がそこには流れれる。


f:id:tetsu7906:20190509223422j:image

 

そして完全日没。

空が明るいのは照明に反射した黄金の光が

いかに力強いかを物がっている。

心奪われるその瞬間がここにはある。

 

これまで見てきた寺院で

もっとも美しかった。


f:id:tetsu7906:20190509223321j:image

 

ヤンゴン発券に出会わなければ、

見ることが果たしてあっただろうか。

そんな絶景を堪能して宿へと引き返す。


続く。

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑧(中央駅からダウンタウンへ編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

さてここはどこでしょう。

といっていいぐらい近代的な街並みに

フルーツ売りの少年が

鉄道の跨線橋を渡る風景。

 

f:id:tetsu7906:20190507165836j:image

 

中央駅からダウンタウンに向かって

まっすぐすすむ。

おそらヤンゴンの目抜き通り的な場所を

歩いている。

 

駅から南に向かって最短でヤンゴン川に

向かって歩いていることになる。

 

歩く事15分ほど。


f:id:tetsu7906:20190507165933j:image

 

何かわからぬ人だかりに警備員らしき人が多数。群衆が何かに注目していることだけは確か。消防署付近で何かをしていたようだが最後までよくわからず。

 

あまり厄介なことに

知らぬ外国人がかかわるのはやめて。

予約済み宿探しを続ける。


f:id:tetsu7906:20190507165850j:image

 

目抜き通りをまっすぐすすむと、

ザ・ミャンマーと言わんばかりの仏塔が

見えてくる。

この辺りの地名でもあるスーレ、

そして寺院=パゴダ「スーレパゴダ」

が見えてくる。

街のど真ん中に金の仏塔が

そびえているのである。

 

ここにもちょっとした客引き的な人が

いるのだが、この国の不思議。

がっつく感はない。普通に断ればあまりプッシュしてこないのがこの国の特徴というかお国柄なのかもしれない。

 

 

このパゴダの西側のエリアにいわゆるバックパッカー向けの安宿エリアが広がる。


f:id:tetsu7906:20190507165804j:image

 

もはや世界共通になりつつあるがたいていこの手の宿はインド人街にあることが多いという鉄則ができつつあるのではないだろうか。

 

中央駅から歩いて20分少々。

スーレの空港バス乗り場から

歩いて10分ほど。


f:id:tetsu7906:20190507165847j:image

 

こちらが本日のお宿

バックパッカーベッド&ブレークファースト」

 

 

ドミトリーながら、そのお値段は宿名通り

朝食付きで700円である。

バンコク行きつけの半値である。

 

さすがに激戦区である。

 

 

14時チェックインながら少し早くついてしまうも何も言わずにチェックインさせてくれました。そしてウェルカムドリンクまでいただける。

 

2人部屋の2段ベッド上段にチェックインさせていただきほぼ個室に近い感覚で利用。


f:id:tetsu7906:20190507165857j:image

 

さすがに部屋はお世辞にも広いとは言えぬも標準的な設備は新しくしっかりしている。


f:id:tetsu7906:20190507165911j:image

 

ベットにカーテン、タオルと絶対に無くさない大きなキーホルダー付きルームキー。


f:id:tetsu7906:20190507165839j:image

 

エレベーターで最上階にあがれば共有スペース。飲み物が自由にいただける。

これは東南アジアであるとありがたいサービスの一つ。


f:id:tetsu7906:20190507165901j:image

 

ヤンゴン川との位置関係はこんな感じ。

 

f:id:tetsu7906:20190507165904j:image

 

その反対側に臨む風景。遥かかなたに後に紹介パゴダの頭がかすかに見えている。

ここ共有スペースにはベランダもあり外の景色や風にあたりに行くことができる。

立地も内容もお値段も十分である。

 

空港野宿の疲れを少々とってから街に出る。

 

 

続く。

 

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑦(ミャンマー鉄道編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

自由すぎるキオスクがそこら中にある駅。

 

ザ・東南アジア的風景。

 

f:id:tetsu7906:20190507125539j:image

 

もはやバラストなんてそこにはない。

あるのはただマクラギのみ。


f:id:tetsu7906:20190507125350j:image

 

やってきました

噂の日本から送らられてきた車両。

こんなところで久留里線

出会ってしまうわけで。

これから連結でもするのかと

言わんばかり前方の口をぱっくり

開けてやってくるわけで。

 

その後部標識は

日本の法を離れて前部標識なのである。


f:id:tetsu7906:20190507125507j:image

 

もちろん側面の乗車ドア、

いつでもどこでも自己責任乗車ってやつで。

「ホームドアがあるから安全なんです」

なんて言ってる国から追い出された

進化系と言ってもいいと思う。

良心的でしっかりドアの開閉がない分手すりが備わっている。


f:id:tetsu7906:20190507125521j:image

 

走行中も風通しは最高で、英語と第三国の言葉でしっかり禁煙表記がなされている。

すれ違う列車もまた

すべてオープンカーである。


f:id:tetsu7906:20190507125515j:image

 

異国の会社のロゴのついた扇風機、

高性能まだまだ現役ばりばりなのである。

これ以上にない天然の風が

縦横無尽に吹き抜ける通気性

世界最強と言っていい。


f:id:tetsu7906:20190507125345j:image

 

運転席の後ろには薄くて

見えそうで見えない路線図と禁止事項。

一番右が最も特徴的。

  

  

その後車内で、もと軍人でどうのこうのと

話しかけてくるおじさんにからまれ。

面倒なことになりたくなかったので英語もなにもまったく分からない頭のおかしな人のふりをしてしれっと車内を移動する。

まぁ日本を含め世界にはいろんな人がいることには変わりはない。それ以外は至ってこの国の人は穏やかなでそれぞれが自分の時間の中で自由に生きいると感じる。


f:id:tetsu7906:20190507125601j:image

 

40分少々の乗車でヤンゴン中央駅へ。

御覧のようにどちらのJRにいるのかわからないそんな不思議な駅。


f:id:tetsu7906:20190507125358j:image

 

久留里線かと思えば、

太多線岐阜行きであったり。


f:id:tetsu7906:20190507125810j:image

 

意外と綺麗に整備されて余生送っていたりと。

なんとも入国してすぐ過去の日本と出会うなんとも不思議な体験をするわけである。


f:id:tetsu7906:20190507125721j:image

 

車両だけに関わらず信号や線路などの

設備も日本の空気が漂っており。


f:id:tetsu7906:20190507125552j:image

 

地上から少し浮かせた分岐器転換装置。


f:id:tetsu7906:20190507125730j:image

 

どうやら東武鉄道さんも

ミャンマー鉄道さんにつながりがあるようで。


f:id:tetsu7906:20190507125500j:image

 

立派な駅名看板もそなわっているわけである。


f:id:tetsu7906:20190507125547j:image

 

切符売り場に路線図。この辺りは中央駅らしくしっかりと整備されている。


f:id:tetsu7906:20190507125341j:image

 

跨線橋をわたり改札の外に出てみる。

マカオのプチギャラクシーネオンで

ぎらぎらにならなそうなタイプ型

の駅舎と表現してみる。

 

歴史のありそうなこじんまりとしながらも

立派な中央駅である。


f:id:tetsu7906:20190507125543j:image

 

そして駅を迂回し中心部へ向けて

再び歩き出す。


f:id:tetsu7906:20190507125531p:image

 

現地時間正午、

目指すところ毎日気温36度らしい。

 

続く。

 

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑥(ヤンゴン市内徒歩移動編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

期間限定ビザ免除の恩恵を賜り。

 

入国してひとまず関空で用意した50米ドルを

空港でさらに現地通貨チャットへ両替。

  

  

少々もったいない2重両替。

 

f:id:tetsu7906:20190504155619p:image

 

グーグル検索でレートをチェック。

日本円を100分の1の7がけ

という感覚だろうか。

100チャットは7円。

つまりは1500チャットが100円ほど。

といったところで感覚はそれぞれ。

 

空港から市内ホテルを目指す。

一般的葉のは最近出来た

エアポートバスというか路線バス。

これがあまりに

安く使い勝手が良いと思われる。

そのお値段は500チャット、

つまりは35円ほど。

所要時間は渋滞の影響に左右され

1時間少々といったところ。

東南アジア地方空港市内アクセス相場としては一般的ともとらえられる。

 

しかしあえてそのルートは復路に残す。

 

 

あまり時間もないので無駄なく

ヤンゴンの観光スポットの1つ。

それを攻めながらすすむ。

 

f:id:tetsu7906:20190504155704p:plain

昭和から平成かけて走りぬいた

国鉄からJRへの気動車

俗にいう汽車といっても

よいものが市内環状線として

ここヤンゴンで第二の人生を歩んでいる。

 

その環状線駅と空港との

位置関係を見るとこの関係。

 

2km弱20分以内ならば

十分歩ける距離ではないかと判断。

 

歩いてみる。


f:id:tetsu7906:20190504155639j:image

 

御覧のように

とても新しい立派なターミナルである。

 

空港を出てひたすら左へ道沿いに進むだけ。

グーグルマップを頼りに進む。


f:id:tetsu7906:20190504155635j:image

 

後からわかるが

この道はどうみても主要な幹線とは言い難く

車道と歩道の境界などない

かろうじて舗装された道である。

 

ただその道沿いには花や植物を売る店や

ちょっとした商店が点在している。


f:id:tetsu7906:20190504155729j:image

 

空港市内間アクセスバスの休憩所?

兼洗車場的な自由な空間がひろがっており

時にタクシードライバーにクラクションで

乗車を誘われるそんな感じの比較的素のヤンゴン市民に出会えるような道である。


f:id:tetsu7906:20190504155643j:image

 

気温33度越え、

ココナッツを加工している人たち。

上半身裸で過ごす人々。

おそらく暑さ対策で

顔に白いものを塗っている人々。

明らかに空港から迷い込んできた外国人を

ちらっとみるもののそこまで感心があるわけでもない様子。

 

ともあれ歩くこと30分ほどかかったような。

 

f:id:tetsu7906:20190504155722j:image

 

最寄り駅になんとか到着。

駅と言っても、それらしい駅舎はない。

これが切符売り場は雰囲気でつかむしかない。


f:id:tetsu7906:20190504155653j:image

 

初チャット利用は

ミャンマー国鉄に200チャット=14円。

発駅から発駅までと書かれた切符は

1日乗り放題を示している。

駅名看板にもしっかり英語表記用もある。

 

f:id:tetsu7906:20190504155712j:image

 

駅舎を一歩引いた位置から

撮ってみるとこんな感じである。

 

次回その乗車へ。

 

続く。

 

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑤(ヤンゴン発券の地へ編)

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ラウンジ3件はしごして

バンコクヤンゴン行き搭乗へ。

 

その前に夜中に

どうしても振り返りたかった場所がある。

それがここ。

 

f:id:tetsu7906:20190504143707j:image

 

なんの変哲もないコンコースD4搭乗ゲート。

ただここで半年前、事件が起きたのである。

当時のあの悪夢を振り返り、

今後の旅の安全を祈願して。

ここでしばしたたずむ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20190504143637j:image

 

ここで一つだけ。

先日おきたニュージーランド

モスクでの銃乱射事件。

その報復とされるスリランカでの

イースターでの連続テロ。

 

そのきっかけを起こしたのは

紛れもなくオーストラリア出身者である。

この事実だけ伝えておきたい。

偏見からは何も生まれない。

 

 

本題に戻す。


f:id:tetsu7906:20190504143723p:image

 

これぞ2月末のヤンゴンの気候である。

バンコクとの違い、特筆すべきは

最低気温だろうか。意外と朝は涼しい。


f:id:tetsu7906:20190504143645j:image

 

コンコースDからCへ大横断中。

ザ、スワンナという画をいちまいおさめて。


f:id:tetsu7906:20190504143733j:image

 

ゲートC1Aへ。

ここからが本格的な内容に入っていく。

その機材はそれなりのA330

決して小ぶりではない近距離1時間路線。


f:id:tetsu7906:20190504143654j:image

 

ところがまさかの沖止めバス輸送。

朝ラッシュの都合だろうか。


f:id:tetsu7906:20190504143736j:image

 

手前お隣にはこちら

先日お世話になりました

絶滅危惧種スーパージャンボA380

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

地上から見るとまたその迫力は半端ない。


f:id:tetsu7906:20190504143739j:image

 

搭乗率は5割にも満たないながらも

搭乗階段はそれなりに混みあう。

ビジネス利用のスーツの日本人も

いくらか見受けられる。


f:id:tetsu7906:20190504143730j:image

 

こちらもA330非常口座席の小窓。


f:id:tetsu7906:20190504143742j:image

 

というわけでこちらもバルクヘッド指定。

予約クラスX。そういう問題ではないのか。

この辺りはよくわからない。


f:id:tetsu7906:20190504143651j:image

 

定刻でヤンゴンへ。


f:id:tetsu7906:20190504143648j:image

 

御覧のように

もう一つバンコクより西へ飛び立つ。

その時差は日本より2時間半遅れた時を刻む。


f:id:tetsu7906:20190504143715j:image

 

機内食は朝ということ、

というより短距離路線定番の簡易メニュー。

暖かいものをという点を除いて

それなりの内容。


f:id:tetsu7906:20190504143701j:image

 

食後のコーヒーは

ギザギザカップにそそがれたコーヒー。


f:id:tetsu7906:20190504143711j:image

 

時計を調整、

なんともいえぬ0.5時間ずれた時刻。RGN


f:id:tetsu7906:20190504143657j:image

 

参考までにこちらビルマ語の数字。

全く連想もできない造り。


f:id:tetsu7906:20190504143641j:image

 

そして見えてくる無秩序に流れる河川に荒野。


f:id:tetsu7906:20190504143719j:image

 

若干かすんで見えるヤンゴン国際空港へ定着。

空港のスケールは日本の地方空港より

やや大きめかなといった感じ。

 

入国のほとんどが

外国人だったのようにも見える。

ちなみにここミャンマー期限定、

今年の9月30日入国分まで

絶賛ビザ免除中である。

お帰りの搭乗券の提示はお忘れなく。


そして特に問題もなく。入国。

噂に聞いていたドル調達から

ミャンマーチャットへ両替。

 

f:id:tetsu7906:20190504143704j:plain

 

空港内のこんなローカルコンビニを眺め。

 

f:id:tetsu7906:20190504125713j:plain

 

およそ24時間滞在になるであろうヤンゴン。翌日同一便のチェックをして

 

市内へ。

 

続く。